Warning: pg_exec(): Query failed: ERROR: function to_date(timestamp without time zone, unknown) does not exist LINE 1: SELECT to_date(ts_publish,'YYYY-MM-DD') FROM ai_infolist ^ HINT: No function matches the given name and argument types. You might need to add explicit type casts. in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 89

Warning: pg_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 90
ROCK BOTTOM :
Chekipon BLOG  
ログイン

DREAM THEATER at 愛知県立芸術劇場

2012年04月29日22:12:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 
























昨日は名古屋の愛知芸術劇場であった『DREAM THEATER』
のライヴに行ってきました。
 

『DREAM THEATER』を見るのは2006年〝OCTAVARIUM〞ツアーの
大阪公演を見た以来となるわけですが
今回は中心メンバーだった〝マイク・ポートノイ〞脱退後初の来日公演と言うことで
新加入の〝マイク・マンジーニ〞のプレイがどれほどのものかと言うのが
見に来たファンの最大の焦点だったと思います。
そしてどう言う経緯(背景)があったのか知りませんが
このツアーのオープニング・アクトにアコースティック・ギタリスト
〝アンディ・マッキー〞が起用されているところも興味があったところです。
果たしてあのライヴにアンディのことを知っているドリムシ・ファンは
どれくらい居るのか気になるところでしたが
オーディエンスのリアクションを見ている限りアンディのことを知っている人も
割りといたようですし、
少なくとも初めてアンディを見たであろうオーディエンスは
アンディのプレイに感心しきりでしたし、
彼を暖かく迎えていれてくれていたのは確かでした。
やはりテクニカルな音楽であるドリムシを愛聴しているファンには
アコギ1本とは言え惹きつけられるものがあったのでしょう。
まぁ欲を言えばカバー曲を1曲くらいプレイした方が更に盛り上がったと思います。
とにかく満足出来るアンディのプレイでした。
 
アンディの30分の演奏も終わりステージではドリムシのセット・チェンジが
慌ただしく行わました。
出現したマイク・マンジーニの屋台のように組まれたドラムセットは迫力満点。
そしてステージのバックドロップに3つの菱形のスクリーンにアニメーションが
映し出されいよいよライヴの開始です。
 
セットリスト
01.Bridges in the Sky
02.6:00
03.Build Me Up, Break Me Down
04.Surrounded
05.The Root of All Evil
06.Drum Solo
07.A Fortune in Lies
08.Outcry
09.The Silent Man
10.Beneath the Surface
11.On the Backs of Angels
12.War Inside My Head
13.The Test That Stumped Them All
14.The Spirit Carries On
15.Breaking All Illusions
encore
16.Pull Me Under
 
そんなわけでマンジーニは素晴らしいドラマーでした。
ポートノイの居ないドリムシなんて!、と言う心配は一切御無用のプレイでした。
ライヴの方は勿論素晴らしいものでした。
ドリムシのライヴがツマラナイわけがありません。
そんなことはPAが悪かったかジャイムス・ラブリエの声が出てなかったと
言うことくらいしかないわけで、少なく
とも音は良かったですし、
ジェイムスの声もとてもよく出ていました。
 
『DREAM THEATER』は素晴らしい。
プログレ・メタル界の大御所はやはり一味も二味も違いました。
 
余談ですが開場10分前くらいにホールの前の公園に
何と~〝ジョーダン・ルーデス〞が散歩しているとこを遭遇。
そこに居たドリムシ・ファンに囲まれ、にわか写真撮影会・握手会になりました。
まぁオープニング・アクトのアンディの出番とかも考えればバンドの出番までは
1時間以上もあるわけですが、まさかあの時間にあんなところに居るとは驚きました。
因みにジョーダンはとても気さくでいい人でした!































