Chekipon BLOG  
ログイン

CONVERGE /

2012年11月29日23:22:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『CONVERGE』の8thアルバム
『ALL WE LOVE WE LEAVE BEHIND』を紹介します。
 
意外にも私、『CONVERGE』のアルバム殆ど持ってます(^^;
DVDも持ってたな(^o^)
ってそれほど好きなバンドでもないんですけど
どこか惹きつけられるものがあるバンドです。
それはカオティック・ハードコアと言うカテゴリーに属するからでしょうが
彼等の場合、カオティック・ハードコア・パンクと言った方が正しい。
 
そんな彼等のニュー・アルバムも正しくそんなアルバムです。
そしてとてもキャッチーな世界観が今作のポイント。
怒涛の激走チューンの中に刹那とも思えるフレーズも飛び出し
『CONVERGE』が『CONVERGE』たる所以と言えるサウンドが
今作でも炸裂しています。
 
とりわけ私は輸入盤の通常盤を購入しましたが
日本盤には3曲のボーナス・トラックが収録されており
それがかなりいい曲らしいです。
ちょっと後悔(>_<)
 
CONVERGE / ALL WE LOVE WE LEAVE BEHIND
01. Aimless Arrow
02. Trespasses
03. Tender Abuse
04. Sadness Comes Home
05. Empty On The Inside
06. Sparrow's Fall
07. Glacial Pace
08. Vicious Muse
09. Veins And Vails
10. Coral Blue
11. Shame In The Way
12. Precipice
13. All We Love We Leave Behind
14. Predatory Glow
EPITAPH RECORDS (87193-2)

Aimless ArrowのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KAMELOT /

2012年11月28日22:56:00















今日はアメリカ出身の『KAMELOT』の10thアルバム
『SILVERTHRON』(LIMITED EDITION)を紹介します。
 
日本でも人気のシンフォニック・メタル・バンド
『KAMELOT』の約2年ぶりとなるニュー・アルバムです。
まぁ私自身初期の頃のアルバムはかなり買っていましたが
最近はめっきりスルーしていました。
でも今作は気合が違います!
ヴォーカルが敬愛する『SEVENTH WONDER』の〝トミー・カレヴィック〞
となれば
『KAMELOT』だろうが何だろうが買いますとも!!!
 
まぁサウンドの方はお墨付きのシンフォニックでドラマティックな
ヘヴィ・メタルで、
未だにアメリカのバンドがこのスタイルの
サウンドを作り出すことに驚きを感じます。
 
さて気になるトミーのヴォーカルですが、『SEVENTH WONDER』時代より
丁寧に
実に表現力豊かに歌い上げています。
やはりバンドのカラーが違うとそうなるのは当然でしょう。
3人のゲスト女性ヴォーカルとのデュオもいいアクセントになっており
気品あふれるドラマティック・メタルを堪能出来る好盤です。
 
とりわけ輸入盤にはインスト・ヴァージョンのボーナスCDと
44ページに渡るブックレットとポスターが付いた限定盤が
リリースされています。
私もこちらのヴァージョンを購入しましたが、
あまりの豪華さにビックリ。
同じ仕様の日本盤なんてリリースされたら
安く見積もっても3,800円くらいはするでしょうね。



 

















因みにトミーは『SEVENTH WONDER』は脱退せず、
どちらも活動していくそうです。
 
KAMELOT / SILVERTHRON
D-sc-1
01. Manus Dei
02. Sacrimony (Angel Of Afterlife)
03. Ashes To Ashes
04. Torn
05. Song For Jolee
06. Veritas
07. My Confession
08. Silverthorn
09. Falling Like The Fahrenheit
10. Solitaire
11. Prodigal Son
   PartⅠ- Funfale
   PartⅡ- Burden of Shame
     PartⅢ- The Journey 
12. Continuum

Disc-2 (Instrumetal Version)
01. Manus Dei
02. Sacrimony (Angel Of Afterlife)
03. Ashes To Ashes
04. Torn
05. Song For Jolee
06. Veritas
07. My Confession
08. Silverthorn
09. Falling Like The Fahrenheit
10. Solitaire
11. Prodigal Son
   PartⅠ- Funfale
   PartⅡ- Burden of Shame
     PartⅢ- The Journey 
12. Continuum

13. Grace (with Apollo Papathanasio & Nicalas Fngelin)
STEAMHAMMER (SPV 260450)

Sacrimony (Angel Of Afterlife)のPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 6周年

2012年11月28日00:01:00























早いものでブログ『ROCK BOTTOM』を始めて6年が経ちました。
このスタイルになって何年経過したか分かりませんが
何とかここまで続いています。
今年になってインターネット・ラジオも担当することになり
更に新たな方向に向かって歩んでおります。
7年目もよろしくお願いいたします。
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

