Chekipon BLOG  
ログイン

PRETTY MAIDS /

2012年06月18日23:12:00

 

 

 

 

 



今日はデンマーク出身の『PRETTY MAIDS』のライヴ・アルバム
『IT COMES ALIVE~MAID IN SWITZERLAND~』を紹介します。

日本は高い人気を誇るデンマーク出身のベテラン・バンド『PRETTY MAIDS』の
2011年スイスでのライヴを収めた2枚組ライヴCD+DVDアルバムです。
 
まぁ自分の音楽性も変わったせいもあり最近の『PRETTY MAIDS』の
オリジナル・アルバムは全く聴いてなかったのですが、
DVDも付いていることだったので購入してみました。
ギタリストの〝ケン・ハマー〞の激太りのルックスには驚きましたが
変わらずメロディックなギター・ソロを弾いてくれていて安心しました。
まぁそれ以上に素晴らしいのはヴォーカル〝ロニー・アトキンス〞の
衰えを知らない歌声です。
曲調によって歌い方を変えるスタイルは昔のままです。

ホールもめい一杯の人でまだまだ海外でも人気はあるようです。
ちょっと驚いたのは女性のファンも多いところ。
 
とにかく素晴らしいライヴです。
日本盤もリリースされていますがベラボウに高い!!!
輸入盤も日本盤と同じ仕様でDVDも日本のプレーヤーで再生可能ですし
日本盤の3分の1ほどの値段で買える輸入盤で買う方が懸命だと思います。
まぁインタビューを含むドキュメンタリー映像を字幕でしっかり観たい人は
日本盤で買うしかないと思いますが。
 
PRETTYMAIDS / IT COMES ALIVE~MAID IN SWITZERLAND~
Disc-1/CD
01.Pandemonium
02.I.N.V.U
03.Hell On High Heels
04.Wake Up To The Real World
05.Destination Paradise
06.Another Shot Of Your Love
07.Scream
08.Walk Away
09.It Comes At Night
10.Queen Of Dreams
11.Savage Heart
12.Clay
Disc-2/CD
01.Yellow Rain
02.Rock The House
03.Back To Back
04.Rodeo
05.Lovegames
06.Future World
07.Little Drops Of Heaven
08.Please Don't Leave Me
09.Red Hot And Heavy
10.Lethal Heroes (Bonus Track)
Disc-3/DVD
01.Pandemonium
02.I.N.V.U.
03.Hell On High Heels
04.Wake Up To The Real World
05.Destination Paradise
06.Another Shot Of Your Love
07.Scream
08.Walk Away
09.It Comes At Night
10.Queen Of Dreams
11.Savage Heart
12.Yellow Rain
13.Rock The House
14.Back To Back
15.Rodeo
16.Love Games
17.Future World
18.Little Drops Of Heaven
19.Please Don't Leave Me
20.Red Hot & Heavy
※ Rockumentary (incl. Backstage footage and interviews with the band)
FRONTIERS RECORDS (FR CDVD 546)

Back To Backのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BON JOVI /

2012年06月17日22:14:00














今日は『BON JOVI』のライヴ・アルバム
『ROCKIN' IN CLEVELAND 1984』を紹介します。

 
私のブログで『BON JOVI』を紹介するのは珍しいわけですが
意外にも好きなバンドだったりします。特に初期の頃が(^^;
そんな初期の『BON JOVI』のライヴ音源が聴けると言うことで購入しました。
 
FMでのライヴ音源と言うことで司会者らしき男性のMCも
そのまんま収録されていて、
それがちょっと鬱陶しかったりするのですが
デビュー間もない若々しい『BON JOVI』のライヴ音源を聴けるのは貴重です。
この頃のライヴを聴くとやはりあのSUPER ROCK '84を思い出しますね。
1stアルバムの〝Burning For Love〞以外のナンバー全て演奏しており
アルバム・ラストに『SLY & THE FAMILY STONE'S』の
〝 I want To Take You Higher〞のカバーを演奏しています。
って言うかそれなら〝Burning For Love〞を入れて(演奏して!?)おいてよ!
 