Breaking All Illusionsのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

UFO /

2012年04月27日23:45:00


















今日はイギリス出身の『UFO』のライヴ・DVD『LIVE FROM LONDON』
(ミスディミーナー・ライヴ・1985~アトミック・トミーM登場)を紹介します。
 
1983年に解散してしまった『UFO』が2年後に再結成し
アルバム『MISDEMEANOUR』をリリース、
そのアルバムに伴うツアーの11月28日オックスフォードでのライヴ映像です。
以前にビデオ発売されていたものが待望のDVD化となりました。

このライヴのラインナップは
Vo.        フィル・モグ
G.&Key. ポール・レイモンド
B.          ポール・グレイ
Dr.        ジム・シンプソン
G.         アトミック・トミー・M  です。

マイケルやポール・チャップマン時代とは全く違う『UFO』が見れるわけで
やはりそれは新加入のトミー・マクレンドンのギタープレイに他ならないでしょう。
時代背景的にLAメタル全盛期と言うことで
トミーのプレイもそのタイプのフラッシーなスタイルを踏襲しています。
 
まぁ貴重な映像と言えるわけですが、あくまでもマニア向けと言えるでしょう。

UFO / LIVE FROM LONDON
01.Heaven's Gate
02.The Chase
03.This Time
04.Meanstreets
05.Name of Love
06.The Only Ones
07.Wreckless
08.Night Run
09.Only You Can Rock Me
10.Doctor Doctor
THE STORE FOR MUSIC (VQBD-10081)

Doctor Doctorのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DRAGONFORCE /

2012年04月26日23:29:00















今日はイギリス出身の『DRAGONFORCE』の5thアルバム
『THE POWER WITHIN』を紹介します。
 
新加入のヴォーカリスト〝マーク・ハドソン〞第一弾となる
約3年ぶりとなるニュー・アルバムです。
マークの声は「これは凄い!」と言うほどのものではないですが
バンドのサウンドに合った及第点のヴォーカリストだと思います。
サウンドも彼らのスピード・メタル路線は従来通りで
若干楽曲は全体的にコンパクトになった印象があり
いい意味で聴きやすいアルバムに仕上がったと思います。
 
速いだけはない楽曲の良さが彼らの魅力ですし
それはギター・ソロにも言えることで、
キャッチーなギター・ソロも彼らの最大の武器とも思います。
 
DRAGONFORCE / THE POWER WITHIN
01.Holding On
02.Fallen World
03.Cry Thunder
04.Give Me The Night
05.Wings Of Liberty
06.Seasons
07.Heart Of The Storm
08.Die By The Sword
09.Last Man Stands
10.Seasons (Acoustic Version)
ROADRUNNER RECORDS (1686-177102)

Cry ThunderのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

JAMES GANG /

2012年04月25日22:56:00















今日はアメリカ出身の『JAMES GANG』の6thアルバム
『BANG』を紹介します。
 
オリジナルは1973年にリリースで、2009年のCD化の作品で
こちらも500円で購入しました。
 
『JAMES GANG』と言えば後に『EAGLES』に加入する〝ジョー・ウォルシュ〞が
在籍していたことで有名なバンドで、
他に『GUESS WHO』に加入する〝ドメニク・トロイアーノ〞などが居ますが
やはり私にとっては〝トミー・ボーリン〞が在籍していたバンドとして
印象が強いバンドです。
パープルでボーリンを知って『JAMES GANG』と言うバンドを知るわけで
結局その後ボーリンのソロ・アルバムは買いましましたが
『JAMES GANG』のアルバムを買う機会がなかったわけで
今回長い人生で初めての『JAMES GANG』のアルバム購入となりました。

このアルバムで聴ける『JAMES GANG』のサウンドは
ファンキーなアメリカン・ロックと言う感じで
とりわけ
新加入したばかりとは思えない、ボーリンの才能溢れるギタープレイが
冴える素晴らしいアルバムです。
ラストのナンバーはストリングスを大きくフィーチャーする
6分にも及ぶ大作です。
ボーリンのプレイはその後パープルの『COME TASTE THE BAND』で聴ける
スタイルやアイデアの片鱗も随所に聴くことが出来ます。

やはりボーリンは素晴らしいギタリストです。
 
JAMES GANG / BANG
01.Standing in the Rain
02.Devil Is Singing Our Song
03.Must Be Love
04.Alexis
05.Ride the Wind
06.Got No Time or Trouble
07.Rather Be Alone With You [Aka Song for Dale]
08.From Another Time
09.Mystery
ATCO (7037-2) 

Standing in the Rainの音だけどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ラジオ始めます

