Chekipon BLOG  
ログイン

SKYHARBOR /

2012年10月30日23:07:00

 

 

 

 

 

 

今日はインド出身の『SKYHARBOR』の1stアルバム
『BLINDING WHITE NOISE (ILLUSION & KHAOS)』を紹介します。
 
長い音楽生活の中で初めてのインドのバンドです。
まぁインドのバンドからと言ってインド特有のメロディーを
フィーチャーすると言った
反則技なんて使ったりはせず
歌詞もしっかり英語ですし、やってることもアメリカや欧州のバンドと
何ら変わりません。
彼らのサウンドはMESHUGGAHの影響下にあるものと思われ
MESHUGGAHほどヘヴィではないもの、変則的なリズムセクションを基盤とした
テクニカルなエクストリームかつメロディックな音楽をプレイしています。
 
ヴォーカルはスクリーモとノーマルとを使い分けており
メローなフレージングではアンビエントな世界観を構築しています。
 
アルバムはメロディアスなDisc-1の〝Illusion〞サイドと
ヘヴィなDisc-2の〝Chaos〞サイドに分けられています。
 
SKYHARBOR / BLINDING WHITE NOISE (ILLUSION & KHAOS)
Disc-1 “Illusion”
01.Illusion: Dots 
02.Illusion: Order 66 
03.Illusion: Catharsis
04.Illusion: Night 
05.Illusion: Aurora 
06.Illusion: Celestial 
07.Illusion: Maeva 
Disc-2 “Chaos”
01.Chaos: Trayus 
02.Chaos: Aphasia 
03.Chaos: Insurrection
BASICK RECORDS (BSK039CD)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEPAPEPE at 心斎橋BIG CAT

2012年10月29日21:50:00



























先週27日(土)は大阪はBIG CATであったアコースティック・ギター・デュオ
『DEPAPEPE』のライヴに行ってきました。
10月3日にリリースされたニュー・アルバム『Acoustic & Dining』に伴う
全国ツアーの
大阪公演は地元関西とあってチケットはソールド・アウト。
今も人気の高さを感じる状況に昔からのファンの私としては嬉しい限りです。
 
そんなライヴはアルバムのモチーフにもなっている〝ダイニング〞から
ステージはちょっとレトロ調のレストラン風(言われてみれば!?)の
ステージセットでした。
因みにサポート・メンバーにキーボードとパーカッションが参加していました。
 
セットリスト
01. UNION
02. ラハイナ
03. ROSY
04. ツバメ
05. Memories
06. Night & Day
07. Three Minutes Cooking
08. あの橋を渡ろう
09. ありがとう。
10. SPARK!
11. Happy Birthday
12. バタフライ
13. KATANA
14. ━
15. ONE
16. かがやける日々
encore
17. START
18. シュプール
 
まぁ私もインディーズ時代から彼らのステージを観てきていますが
今まで観た中で1番良かったです。
結成10周年となる『DEPAPEPE』、
これからも20周年30周年と『DEPAPEPE』が活動してくれることを
願っている私です(^
o^)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第12回目放送

2012年10月28日23:14:00

























今日はROCK BOTTOM第12回目の放送でした。
今日は冷たい雨が降る肌寒い日でした。

オンエアリスト
01. HELLOWEEN / Ride The Sky
02. いいくぼさおり / Chanty
03. SUPER☆GiRLS / 赤い情熱
04. DEPAPEPE / SPARK! (BGM)
05. DEPAPEPE / ツバメ
06. DIABLO SWING ORCHESTRA / Voodoo Mon Amour
07. DYNAHEAD / Repentance Hour
08. CRYPTOPSY / Cleansing The Hosts
09. THE FACELESS / Autothesit Movement Ⅱ : Emancipate

10月と言うことで世間はハロウィンなのでお約束で
HELLOWEENのナンバーを1曲目におかけいたしました。
前半はライヴやイベントの話と関連するナンバーを。
後半は最近ブログで紹介したアルバムからのナンバーをおかけしました。