STRYPER /

2012年11月26日22:24:00



















今日はアメリカ出身の『STRYPER』のライヴDVD
『LIVE AT THE JAVA ROCKIN' LAND』を紹介します。
 
2010年10月10日、ジャカルタ郊外カルナヴァル・ビーチで行われた
『JAVA ROCKIN' LAND FESTIVAL 2010』でのライヴ映像です。
2日間開催されたフェスの2日目のトリを取ったと言うことで
ジャカルタでの『STRYPER』の人気を高さを感じわけで
勿論その人気に恥じないパフォーマンスを披露しています。
 
マイケル・スウィートも全盛期の声の伸びは微妙にないものの
安定した歌声を聴かせてくれています。
Loud 'N Clear、Calling On You、Solidiers Under Command、
今聴いても興奮する名曲です。
 
それにしても今回ジャカルタ、以前リリースされたライヴがプエルトリコ
大昔は日本のライヴビデオと
1度くらい本国でのライヴ映像をリリースして貰たいものです。
って本国では人気がないのか!?
 
STRYPER / LIVE AT THE JAVA ROCKIN' LAND
01. Sing Along Song
02. Murder By Pride
03. Loud 'N Clear
04. Rock That Makes Me Roll
05. Reach Out
06. Calling On You
07. More Than A Man
08. 4 Leaf Clover
09. Honestly
10. Open Your Eyes
11. All For One
12. To Hell With The Devil
13. Soldiers Under Command
YAMAHA MUSIC & VISUAL (YMBA-40358)

Sing Along Songのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第14回目放送終了

2012年11月25日22:22:00
























今日はfmGIGインターネット・ラジオ『ROCK BOTTOM』の放送でした。
今日の彦根はえびす講で近くの銀座商店街は大賑わいでした。
ちょっと写真ではその賑わいが伝わってないですけど(^^;
 
オンエアリスト
01. AS I LAY DYING / Cauterze
02. AXEWOUND / Burn Alive
03. SYLOSIS / Behind The Sun
04. ぱすぽ☆ / Departure
05. ぱすぽ☆ / Wing
06. ぱすぽ☆ / Love Diary
07. ぱすぽ☆ / ピンクのパラシュート
08. ぱすぽ☆ / Dear My Friends
09. STEALING AXION / Mirage of Hope
10. JOSHUA / November Is Going Away 

そんなわけで今日の放送は『ぱすぽ☆の特集をお届けしました。
今月14日にリリースされた2ndアルバム『ONE WORLD』は
本当に素晴らしいアルバムです。
今年の邦楽アルバムNo.1間違いなし!!!
 
そして11月になると必ず聴きたくなるNo.1ソング
『JOSHUA』の歴史に残る名曲〝November Is Going Away〞も
最後にお届けしました。
30年経っても色褪せないナンバーです。

ぱすぽ☆のWINGをどうぞ


JOSHUAのNovember Is Going Awayもどうぞ 
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MONUMENTS /

2012年11月24日23:23:00















今日はイギリス出身の『MONUMENTS』の1stアルバム
『GNOSIS』を紹介します。
 
CENTURY MEDIAからのリリースですが
SUMERIAN RECORDSからのバンドの印象の強いバンドです。
一連のSUMERIAN RECORDS所属のバンドを彷彿とさせる
プログレッシヴなメタル・コア、
昨今よく言われるハイブリッドなメタル・サウンドです。
 
テクニカルでブルータルかつメロディック、
オリジナリティはないかも知れませんが、
この手のサウンドが好きなリスナーさんはマストでしょう。

限定盤のデジパック仕様にはDoxaとDenialのインスト・ヴァージョンが
収録されています。
 
MONUMENTS / GNOSIS
01. Admit Defeat
02. Degenerate
03. Doxa
04. The Uncollective
05. Blue Sky Thinking
06. 97% Static
07. Empty Vessels Make The Most Noise
08. Regenerate
09. Denial
CENTURY MEDIA (8914-2)

97% StaticのPVをどうぞ




さて明日はインターネット・ラジオROCK BOTTOMの14回目の放送です。
3時からの1時間の生放送です。
明日はプチ特集をやりますよ~!