BON JOVI / ROCKIN' IN CLEVELAND 1984
01.Intro
02.Breakout
03.Come Back
04.Roulette
05.She Don t Know Me
06.Shot Through The Heart
07.Love Lies
08.Guitar Solo
09.Get Ready
10.Runaway
11.I want To Take You Higher
ALL ACCESS (AACD0103)

Runawayのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ALLEGAEON /

2012年06月14日22:58:00

 

 

 

 

 



今日はアメリカ出身『ALLEGEON』の2ndアルバム
『FORMSHIFTER』を紹介します。
 
昨年リリースした1stアルバムも好評だった『ALLEGEON』の
待望のニュー・アルバムです。
 
とにかくこのバンドもギタリストの卓越した超絶プレイが魅力のバンドで
アコースティック・ギター(それもクラシック・ギター)のソロをも延々を弾きまくる
完全にイングヴェイ系自己陶酔型(笑)のスタイルを踏襲しています。
 
基本的にはデス・メタルですが、このギタリストのおかげ(!?)で
さほどのブルータリティは感じることもなく、
ちょっと激しいメロ・デスと思っていいでしょう。
サウンド・プロダクションも至って良好、
先鋭研ぎ澄まされたサウンドが炸裂しています。
 
ALLEGEON /F0RMSHIFTER
01.Behold (God I Am)
02.Tartessos: The Hidden Xenocryst
03.A Path Disclosed
04.Twelve - Vals For The Legions
05.Iconic Images
06.The Azrael Trigger
07.From The Stars Death Came
08.Timeline Dissonance
09.Formshifter
10.Secrets Of The Sequence
METAL BLADE (3984-15093-2)

Iconic Imagesの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CYNIC /

2012年06月13日22:46:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身『CYNIC』の『THE PORTAL TAPES』を紹介します。
 
今も〝CYNIC的~〞と1つのジャンルとしてその音楽性を確立している
『CYNIC』の1994年デビューアルバム後突如の空中分解(!?)後
『CYNIC』のメンバーが中心となって『PORTAL』と言うバンド(プロジェクト)を
始動し、
その時のデモが『CYNIC』名義で正式にリリースされたのが
この『THE PORTAL TAPES』です。
 
女性ヴォーカルをフィーチャーしているところから『AGHORA』的なのか~!?と
思いきや、
そんなにメタルしていませんし、とてもアンビエントでサイケ色のある
幻想的なロックをプレイをしており、
70年代のプログレ好きの方なら
すんなり入り込めるサウンドではないでしょうか!?
楽曲的にもメランコリックなナンバーが多くて、いいアルバムだと思います。
 
『CYNIC』名義ですが『CYNIC』とは全くの別物と思った方がいいでしょう。
 
CYNIC / THE PORTAL TAPES
01. Endless Endeavors
02. Karma's Plight
03. Circle
04. Costumed in Grace
05. Cosmos
06. Crawl Above
07. Mirror Child
08. Road to You
09. Belong
10. Not the Same
SEASON OF MIST (SOM 257)

Road to Youの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SPAWN OF POSSESSION /

2012年06月12日22:58:00

 

 

 








今日はスウェーデン出身『SPAWN OF POSSESSION』の
3rdアルバム『INCURSO』を紹介します。

この3rdアルバムが日本デビュー盤となりました。

『DEEDS OF FLESH』のベース、『OBSCURA』のギター、
『INCAPACITY』のドラマーなどが参加している
だけはあって
超絶なるテクニカル・デスをプレイしています。
とは言え闇雲にテクニカルに走るだけではなく、北欧のバンドらしい
叙情性やドラマティック性もしっかり持ち合わせています。
 
それにしてもベースとギターの弾きっぷりには圧倒されます。
これだけ弾けたら別プロジェクトでプログレ・メタルなんかやって欲しい。
 
01.Abodement
02.Where Angels Go Demons Follow
03.Bodiless Sleeper
04.The Evangelist
05.Servitude Of Souls
06.Deus Avertat
07.Spiritual Deception
08.No Light Spared
09.Apparition
RELAPSE RECORDS (RR7184)

Where Angels Go Demons Followの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GOROD /

2012年06月11日23:25:00

 

 

 

 

 

 

