Warning: pg_exec(): Query failed: ERROR: function to_date(timestamp without time zone, unknown) does not exist LINE 1: SELECT to_date(ts_publish,'YYYY-MM-DD') FROM ai_infolist ^ HINT: No function matches the given name and argument types. You might need to add explicit type casts. in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 89

Warning: pg_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 90
ROCK BOTTOM :
Chekipon BLOG  
ログイン

WITHIN THE RUINS /

2013年03月30日20:30:00














今日はアメリカ出身の『WITHIN THE RUINS』の3rdアルバム
『ELITE』を紹介します。
 
Victory Recordsを離れ2年半ぶりとなる移籍第一弾アルバムです。
目まぐるしくチェンジするリズム・セクションの波状攻撃は従来のまま、
いやいや更に加速している印象が強い作品に仕上がっています。
 
ドラムマシンか!?と錯覚してしまうくらいのマシーナリーなドラミングと
テクニカルかつメロディックに切れ込むギターのリフなど
その奇天烈度の割には聴きやすいアルバムです。
インストナンバーの6曲目なんてプログレ・メタルと言ってもいい
世界観を持っています。
 
SUMMERIAN系のバンドを愛聴しているリスナーさんなら
マストのアルバムでしょう。
って私が言うのも烏滸がましいか(^^;
 
WITHIN THE RUINS / ELITE
01. Terminal
02. Solice
03. Feeding Frenzy
04. New Holy War
05. The Charm
06. Ataxia II
07. Elite
08. I, Blashpheme
09. Absolute Hell
10. Weightless
11. Dreamland
EONE MUSIC (EOM-CD-2468)

Feeding FrenzyのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

小林香織 at Billboard LIVE OSAKA

2013年03月29日23:06:00








































昨日は大阪はBillboard LIVE OSAKAであったサックス・プレーヤー
小林香織〞さんのライヴに行ってきました(セカンド・ステージ)。
先月リリースした8枚目のアルバム『URBAN STREAM』に伴う
ツアーの大阪公演です。
 
小林さんの演奏を観るのは2年振り、
Billboard LIVEでのライヴは3年振りでした。
作品ごとにコンセプトを決めて制作されている小林さんなわけで
今作は小林さんの好きなR&Bをベースした作風を中心に
レコーディングされており、
ミディアム・テンポのナンバーが多いアルバムです。
 
セットリスト
01.Time
02.Prayer
03.Dream Market
04.Gotta Go to School (Interlude)
05.Gotta Go to School
06.Cats & Dog
07.Sultry Nights
08.Solitude
09.Back Street
10.Lovin’ You
11.September
encore
12.Tears
13.City Lights
 
ライヴはアルバム『URBAN STREAM』全曲披露されました。
Cats & Dog〞のサックスでワウペダルを使う斬新なプレイは
面白みのあるものでした。
ただ今作はミディアム・テンポの楽曲が中心なので盛り上がりと言う点では
若干欠けるものがありました。
時期的に秋にリリースした方が印象も少しは違ったかも!?































  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OMNIUM GATHERUM /

2013年03月27日22:11:00














今日はフィンランド出身の『OMNIUM GATHERUM』の6thアルバム
『BEYOND』を紹介します。
 
今年2月に来日公演を果たしたもうベテランの域と言っていい
フィンランド出身のメロディック・デス・メタル・バンド
『OMNIUM GATHERUM』の
約2年ぶりのニュー・アルバムです。
今作から元『AMORAL』のベーシスト〝エルッキ・シルヴェンノイネン〞が加入。
 
最近の『OMNIUM GATHERUM』と言えばプログレッシヴなアプローチを
強めていたわけですが、
今作では本来の叙情性たっぷりの
王道のメロディック・デス・メタル・サウンドを聴かせてくれています。
楽曲によっては『SENTENED』を彷彿とさせる耽美な世界観を
打ち出す部分もあり、
北欧のDNAが放つ哀愁と悲哀に満ちたサウンドが
炸裂しています。
 
これは素晴らしいアルバムだと思います。
ここんところ全く日本盤がリリースされていないので
今作くらいリリースしてもいいんじゃないの!?
 