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com    

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

IN MOURNING /

2012年11月23日22:41:00















今日はスウェーデン出身の『IN MOURNING』の3rdアルバム
『THE WEIGHT OF OCEANS』を紹介します。
 
約2年ぶりとなる3rdアルバムなんですが、私は初購入となりました。
ゴシック的な耽美な世界観とプログレ的なドラマティックな展開など
そのサウンドはまさしく同じスウェーデン出身の『OPETH』の
初期の頃を彷彿とさせるものがあります。
メタル的な疾走感のあるナンバーもあって、
そんな部分は北欧叙情デスとも言えるテイストもあり
北欧のDNAならではの叙情性が全編に渡って炸裂する芸術的なアルバムです。

モダンと言う言葉が無縁のサウンドと言えるでしょう。
久しくこの手のアルバムを聴いてなかったので新鮮でした。
 
IN MOURNING / THE WEIGHT OF OCEANS
01. Colossus
02. A Vow To Conquer The Ocean
03. From A Tidal Sleep
04. Celestial Tear
05. Convergence
06. Sirens
07. Isle Of Solace
08. The Drowning Sun
09. Voyage Of A Wavering Mind
SPINEFARM RECORDS (SP1423CD 2796827)

A Vow To Conquer The Oceanのライヴ映像をどうぞ




そんなわけで週末の日曜日はインターネット・ラジオ
fm GIG彦根逓信舎スタジオからの放送です。
いつものように3時からの1時間の生放送。
メッセージなどありましたら下記まで。
こちらのブログに送って貰っても結構です(^o^)

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com    

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KROKUS /

2012年11月22日21:40:00














今日もスイス出身の『KROKUS』の3枚組BOXセット
『ORIGINAL ALBUM CLASSICS』から、
オリジナルは1982年リリースの
6thアルバム『ONE VICE AT A TIME』を紹介します。





 








何とあの〝トニー・プラット〞をプロデューサーに迎えリリースした
6thアルバムです。
『AC/DC』の『BACK IN BLACK』と『悪魔の招待状』の大大大ブレイクに、
「なら俺らだって売れて当然じゃね~!?」と思っていたか
どうかは分かりませんが
もうAC/DCの何者でもない楽曲のオンパレードです。
 
以前にはあったバラードもなくなり、
「この音なら間違いなくアメリカで大ブレイク間違いなしだ~!」と
アルバム完成直後トニー・プラットとメンバーは肩を抱いて大喜びした!
かどうかは不明(^^;
 
KROKUS / ONE VICE AT A TIME
01.Long Stick Goes Boom
02.Bad Boys, Rag Dolls
03.Playin' The Outlaw
04.To The Top
05.Down The Drain
06.American Woman
07.I'm On The Run
08.Save Me
09.Rock'n'Roll
SONY MUSIC (88725-468792)

Long Stick Goes Boomのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KROKUS /

2012年11月21日22:43:00

 

 

 

 

 

 

今日もスイス出身の『KROKUS』の3枚組BOXセット
『ORIGINAL ALBUM CLASSICS』から、オリジナルは1981年リリースの
5thアルバム『HARDWARE』を紹介します。


 












サウンドの統一性は出てきたものの前作よりは面白みに欠けるアルバムですが、
〝Easy Rocker〞や〝She's Got Everything〞と言った
彼等の代表曲ともなる
強力なナンバーが収録されているのがポイント。
 
それ以外はやはりどうしてもヴォーカルの声質と音楽性から
どうしてもAC/DCを彷彿(パクリ!?)と
させる部分が多分にあるのは仕方ない。
 
KROKUS / HARDWARE
01.Celebration
02.Easy Rocker
03.Smelly Nelly
04.Mr. 69
05.She's Got Everything
06.Burning Bones
07.Rock City
08.Winning Man
09.Mad Racket
SONY MUSIC (88725-468792)

Easy Rockerのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KROKUS /

2012年11月20日23:05:00

 

 

 

 

 

 

今日はスイス出身の『KROKUS』の3枚組BOXセット
『ORIGINAL ALBUM CLASSICS』を紹介します。

『KROKUS』の4th~6thアルバムをセットしたお徳用BOXセットで、
今日はその中の4thアルバム『METAL RANDEZ-VOU』を紹介。
 













日本盤がリリースされたのがこの4thアルバムからで
『KROKUS』の顔でもあるヴォーカル〝マーク・ストラーチェ〞が
加入後のアルバムとなります。
まぁ1980年リリースですから、古臭い音ですしB級臭さもありますが
これこそ『KROKUS』と言うサウンドを聴くことが出来ます。
軽快なロックン・ロール調あり、バラードあり、ハード・ポップ調ありと
バラエティに富んだ作品です。
 
因みに7曲目〝Lady Double Dealer〞は『DEEP PURPLE』の同名異曲です。
 
KROKUS / METAL RANDEZ-VOU (ORIGINAL ALBUM CLASSICS)
01.Heatstrokes
02.Bedside Radio
03.Come On
04.Streamer
05.Shy Kid
06.Tokyo Nights
07.Lady Double Dealer
08.Fire
09.No Way
10.Back Seat Rock'n Roll
SONY MUSIC (88725-468792)

Bedside Radioのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)