 今日はフランス出身『GOROD』の4thアルバム
『A PERFECT ABSOLUTION』を紹介します。

 以前は違う名前だったそうで私はこのアルバムが初購入となりました。
メタル不毛の地(!?)とも思えるフランスにこんな素晴らしいテクニカルな
デス・メタル・バンドが存在したとは驚きです。
フランスと言えば『MISANTHROPE』をすぐ思い浮かべるわけですが
『GOROD』はモダンで一種カオティックなアプローチを感じ
メロディックでドラマティックな展開はプログレとも言える世界観を持っています。
加えてギタリストは超絶かつメロディックなフレーズを随所に弾き出しており
このバンドの最大の魅力と言えるでしょう。
 
アルバムには『OBSCURA』のギタリスト〝Christian Muenzner〞や
『THE FACELESS』のギタリスト〝Mike Keene〞がゲスト参加しています。
 
GORODA /  PERFECT ABSOLUTION
01.The Call To Redemption
02.Birds Of Sulphur
03.Sailing Into The Earth
04.Elements And Spirit
05.The Axe Of God
06.5000 At The Funeral
07.Carved In The Wind
08 Varangian Paradise
09.Tribute Of Blood
UNIQUE LEADER REOCORDS (ULR12029-2)

Elements And Spiritの音だけどうぞ


Elements And Spiritの演奏のみの映像もあります。
これだけ見てるとDREAM THEATER系のバンド!?と錯覚しそう。

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第3回放送

2012年06月10日22:20:00








































今日はROCK BOTTOMの第3回目の放送がありました。
今日は局のある逓信舎前の花しょうぶ通りは
アートフェスタ勝負市をやっていて
いつもは静かな花しょうぶ通りも今日はとても大勢の人でした。
今日は放送も3回目とあって操作もトークも今までで1番スムーズでした。
























オンエアリスト
01.NIGHTWISH / I Want My Tears Back
02.EVANESCENCE / What You Want
03.ALL ENDS / Close My Eyes
04.LIGHT BRINGER / noah
05.BABYMETAL / いいね!
06.SKE48 / パレオはエメラルド
07.AKB48 / 君のことが好きだから
08.きゃりーぱみゅぱみゅ / つけまつける
09.Perfume / FAKE IT

今日はいつもひっそりとオンエアしている場所も大勢の人が通り過ぎる状況で
オンエアする曲もそんな事情を考えソフトな曲を中心にかけました。
テーマは〝女性ヴォーカル〞でした。
AKB48総選挙のことも少し語れて満足です(^o^)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

押尾コータロー /

2012年06月09日23:12:00

 












今日は『押尾コータロー』のメジャー・デビュー10周年記念
ベスト・アルバム『10th Anniversary BEST』を紹介します。
 
押尾コータロー、メジャーデビュー10周年を記念してリリースされた
2枚組CD+DVDのベスト・アルバムです。
以前にもベスト・アルバムはリリースしていますが
今回のベスト・アルバムは単に今までの音源からセレクトしたベスト盤ではなく
リ・レコーディングされたナンバーが数多く収録しているところがポイントです。
新曲も2曲収録しており、
Disc-1をアッパー・サイドと言うことでテンポのいい曲中心に
Disc-2はバラード中心のバラード・サイドと分けて収録しています。
私個人としてはバラード・サイドの方が楽しめました。
メロディー・メーカーとしての押尾コータローの素晴らしさを再確認出来ました。 
 
ベスト盤と言うことで初めて聴くリスナーには持ってこいと言いたいところですが
これはファン向けへのベスト盤と言っていいでしょう。
もしコータローを初めて聴くリスナーであれば2006年リリースの
ベスト盤をお薦めします。

とにかく7月、10月のライヴが楽しみです。
 
押尾コータロー / 10th Anniversary BEST
Disc-1/CD Upper Side
01.翼 ~Hoping for the FUTURE~
02.HARD RAIN
03.RELATION!
04.Landscape
05.Over Drive
06.Fantasy!
07.Tension
08.PINK CANDY
09.太陽のダンス
10.TREASURE
11.Snappy!
12.HEART BEAT!
13.Big Blue Ocean
14.Jet
15.Rushin'
16.ファイト!

Disc-2/CD Ballade Side
01.MOTHER
02.黄昏
03.Merry Christmas Mr.Lawrence ~映画『戦場のメリークリスマス』より~
04.Misty Night
05.天使の日曜日
06.ナユタ
07.風の詩
08.DREAMING
09.オアシス
10.桜・咲くころ
11.日曜日のビール
12.木もれ陽
13.Earth Angel
14.ずっと...