OMNIUM GATHERUM / BEYOND
01. Luoto
02. New Dynamic
03. In The Rim
04. Nightwalkers
05. Formidable
06. The Sonic Sign
07. Who Could Say
08. The Unknowing
09. Living In Me
10. White Palace
LIFEFORCE REOCRDS (LFR 132-2)

The UnknowingのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BLACK SABBATH /

2013年03月26日22:04:00














〝BACK TO THE 1973〞第11回目は『BLACK SABBATH』の
5thアルバム
『SABBATH BLOODY SABBATH』(邦題:血まみれの安息日)
を紹介します。
 
今も尚後世のバンドに多大な影響を与える、
ヘヴィ・メタル界の魔王(!?)『BLACK SABBATH』の5thアルバムです。
最高傑作の呼び声の高い前作で1つのサバスの完成型を作り上げたサバスが
新たな局面を見せた意欲作です。
ゲスト・プレイヤーに『YES』の〝リック・ウェイクマン〞を起用し、
今までにサバスにはなかったキーボード・サウンドをフィーチャーし
多彩なヘヴィ・メタル・サウンドを作り上げています。

ポップとも言えるメロディーも随所に使われており
ダークなだけのサバスではない斬新さが光るアルバムです。
 
BLACK SABBATH / SABBATH BLOODY SABBATH
01.Sabbath Bloody Sabbath
02.A National Acrobat
03.Fluff
04.Sabbra Cadabra
05.Killing Yourself To Live
06.Who Are You?
07.Looking For Today
08.Spiral Architect
SANCTUARY RECORDS (2716846)

Sabbath Bloody SabbathのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE GARY MOORE BAND /

2013年03月25日22:52:00














〝BACK TO THE 1973〞第10回目は『THE GARY MOORE BAND』の
1stアルバム
『GRINDING STONE』を紹介します。
 
『SKID ROW』を脱退し自らのバンド『THE GARY MOORE BAND』
名義として唯一残したアルバムです。
 
正直私は『COLOSSEUM II』以前のゲイリー・ムーアを
聴いたことのない人で、
今回ちょうど1973年リリースだったこともあり
いい機会なので購入してみました。
 
いきなりインストで始まるこのアルバムは全6曲しか収録されていない
にも関わらずトータル・タイムが49分もあるわけで
全体的に長い尺のナンバーが多く、
〝Spirit〞に至っては17分以上もある大作です。
楽曲的にもハード・ロックあり、ブルースあり、プログレあり、
バラードあり、ブギーありと
実にバラエティに富んだ構成です。
バンドはゲイリーがリード・ヴォーカルをとっており、
インストルメンタルな部分が強調されている作品の中に
ゲイリーのワイルドなヴォーカルがフィーチャーされるスタイルです。
とりわけバラードの〝Sail Across The Mountain〞は
〝グレン・ヒューズ〞が歌ったら
絶対にハマるナンバーでしょう。

勿論、ゲイリーのギターが聴き応えがあるわけですが、
キーボードもバンドの大きな鍵を握っています。
 
長い尺のナンバーが多く一種プログレ的なアプローチを強く感じるわけで
直後『COLOSSEUM II』を結成するところなどを考えると
当時のゲイリーはプログレッシヴなスタイルを模索していたと思えます。
 
実に素晴らしいアルバムです。
 
THE GARY MOORE BAND / GRINDING STONE
01.Grinding Stone
02.Time To Heal
03.Sail Across The Mountain
04.The Energy Dance
05.Spirit
06.Boogie My Way Back Home
REPERTOIRE RECORDS (RES 2302)

Grinding Stoneの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA /

2013年03月23日22:45:00














〝BACK TO THE 1973〞第9回目は『ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA』
の3rdアルバム
『ON THE THIRD DAY』を紹介します。
 
日本ではドラマ『電車男』の主題歌のバンドとしてすっかり有名になった
『ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA』の3rdアルバムです。
 
過去の2作よりかなりポップ色(コマーシャル)が強まり
その後のELOサウンドの片鱗が垣間見れる作品に仕上がっています。
とは言え黄金期よりはロック色の強い作品です。
 
グリーグのペールギュントから朝と山の魔王の宮殿にてをカバーしている
ところも
ストリングスの居るバンドとしての真骨頂と言ったところでしょうか!?
 