2012年04月25日00:09:00

 

 

 

京都に本局があるインターネット・ラジオ〝fmGIG〞が
この春に滋賀の彦根に彦根支局を開設し
来月5月から第2第4の日曜お昼の3時から1時間、
番組を担当することなりました。
今日概要だけが決まっただけですので、
今後変更事項もあるとは思いますが
とりあえず5月13日の日曜お昼の3時から第1回目の放送があります。

まぁ普段はしがないサラリーマンですし、
DJと言う仕事はズブの素人ですので
聞き苦しい点が多いとは思いますが、
その代わりに曲はガンガンかけていきたいと思っています。

どれだけ続けられるか分かりませんが、
とりあえず発表だけさせて頂きました。

インターネット・ラジオですので、
ネットの環境がある場所ならどこでも聞けます。
勿論スマフォでも聞けます。

因みに番組名はそのまんま
〝アナログ・キッド〞の『ROCK BOTTOM』です。
まぁ日曜のお昼には場違いな感じもするんですけど(^^;

 

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

IT BITES /

2012年04月21日22:45:00















今日はイギリス出身の『IT BITES』のライヴ・アルバム
『LIVE IN MONTREUX』を紹介します。
 
2005年にリリースされていたもので、
こちらも500円で売ってたので購入しました。
 
1曲目から9曲目までは1987年スイスはモントレーでのライヴ音源
10曲目だけがロンドンでのライヴ音源です。
1stと2ndをリリースしかしていない時代の『IT BITES』と言うことで
いわゆる黄金期のライヴと言うことで叙情性たっぷりでテクニカルな
演奏が堪能出来る
素晴らしいライヴ・アルバムです。
音質も至って良好!
彼らはやはり本物のライヴバンドでした!
 
IT BITES / LIVE IN MONTREUX
01.Fanfare
02.Turn Me Loose
03.All In Red
04.Black December
05.Never Go To Heaven
06.Yellow Christian
07.Screaming On The Beaches
08.Calling All The Heroes
09.I Got You
10.Once Around The World

Yellow Christianのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SUZI QUATRO /

2012年04月18日23:11:00















今日はアメリカ出身の『SUZI QUATRO』の1999年リリースの
ベスト・アルバム『GREATEST HITS』を紹介します。
 
こちらも500円で売ってたので購入しました。
 
当時日本のメディア(テレビ)に登場していて
おそらく私が初めて遭遇した女性外国人ハード・ロック・ミュージシャンです。
 
黒の皮のツナギのファスナーを胸元まで開け
小柄な体型で大きなベースを弾きながら歌う姿が
少年の私には衝撃的でカッコ良かったのを覚えています。
まぁ今ならアヴリル・ラヴィーン級の人気があったと思います。
 
サウンドはロックン・ロール系、グラム・ロック系な曲調が多くて
そのノリの良さと何よりパワフルヴォーカルが魅力です。
今更ながらこんなに凄かったっけ!?と驚いています。
 
モトリー・クルーなんかを愛聴しているリスナーさんなら気にいるでしょう。
 
SUZI QUATRO / GREATEST HITS
01.Can The Can
02.48 Crash
03.Daytona Demon
04.Devil Gate Drive
05.Too Big
06.The Wild One
07.Your Mama Won't Like Me
08.I Bit Off MoreThan I Could Chew
09.I May Be Too Young
10.Tear Me Apart
11.Roxy Roller
12.If You Can't Give Me Love
13.The Race Is On
14.She's In Love With You
15.Mama’s Boy
16.I've Never Been In Love
17.Rolling Stone
18.All Shook Up
19.Keep A Knockin'
20.Wake Up Little Susie
EMI RECORDS (7243 4 99506 2 7)

Can The Canのスタジオ・パフォーマンスをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

PAT TRAVERS BAND /

2012年04月17日23:23:00















今日はカナダ出身のギタリスト『PAT TRAVERS BAND』の1979年リリースの
ライヴ・
アルバム『LIVE! GOR FOR WHAT YOU KNOW』を紹介します。

何で今頃!?と思われる方も居るでしょうが
単純に持ってなかったのだ~!
ちょうど500円で売ってたから買ったのさ~!!!