SUPER☆GiRLSは番組で最もオンエア数の多いグループかも!?(^^;






















Ride The Sky、GAMMA RAYヴァージョンのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SPHERIC UNIVERSE EXPERIENCE /

2012年10月26日23:47:00

 

 

 

 

 

 

今日はフランス出身の『SPHERIC UNIVERSE EXPERIMENCE』の
4thアルバム『THE NEW EVE』を紹介します。

フランス出身のプログレ・メタル・バンド『SPHERIC UNIVERSE EXPERIMENCE』の
約3年ぶりとなる移籍第一弾のニュー・アルバムです。
ヘヴィかつプログレッシヴなヘヴィ・メタル・サウンドは従来通り、
ニュー・アルバムでは更にモダンなテイストをも持ち込み
更に進化したスタイルを模索した好盤となっています。
 
一般的なDREAM THEATER系と言われるプログレ・メタルではなく
プログレッシヴなアプローチはサウンドのアクセントして
ベーシックなスタイルは正統派のヘヴィ・メタルと呼べるものです。
 
プログレ・メタル・ファンは勿論ですが、
メロディックなヘヴィ・メタルを愛聴しているリスナーにも
十分アピール出来るアルバムでしょう。
素晴らしいアルバムです。
 
SPHERIC UNIVERSE EXPERIMENCE / THE NEW EVE
01. Shut Up
02. The New Eve
03. Escape
04. Never Heat
05. Angel
06. The Day I Died
07. In This Place
08. Self-Abuse
09. My Heart On The Cross
NIGHTMARE RECORDS (NMR-566)

The Day I DiedのPVをどうぞ




週末の28日はfmGIG、インターネットラジオ「ROCK BOTTOM」の放送です。
お昼の3時から1時間です!
メッセージなどありましたら下記まで。
こちらのブログに送って貰っても結構です(^o^)

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com 

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE FACELESS /

2012年10月25日22:48:00















今日はアメリカ出身の『THE FACELESS』の3rdアルバム
『AUTOTHEISM』を紹介します。
 
4年振りとなるテクニカル・デス・メタル・バンド
『THE FACELESS』の3rdアルバムです。
SUMERIAN RECORDS出身のバンドと言うことでイメージ的には
テック・メタル系のバンド、
だったはず!?
しかぁ~し、大幅なメンバー・チェンジの影響なのか
これは紛れも無くプログレ・メタルだ~(^o^)
確かにグロウルを使ってたり、ブラストするフレーズもありますが
全体に漂う世界観は完全にプログレ・メタル。
『CYNIC』や初期の『OPETH』に近いと言えるでしょう。
 
アルバムをリリースするごとにプログレ度を増している『THE FACELESS』、
次作には更にプログレ率が加速し、
もはや誰もが認めるプログレ・メタル・バンドに
大変貌していることを期待せざるを得ません。
今年のSUMERIAN RECORDSはちょっとした台風の目だ!

THE FACELESS / AUTOTHEISM
01. Autotheist Movement I: Create
02. Autotheist Movement II: Emancipate
03. Autotheist Movement III: Deconsecrate
04. Accelerated Evolution
05. The Eidolon Reality
06. Ten Billion Years
07. Hail Science
08. Hymn Of Sanity
09. In Solitude
SUMERIAN RECORDS (SUM-100)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CRYPTOPSY /

2012年10月24日23:55:00

 

 

 

 

 

 

今日はカナダ出身の『CRYPTOPSY』の7thアルバム
『CRYPTOPSY』を紹介します。
 
前作の問題作(迷走作!?)からニュー・アルバムでは
再び本来の『CRYPTOPSY』らしいサウンドが復活、
ブルータルでテクニカルで邪悪なデス・メタル・サウンドが
炸裂しています。
勿論インテレクチュアルなフレーズも随所にフィーチャーし
高度でハイクオリティなサウンドはまさしく『CRYPTOPSY』ならではと
言ったところでしょう。
 
純度100%のデス・メタルです。
でも十分メロディックだと思います。
 
日本盤にはボーナス・トラックとして3曲ライヴ音源が
収録されています。
音はイマイチですがハンパじゃないテクニックの演奏が堪能出来ます。
どうして彼らはライヴ映像を出さないのだろう!?
 
