Chekipon BLOG  
ログイン

ジョン・ロード死去

2012年07月18日23:34:00

 

 

 

 

 

 

 

 







元『DEEP PURPLE』のキーボード奏者〝ジョン・ロード〞氏が
現地時間16日に亡くなられました、71歳。
昨年からすい臓がんで闘病生活を送っていたらしいです。 

私がハード・ロックと言う音楽に誘ったバンドは間違いなく『DEEP PURPLE』
でしたし、
『DEEP PURPLE』が居なかったらこんなブログなんてやっていなかった
と言っても過言ではないでしょう。
 
まぁ人間ですからいつか死ぬわけですが、
毎年有名なミュージシャンが誰か他界していくのは悲しい出来事です。
ご冥福を祈ります。



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THIN LIZZY /

2012年07月17日23:13:00















今日も『THIN LIZZY』の6枚組ボックス・セット
『CLASSIC ALBUM SELECTION』から
オリジナルは1975年リリースの5thアルバム『FIGHTING』を紹介します。





 








前作と同じランナップで制作された5thアルバムです。
前作のようなバラエティに富んだアルバムから
1つの方向性が定まったアルバムと言えます。
と言うと何かいいアルバムなような錯覚をしそうですが
イマイチ中途半端なB級臭さの残るハード・ロックと言う印象です。
 
それにしても知りませんでした
〝Rosalie〞が〝ボブ・シーガー〞のカバーだったことを!
今更!?
 
あとこのジャケはいかがなもんかと(^^;
 
THIN LIZZY / FIGHTING
01. Rosalie
02. For Those Who Love to Live 
03. Suicide 
04. Wild One 
05. Fighting My Way Back 
06. King's Revenge 
07. Spirit Slips Away
08. Silver Dollar 
09. Freedom Song 
10. Ballad of a Hard Man 
MERCURY RECORDS (3703552)

Rosalieのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THIN LIZZY /

2012年07月16日22:49:00

 

 

 

 

 





今日は『THIN LIZZY』の6枚組ボックス・セット
『CLASSIC ALBUM SELECTION』を紹介します。



 























また日本のレコード会社は関わりたくない破格の6枚組ボックス・セットです。
カミング・アウトすると『THIN LIZZY』のアルバムってあまり持っていません。
いつか買わなくちゃと思いながらベスト盤とかでお茶を濁してきたわけですが
今回何とも有難いボックス・セットが発売されたので即注文しました。
 
と言うことで今日から1枚づつ紹介していきたいと思います。
今日はオリジナルは1974年リリースの4thアルバム『NIGHT LIFE』を紹介します。














このアルバムからレコード会社をヴァーティゴに移籍、
バンドもツイン・リード・ギターのスタイルになりました。
メンバーはVo./Ba.のフィル・ライノット、Gt.スコット・ゴーハム
Gt.ブライアン・ロバートソン、Dr.ブライアン・ダウニーの4人です。
 
サウンドはフォーク・ロックっぽいものあり、ブルースっぽいのあり
ハード・ロックっぽいものありで、AORっぽいものありで
いい意味でバラエティに富んだ、悪く言えば散漫な内容のアルバムです。
とは言えアイリッシュの叙情性はこの時代から鼓動しています。
 
とりわけその後もバンドの代表曲ともされる〝Still In Love With You〞での
〝ゲイリー・ムーア〞の哀愁たっぷりのギターは素晴らしいです。

THIN LIZZY / NIGHT LIFE
01. She Knows
02. Night Life
03. It's Only Money
04. Still In Love With You
05. Frankie Carroll
06. Showdown
07. Banshee
08. Philomena
09. Sha-La-La
10. Dear Heart
MERCURY RECORDS (3703552)

Still In Love With Youのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

押尾コータロー at なんばHatch

2012年07月15日22:56:00

 

 

 

 

 



























今日はなんばHatchであった〝押尾コータロー〞の
〝10th Anniversary LIVE 夏 -Upper Side-〞に行ってきました。
 
5月にリリースされたメジャー・デビュー・10周年記念アルバムに伴うツアーの
皮切りとなった大阪2Daysの2日目です。
 
Upper Sideのライヴと言うことでアップ・テンポの曲中心のライヴになったわけで
ストローク弾きのナンバーが多くなることを懸念していましたが
確かにガチャガチャうるさい印象があったライヴであったことは事実でしたが
ライヴ自体は楽しめる内容でした。
 
そんなライヴの中でやはり初期のアルバムからの〝Fantasy〞〝Tension〞
〝太陽のダンス〞と
言ったナンバーが聴けて良かったです。
加えて初期のライヴでは定番だったウルトラ三部作
久しぶりに聴けて楽しかったです。
 
アンコールで見かけないギターを弾きだした押尾コータローですが
何と~ボディやヘッドがLEDで5色(だったかな!?)に色が変わる
アコースティック・ギターでは見たこともない大仕掛なギターで驚きました。
 