まぁこのアルバムを聴いたことなくっても
このジャケは知っている人は多いと思います。
私も学生時代にこのジャケだけはしっかり覚えています。
そして何十年の月日が過ぎてその全貌が明らかになりました。

いや~、噂通りの豪快なファンキーなハード・ロックが展開されています。
カッコいいったらありゃしない~!!!
パット・トラヴァーズのギター・プレイは言うまでもなく
もう1人のギタリストパット・スロールも素晴らしい!
とりわけドラマーはトミー・アルドリッヂです。

時代背景的にトミー・ボーリンに肉薄するファンキー系ギタリストと言う感じで、
2012年に聴いても全く古さは感じさせません!

ライヴの名盤の1枚であることは間違いないでしょう。
8曲だけじゃ物足らない!

PAT TRAVERS BAND / LIVE! GOR FOR WHAT YOU KNOW
01.Hooked On Music
02.Gettin' Betta
03.Go All Night
04.Boom Boom (Out Go The Lights)
05.Stevie
06.Makin' Magic
07.Heat In The Street
08.Makes No Difference
POLYDOR RECORDS (841 904 2)

Makin' Magicのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

STAMPEDE /

2012年04月14日22:36:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『STAMPEDE』のライヴ・アルバム
『THE OFFICIAL BOOTLEG』を紹介します。
 
NWOBHMのムーブメントの中で伝説的なバンドとしてその名を残した
『STAMPEDE』の1982年にリリースしたデビュー・アルバムです。
当時は日本盤はリリースされておらず、
2008年にリリースされたCD(輸入盤)が800円だったので購入しました。

タイトル通りブート並の音質ながらもタイトでワイルドな
ライヴ・パフォーマンスを聞かせてくれています。
サウンド的には『UFO』や『THIN LIZZY』を彷彿とさせる部分が
かなりあるわけで、
そう言った背景からかその後バンドのギタリスト
〝ローレンス・アーチャー〞はフィル・ライノットとGLAND SLAM』を
結成したり『UFO』に加入したことは有名な話です。
 
STAMPEDE / THE OFFICIAL BOOTLEG
01.Missing You 
02.Moving On
03.Days of Wine and Roses 
04.Hurricane Town 
05.Shadows of the Night 
06.Baby Driver 
07.The Runner 
08.There and Back
09.Days of Wine and Roses (12' EP VERSION)
10.Photographs (12' EP VERSION)
11.Moving On
(12' EP VERSION)
12.Missing You (12' EP VERSION)
Krescendo Records (KRECD47)

Days of Wine and Rosesのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

LIGHT BRINGER /

2012年04月13日23:24:00















今日は日本の『LIGHT BRINGER』のメジャー・デビュー・アルバム
『GENESIS』(完全限定プレス版)を紹介します。
 
昨今女性アイドル系メタル・バンドがちょっとしたブーム
みたいなっているようで、
全くその系には興味のない私ですが、
ちょっとこんなCDを購入してみました。
 
ルックスはアイドルチックな女性ヴォーカルもなかなかパワフルで
伸びやかな声質をしていて、
聴いてきてとても爽快な気分になれます。
バックを支えるメンバー達の演奏力も高いものがあり、
楽曲もどれもキャッチーで全体的にはシンフォニック系の
メロパワと言えるでしょうか。
 
確かにいいアルバムです。
しかし、何かアニメ・ソングのアルバムでも聴いているかのような
印象もあるのも事実で、中川翔子がヴォーカルでも違和感がないかも。
個人的には〝炎の王女〞が気に入りました。

J-POPとして聴いた場合には優れたアルバムではないでしょうか!?
 
LIGHT BRINGER / GENESIS
Disc-1/CD
01.創世(Instrumental)     
02.ark                           
03.noah                        
04.merrymaker                
05.Babel                        
06.カルンシュタインの系譜  
07.Just kidding!               
08.光の王女                   
09.espoir                       
10.風                            
11.Love you ♡               
Disc-2/DVD
01.「noah 」Music Video
02.「genesis」 Special Movie
03.Making of 「noah 」Music Video
KING RECORDS (KICS-91735)

noahのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)