CRYPTOPSY / CRYPTOPSY
01. Two-Pound Torch
02. Shag Harbour's Visitors
03. Red-Skinned Scapegoat
04. Damned Draft Dodgers
05. Amputated Enigma
06. The Golden Square Mile
07. Ominous
08. Cleansing The Hosts
09. Slit Your Guts (Live) [Japanese Bonus Track]
10. Benedictine Convulsions (Live) [Japanese Bonus Track]
11. Phobophile (Live) [Japanese Bonus Track]
VICTOR (VICP-65083)

Red-Skinned Scapegoatの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DYNAHEAD /

2012年10月23日23:36:00














今日はブラジル出身の『DYNAHEAD』の2ndアルバム
『YOUNIVERSE』を紹介します。
 
1stアルバムは未聴ですが、なかなか面白いバンドです。
カテゴリーとしてはプログレッシヴ・デスと言えるわけで
グロウルとクリーンを両方使い分けるヴぉーカルと
パワフル且つテクニカルでドラマティックな展開を信条にした
スタイルを構築しています。
ギタリストもかなりのテクニシャンぶりを発揮しており
そう言った部分はやはりDREAM THEATERを彷彿とさせる部分が
多分にあります。
 
グロウルのヴォーカルを除けば完全に正統派のプログレ・メタル。
アグレッシヴなプログレ・メタルが大好きなリスナーさんは是非どうぞ!
デス・メタル好きの方もどうぞ(^o^)
 
DYNAHEAD / YOUNIVERSE
01.Ylem
02.Eventide
03.Inception
04.Unripe One
05.Confinement In Black
06.Circles
07.My Replicator
08.Repentance Hour
09.Way Down Memory Lane
10.Redemption
11.Onset
METAL RECORDS (AA 1000)

Repentance Hourの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THIN LIZZY /

2012年10月22日22:09:00















今日はアイルランド出身の『THIN LIZZY』のライヴ・アルバム
『HIGH VOLTAGE FESTIVAL』を紹介します。
 
2011年7月23日、ロンドンで行われたHIGH VOLTAGE FESTIVALでの
模様を収めたライヴ・アルバムです。
メンバーは
Ricky Warwick (Vocal/ Guitars)
Scott Gorham (Guitars)
Richard Fortus (Guitars)
Marco Mendoza (Bass Guitars)
Darren Wharton (Keyboards)
Brian Downey (Drums)
元『THE ALMIGHTY』の〝リッキー・ワーウィック〞のカスレた声質が
どことなく〝フィル・ライノット〞を彷彿とさせる部分もあり
あのTHIN LIZZYを違和感なく感じられるライヴとなっています。
 
〝Dancing in the Moonlight〞ではあの〝マイケル・モンロー〞が
サックスでゲスト参加しています。
 
因みにこのアルバムは2枚組なのですが
もう1枚はDLする為のブランクCD-Rなんですが、どう使うんだ!?
 