Disc-3/DVD
01.Short Film〝MOTHER〞
02.MOTHER - Video Clip -
03.RELATION! - Video Clip -
SME RECORDS (SECL-1121~3) 

Tensionのライヴ映像をどうぞ




明日お昼の3時からfmGIGの番組の3回目の放送があります。
お時間のある方は聞いて下さい。
明日は特別放送!?

URL  
http://www.fm-gig.net/top.html

メッセージは radio@teishinsha.com

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

UFO /

2012年06月08日23:41:00















今日も『UFO』の5枚組ボックス・セット『THE CHRYSALIS YEARS
1980-1986』から
Disc-5を紹介します。
 
1983年その長い歴史にピリオドを打ったはずの『UFO』が復活、
新たなギターヒーロー〝アトミック・トミー・M〞をフィーチャーして
1985年ニューアルバム『MISDEMEANOR』をリリースします。
Disc-2はこの『MISDEMEANOR』全曲とシングルのB面〝The Chase〞と
リミックス音源3曲が収録されています。










 
 


ポール・チャップマン時代の『UFO』は正直言ってあまり好きでは
なかったわけですが、
復活のこの『UFO』のアルバムは
商業的には成功しなかったものの
アルバム自体の内容は個人的にはとてもお気に入りでした。
キーボードを全面に押し出したモダンなハード・ロックで
新加入のアトミック・トミー・Mのプレイも当時の時代を
象徴するかのような
フラッシーなプレイを披露していました。
 
新たなギターヒーローと言われましたがこのアルバムのみしか
在籍しませんでした。
そして『UFO』は再解散することになります。
 
UFO / THE CHRYSALIS YEARS 1980-1986
01.This Time
02.One Heart
03.Night Run
04.The Only Ones
05.Meanstreets
06.Name Of Love
07.Blue
08.Dream The Dream
09.Heaven's Gate
10.Wreckless
11.The Chase (b-side)
12.Night Run (b-side US Remix)
13.Heavens Gate (b-side US REMIX)
14.One Heart (b-side US Remix)
CHRYSALIS RECORDS (5099960255723)

Heaven's Gateのライヴ映像をどうぞ


そんなわけで昨年リリースのパート1とこのパート2を買えば
およそ『UFO』は把握出来るでしょう。
若いリスナーさんで『UFO』を聴こうと思っている方は
とりあえずこの2つのボックス・セットを買いましょう。
2つ買っても3000円くらいですから(^^;
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

UFO /

2012年06月07日23:26:00















今日も『UFO』の5枚組ボックス・セット『THE CHRYSALIS YEARS
1980-1986』から
Disc-4を紹介します。
 
Disc-4は1983年リリースのアルバム『MAKING CONTACT』の全曲と
〝When It's Time To Rock〞の7インチ・エディット・ヴァージョンと
B面の〝Everybody Knows〞と1983年のハマースミス・オデオンの
ライヴ音源5曲が収録されています。



 










『MAKING CONTACT』は前作で加入した〝ニール・カーター〞が
全曲に渡ってソングライティングに
参加した影響が色濃く出たアルバムで、
キーボード・サウンドを全面に押し出したポップな作品に仕上がっています。
確かにシェンカー時代からポップなサウンドはありましたが
もはやここで聴けるポップとは産業ロックとも形容出来るポップ感でした。
確かにニールの才能は素晴らしいものがありましたが
それは『UFO』に必要だったのか、疑問に残る部分もありました。
 
1983年のライヴ音源はそんなこととは無関係に
カッコいいライヴを聴かせてくれています。
 
UFO / THE CHRYSALIS YEARS 1980-1986
Disc-4
01.Blinded by a Lie
02.Diesel in the Dust
03.Fool for Love
04.You and Me
05.When It's Time to Rock
06.Way the Wild Wind Blows
07.Call My Name
08.All over You
09.No Getaway
10.Push, It's Love
11.Everybody Knows
12.When It's Time To Rock (7" Edit)
13.We Belong To The Night (Live At Hammersmith 1983)
14.Let It Rain (Live At Hammersmith 1983)
15.Couldn't Get It Right (Live At Hammersmith 1983)
16.Electric Phase (Live At Hammersmith 1983)
17.Doing It All For You (Live At Hammersmith 1983)
CHRYSALIS RECORDS (5099960255723)


When It's Time to Rockの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)