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / ON THE THIRD DAY
01.Ocean Breakup / King Of The Universe
02.Bluebird Is Dead
03.Oh No Not Susan
04.New World Rising / Ocean Breakup Reprise
05.Showdown
06.Daybreaker
07.Ma-Ma-Ma Belle
08.Dreaming Of 4000
09.In the Hall of the Mountain King
10.Auntie (Ma-Ma-Ma Belle) (Take 1)
11.Auntie (Ma-Ma-Ma Belle) (Take 2)
12.Mambo (Dreaming Of 4000) (Alternate Mix)
13.Everyone's Born To Die
14.Interludes
SONY MUSIC (88697873262-3)

ShowdownのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2013年03月22日23:02:00


 

 

 

 




〝BACK TO THE 1973〞第8
回目は『QUEEN』の1stアルバム
『QUEEN Ⅰ』を紹介します。

言わずと知れた
『QUEEN』のデビュー・アルバムです。
デビュー当時はイギリスのプレスからはミソカスに言われた『QUEEN』ですが
そのルックスの良さもあって日本ではすぐ人気に火が付きました。
そんなところは『BON JOVI』と似ています。
 
荒削りは部分はあるものの、その後の大化けする片鱗は随所に見れる作品で、
デビュー作からこれだけのオリジナリティを持ったバンドはそう居ないでしょう。
 
QUEEN / QUEEN Ⅰ
01.Keep Yourself Alive
02.Doing All Right
03.Great King Rat
04.My Fairy King
05.Liar
06.The Night Comes Down
07.Modern Times Rock 'N' Roll
08.Son & Daughter
09.Jesus
10.Seven Seas Of Rhye
TOSHIBA EMI (TOCP-6551)

Keep Yourself AliveのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GRAND FUNK RAILROAD /

2013年03月21日23:50:00














〝BACK TO THE 1973〞第7回目は『GRAND FUNK RAILROAD』の
7thアルバム
『WE'RE AN AMERICAN BAND』を紹介します。

嵐の中の後楽園球場のライヴを敢行したことが今も伝説となっている
アメリカを代表するハード・ロック・バンド『GRAND FUNK RAILROAD』の
大ヒット・アルバムです。
プロデュースをしているのは奇才トッド・ラングレン。

アメリカのバンドらしい大味のサウンドの中にも、意外(と言っては失礼!?)
メロディックなサウンドも持ち合わせていたハード・ロック・バンドでした。

バンドは解散/再結成を繰り返しながら現在も活動をしているようです。
頑張れ~、オヤジ~!!! 

GRAND FUNK RAILROAD / WE'RE AN AMERIKAN BAND
01. We're An American Band
02. Stop Lookin' Back
03. Creepin'
04. Black Licorice
05. The Railroad
06.  Ain't Got Nobody
07. Walk Like A Man
08. Loneliest Rider
09. Hooray
10. The End
11. Stop Lookin' Back (Acoustic Mix)
12. We're An American Band (2002 Remix)

We're An American Bandのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ランディ・ローズ命日

2013年03月19日22:01:00



























今日はランディ・ローズの命日です。
31年が過ぎてしまいました。
先日12日に元『IRON MAIDEN』のドラマー"クライヴ・バー"が
56歳と言う若さで亡くなったわけで、毎年誰か亡くなっているわけですが、
私が人生で最初にその死を知ってショックを受けたミュージシャンが
このランディ・ローズでした。
初来日公演が決定していた矢先の悲報でした。

白き炎のギタリスト"ランディ・ローズ"、
1度はこの目で観たかった。

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BUDGIE /

2013年03月18日22:22:00














〝BACK TO THE 1973〞第6回目は『BUDGIE』の3rdアルバム
『NEVER TURN YOUR BACK ON A FRIEND』を紹介します。
 
あの『METALLICA』に多大な影響を与え、 このアルバムに収録されている
"Breadfan"を『METALLICA』がカバーして一躍有名になった
『BUDGIE』の3rdアルバムです。

今から思えば当時の
プログレ黄金期にZEP、パープル、サバス、ヒープと
言ったブリティッシュ・ハード・ロック勢の中にあって、
『BUDGIE』は革新的なバンドだったかも知れません。
ヘヴィでソリッドなリフを多用した楽曲の構築性は
その後のNWOBHMの布石になったと思われます。
それ以外にもハード・ロック一辺倒だけではないアコースティックな
アレンジなどを使い、プログレッシヴなアプローチも色濃く感じられます。
 
今作は彼等の代表曲とも言える"Breadfan"に以外に
"Parents"と言った珠玉の名バラードも収録されています。
 
BUDGIE / NEVER TURN YOUR BACK ON A FRIEND
01. Breadfan
02. Baby Please Don't Go
03. You Know I'll Always Love You
04. You're the Biggest Thing Since Powdered Milk
05. In the Grip of a Tyrefitter's Hand
06. Riding My Nightmare
07. Parents
08. Breadfan (2003 version)
09. Parents (2003 version)
10. Breadfan (Live 1973)
NOTEWORTHY (NP4)

BreadfanのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)