THIN LIZZY / HIGH VOLTAGE FESTIVAL
01.Are You Ready?
02.Waiting for an Alibi
03.Jailbreak
04.Dancing in the Moonlight 
05.Emerald
06.Whiskey in the Jar
07.Cowboy Song
08.The Boys are Back in Town
09.Rosalie
10.Black Rose
CONCERT LIVE (CLCD350)

Jailbreakのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

JUDAS PRIEST /

2012年10月21日23:11:00















今日はイギリス出身の『JUDAS PRIEST』の『SCREAMING FOR VENGEANCE - Special 30th Anniversary Edition』を紹介します。
 
『JUDAS PRIEST』1982年リリースの8thアルバム、
プリースト史上(メタル史上)に残る超名盤
『SCREAMING FOR VENGEANCE』の30周年記念アルバムです。
本編以外に1982年のサン・アントニオでもライヴ音源が収録されています。
でもこの記念盤の目玉は何と言っても1983年のUSフェスティバルの映像です。
いや~カッコいいったらありゃしない!!!!
まさしくゴッドと言えるパフォーマンスです。
 
USフェスの映像は2003年に『TRIUMPH』がリリースされて
今年になり『QUIET RIOT』、そして『JUDAS PRIEST』がリリースされ
来年USフェス30周年となるので一気に他のアーティストの映像も
リリースされることを期待するばかりです。
 
JUDAS PRIEST / SCREAMING FOR VENGEANCE - Special 30th Anniversary Edition
Disc-1/CD
01 The Hellion
02 Electric Eye
03 Riding on the Wind
04 Bloodstone
05 (Take These) Chains
06 Pain and Pleasure
07 Screaming for Vengeance
08 You've Got Another Thing Comin'
09 Fever
10 Devil's Child
11.Hellion~Electric Eye (live) [Bonus Track]
12.Riding on the Wind (live) [Bonus Track]
13.You've Got Another Thing Coming (Live) [Bonus Track]
14.Screaming For Vengeance (Live) [Bonus Track]
15.Devil's Child (live) [Bonus Track]
16.Prisoner of Your Eyes [Bonus Track]
※Live from the San Antonio Civic Center, September 10th 1982
Disc-2/DVD
01 Hellion~Electric Eye
02 Riding on the Wind
03 Heading out to the Highway
04 Metal Gods
05 Breaking the Law
06 Diamonds and Rust
07 Victim of Changes
08 Living After Midnight
09 The Green Manalishi
10 Screaming for Vengeance
11 You've Got Another Thing Comin'
12 Hell Bent for Leather
※US Festival Show - San Bernadino CA 29th May 1983
SONY MUSIC (88725444662)

Hell Bent for Leatherのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

TRIUMPH /

2012年10月19日23:19:00















今日はカナダ出身の『TRIUMPH』のライヴ・アルバム
『LIVE AT SWEDEN ROCK FESTIVAL』を紹介します。
 
2008年に再結成し今も活動を続けるカナダのベテラン・ロック・バンド
『TRIUMPH』の再結成後の2008年スウェーデン・ロック・フェスティバル
での模様を収めた
ライヴCD+DVDです。
 
CDとDVDの収録曲は同じで、となるとメインはやはり
DVDなわけで
画質・音質とも至って良好で
『TRIUMPH』の素晴らしいパフォーマンスを観ることが出来ます。
確かにリック・エメットの声は全盛期ほどのクリアなハイトーンは
出ないまでも
確かな歌声を聴かせており、
まだ日本の地を踏んでいない『TRIUMPH』なだけに
一刻も早く来棒の初来日を期待するだけです。
 
TRIUMPH / LIVE AT SWEDEN ROCK FESTIVAL
Disc-1/CD
01.When The Lights Go Down
02.Lay It On The Line
03.Allied Forces
04.Never Surrender
05.I Live For The Weekend
06.Blinding Light Show
07.Rocky Mountain Way
08.Magic Power
09.Rock N Roll Machine
10.Fight The Good Fight
Disc-2/DVD 
01.When The Lights Go Down
02.Lay It On The Line
03.Allied Forces
04.Never Surrender
05.I Live For The Weekend
06.Blinding Light Show
07.Rocky Mountain Way
08.Magic Power
09.Rock N Roll Machine
10.Fight The Good Fight
Special Features
01.Sweden Rock Press Conference
02.Behind The Scenes/Photo Gallery
FRONTIERS RECORDS (FRCD555)
 
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)