セットリスト
01. Jet
02. Rushin'
03. ファイト!
04. Fantasy
05. 太陽のダンス
06. PINK CANDY
07. ウルトラ三部作(ウルトラQ~ウルトラマン~ウルトラセブン)
08. Tension
09. Purple Highway
10. Landsacpe
11. Peace
12. TREASURE
13. RELATION!
14. HEART BEAT
15. Dancin' コオロギ
16. 翼~Hoping for the FUTURE~
17. HARD RAIN
encore
18. over drive
19. Snappy!
20. Big Blue Ocean
 
10月のバラード・サイドのライヴも楽しみです。

太陽のダンスのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CHILDREN OF BODOM /

2012年07月14日23:33:00

 

 

 

 

 

 



今日はフィンランド出身の『CHILDREN OF BODOM』のベスト・アルバム
『HOLIDAY AT LAKE BODOM』(SUPER DELUXE EDITION)を紹介します。

デビュー15周年を記念してリリースされたベスト・アルバムです。
まぁそう熱狂的なファンでもないですが、押さえるとこは押さえた
選曲になっているのではないでしょうか!
今作の為に収録された新録は『DROPKICK MURPHY'S』の映画『デパーテッド』
のサントラにも収録されていた〝I’m Shipping Out To Boston〞と
我々の世代には懐かしい〝リック・スプリングフィールド〞のヒット曲
 〝Jessie’s Girl〞のカバー曲2曲です。
〝Jessie’s Girl〞はそれなりにオリジナルに忠実に再現されています。
 
デラックス・エディションに付いているDVDは20分程のロード・ムービーと
〝Shovel Knockout〞のミュージック・ビデオが収録されています。
まぁ映像はCOBのメンバーがどれだけ酒を呑むかが分かる内容で、
正直言ってそうファンでなけれあまり興味のない映像だと思います。
 
スペシャル・デラックス・エデションに付いているアレキシのギター・フィギアも
そうクオリティの高い代物ではありません。
 
そんなわけでマニア以外の人なら通常盤(輸入盤)で十分かと思います。
CDの内容だけはいいので。
 
CHILDREN OF BODOM / HOLIDAY AT LAKE BODOM
Disc-1/CD
01. Hate Crew Deathroll
02. Shovel Knockout
03. Hate Me
04. Eveyrtime I Die
05. Needled
06. I’m Shipping Out To Boston (Dropkick Murphy’s Cover)
07. Sixpounder
08. Warheart
09. Roundtrip To Hell And Back
10. Trashed, Lost & Strungout
11. Living Dead Beat
12. Deadnight Warrior
13. Blooddrunk
14. Follow The Reaper
15. Are You Dead Yet
16. Silent Night, Bodom Night
17. Jessie’s Girl (Rick Springfield cover)
18.  In Your Face
19. Angels Don’t Kill
20. Downfall
Disc-2/DVD
※ 〝15 YEARS OF WASTED YOUTH〞DOCUMENTARY 
※ 〝Shovel Knockout〞Music Video
UNIVERSAL MUSIC (UICN-9003)

Shovel KnockoutのPVをどうぞ
   

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ASIA /

2012年07月13日23:49:00















今日はイギリス出身の『ASIA』の11thアルバム『XXX』を紹介します。
 
オリジナル・メンバーによる第三弾アルバムです。
いや~このメンバーでやってくれていることだけで十分です(^^;
 
まぁこのメロディー、そしてジョン・ウェットンのあの声があれば
間違いなくASIAなわけで、
それはジョン・アンダーソンが唱えばYESみたいな感じ!?
 
デビュー・アルバムから30年のアニヴァーサリー・イヤーと言うことですが
ドラマティック性と言う点ではかなり後退した印象が強く
30年前のよう衝撃度はありませんが、
大人(おじいさん!?)のASIAサウンドが聴けるアルバムです。
 
ASIA / XXX
Disc-1/CD
01. Tomorrow The World
02. Bury Me In Willow
03. No Religion
04. Faithful
05. I Know How You Feel
06. Face On The Bridge
07. Al Gatto Nero
08. Judas
09. Reno (Silver and Gold) [Bonus Track]
10. Ghost Of A Chance
11.  I Know How You Feel (Midnight Mix) [Bonus Track]
Disc-2/DVD
01. The Making of XXX (Featurette)
02. Face On The Bridge (Music Video)
03. Faithful (Music Video)
FRONTIERS RECORDS (FR CDVD 560)

Al Gatto Neroの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ENGEL /

2012年07月12日23:07:00

 

 

 

 

 

 



今日はスウェーデン出身の『ENGEL』の3rdアルバム
『BLOOD OF SAINTS』を紹介します。


現在『IN FLAMES』にも加入しているギタリスト〝ニクラス・エンゲリン〞も
その名を連ねる
『ENGEL』のニュー・アルバムです。

『IN FLAMES』直系のメロディック・デス・メタル・サウンドに
デジタルなアレンジをフィーチャーするスタイルは今作も健在。
リフの先鋭さやキャッチーなメロディー・ラインなど
同類のバンドの中でも頭1つ抜きん出るサウンドと言えるでしょう。
 
『BABYMETAL』しか聴かない『BABYMETAL』好きなリスナーにも
アピール出来るかも!?、それはちょっと無理か(^^;

『BLACK SABBTH』のカバーはちょっと蛇足かも。

ENGEL / BLOOD OF SAINTS
01. Question Your Place
02. Frontline
03. Feel Afraid
04. Numb
05. Cash King
06. One Good Thing
07. Blood Of Saints
08. Down To Nothing
09. Drama Queen
10. In Darkness
11. Journeys End
12. Neon Knights (Cover by BLACK SABBATH) [Japanese Bonus Track] 
TROOPER (GATE 10023)

Question Your PlaceのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CIRCUS MAXIMUS /

2012年07月11日23:15:00















今日はノルウェー出身の『CIRCUS MAXIMUS』の3rdアルバム
『NINE』を紹介します。
 
ほぼ5年とぶりとなる『CIRCUS MAXIMUS』待望のニュー・アルバムです。
待ってたぜぇ~!!!!!!
 
北欧プログレ・メタル界を代表するバンドとして日本でも人気の
『CIRCUS MAXIMUS』ですが
5年のブランクなど全く心配ご無用の素晴らしいアルバムです。
ドラマティックでメロディックでテクニカルでキャッチー、プログレ・メタル・マニアが
求める全てのファクターが網羅されていると言っていいでしょう。
まぁその楽曲もさることながらヴォーカリスト〝マイケル・エリクセン〞の
圧倒的な歌唱もこのバンドの魅力です、素晴らしい!
 
『KAMELOT』にヴォーカルを引き抜かれた『SEVENTH WONDER』だけに
『CIRCUS MAXIMUS』は北欧プログレ・メタル界に無くてはならない存在です。
マイケルさ~ん、引き抜かれないでね~|
 
CIRCUS MAXIMUS / NINE
01. Forging
02. Architect Of Fortune
03. Namaste
04. Game Of Life
05. Reach Within
06. I Am
07. Used
08. The One
09. Burn After Reading
10. Last Goodbye
11. Abyss (Live from Progpower USA '09) [Japanese Bonus Track]
12. Wither (Live from Progpower USA '09) [Japanese Bonus Track]
RUBICON MUSIC (RBNCD1103)

Usedの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GOJIRA /

2012年07月09日23:17:00

 

 

 

 

 

 



今日はフランス出身の『GOJIRA』の5thアルバム
『L'ENFANT SAUVAGE』を紹介します。
 
ロードランナー移籍第一弾5thアルバムで目出度く日本デビューとなりました。
私もかねてから名前だけは知ってただけで、今回初購入となりました。
まぁ輸入盤ですけどね。
 
ベーシックなスタイルはテクニカルなデス・メタルと言えるわけで
メカニカルなリフは『MESHUGGAH』を彷彿とさせますし、
全体的に漂うグルーヴ感は『MASTODON』の世界観に通じるものもあります。
過度なブルータリティはないので、プログレ・メタルを聴く
許容範囲の広いリスナーさんに受け入れられるのではないでしょうか!?
 
因みに輸入盤の限定盤には日本盤にも収録されているボーナス・トラック2曲と
2009年〝LES EUROCKEENNES〞でのライヴ映像を収録したDVDが付いています。
音質・画質とも至って良好です。
 
この仕様でも日本盤の半値くらいですから
購入をお考えの方は輸入盤を絶対的にお薦めします。
 
GOJIRA / L'ENFANT SAUVAGE
Disc-1/CD
01. Explosia
02. L’Enfant Sauvage
03. The Axe
04. Liquid Fire
05. The Wild Healer
06. Planned Obsolescence
07. Mouth Of Kala
08. The Gift Of Guilt
09. Pain Is A Master
10. Born In Winter
11. The Fall
12. This Emptiness [Bonus Track]
13. My Last Creation [Bonus Track]
Disc-2/DVD (LIVE AT LES EUROCKEENNES 2009)
01. Oroborus
02. The Heaviest Matter of The Universe
03. Backbone
04. Love
05. A Sight To Behold
06. The Art of Dying
07. Drum Solo
08. Clone
09. Flying Whales
10. Toxic Garbage Island
11. Vacuity
ROADRUNNER RECORDS (RR7651-5)

L’Enfant SauvageのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第5回目放送

2012年07月09日00:48:00

 

 

 

 

 

 

















今日(昨日)はROCK BOTTOMの5回目の放送でした。
実は今回の放送は録音でした。
以前より用事があり早朝より出かけてたわけですが、
人為的なミスで放送も全てオンエア出来なかったようです。
申し訳ありませんでした。
まぁラジオを運営している方々は私も含めて他に仕事を持っていらっしゃるので
何かと不手際があるのはお許し下さい。

放送自体は聞いてませんが、録音中はとても楽しかったです。
パート2も考えています(^o^)

オンエアリスト
01. DEEP PURPLE / Burn
02. WINGS / Children Children
03. LED ZEPPELIN / Whole Lotta Love
04. THE WHO / Summer Time Blues
05. QUEEN / Somebody To Love
06. THE JAM / English Rose

今回の放送はゲストに〝やまもとひまり
〞さんを迎えてお届けしました。
イギリス通のひまりさんらしいお話が聞けて勉強になりました(^o^)

 

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)