Chekipon BLOG  
ログイン

REDEMPTION /

2011年12月17日23:18:00















 今日はアメリカ出身『REDEMPTION』の5thアルバム
『THIS MORTAL COIL』(LIMITED EDITION)を紹介します。
 
以前から名前はよく聞いてたのですが
この5thアルバムにして初購入となりました。
評判通りの上質のプログレ・メタルをプレイしています。
ヘヴィでメロディックでテクニカルでドラマティックな展開は
まさしくDREAM THEATERの直下型おプログレ・メタルです。
ギターのテクニシャンぶりやそれに付随するキーボードも聴き応えがあり
素晴らしいサウンドなんですが、ヴォーカルが弱い気がします。
この音庄ならもう少しパワフルなヴォーカリストを起用して欲しい。
 
Disc-2にはカバー・ソングが収録されており
『UFO』の〝Love To Love〞がこんなにハマるとは
ちょっと意外でした。
 
REDEMPTION / THIS MORTAL COIL
Disc-1
01.Path Of The Wirlwind 
02.Blink Of An Eye
03.No Tickets To The Funeral
04.Dreams From The Pit 
05.Noonday Devil 
06.Let It Rain 
07.Focus 
08.Perfect 
09.Begin Again 
10.Stronger Than Death 
11.Departure Of The Pale Horse  
Disc-2
01.Funeral For A Friend/Love Lies Bleeding - Originally by Elton John 
02.Jane - Originally by Starship 
03.Hold The Line - Originally by Toto 
04.Edge Of The Blade - Originally by Journey 
05.Love To Love - Originally by UFO 
06.Precious Things - Originally by Tori Amos 
INSIDE OUT (0565-2)

Path Of The Wirlwindの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

筋肉少女帯 /

2011年12月15日23:06:00



















今日は日本の『筋肉少女帯』のライヴDVD
『筋肉少女帯 st 武道館』を紹介します。
 
まだまだ続く半額セール(^^;
このライヴも当時VHSで持っていて今回のセールで即購入しました。
画質は当時からそう良くはなかったわけで、DVDになったとは言え
画質自体は変わりありません。
とは言え筋肉少女帯の黄金期(!?)のライヴ映像が見れると言うことで
筋肉少女帯ファンとしては持っておきたいアイテムです。
 
今作品はDVD化に伴ってボーナス映像が
追加収録されているところがポイントです。
画質はあまりよくありませんが、
熱いライヴ・パフォーマンスが堪能出来ます。
一度手を上げたら下ろせないくらいのギューギューの会場の
オーディエンスの熱気は実に壮観です。
 
筋肉少女帯 / 筋肉少女帯 at 武道館
01.パノラマ島へ帰る
02.サンフランシスコ
03.最期の遠足
04.電波Boogie
05.ビッキー・ホリディの唄
06.月とテブクロ
07.詩人オウムの世界
08.これでいいのだ
09.釈迦
10.元祖 高木ブー伝説
11.Picnic At Fire Mountain~Dream On James,You're Winning~
12.GO!GO!GO!Hiking Bus~Casino Royal~
13.日本印度化計画
14.お別れの日(Instrumental)
特別映像
〈1990.12.13:月光蟲ツアーSPECIAL(NISSIN POWER STATION)〉
01.風車男ルリヲ
02.僕の宗教へようこそ
03.デコイとクレーター
04.サボテンとバントライン
05.サンフランシスコ
06.少女の王国,建国前に崩壊
07.背中を叩け!
〈1992.1.18:筋少ちゃん祭り Vol.1 復活の日(NISSIN POWER STATION)〉
01.福耳の子供(
02.氷の世界
03.少年,グリグリメガネを拾う
04.詩人オウムの世界
05.釈迦(パートチェンジ・ヴァージョン)
〈1992.3.22:筋少ちゃん祭り Vol.3 筋少の大車輪(NISSIN POWER STATION)〉
01.少女の王国
02.星の夜のボート
03.日本の米
04.踊るダメ人間
05.オーケンのダラダラMC
TOY'S FACTORY (TFBQ-18085)

サンフランシスコ のライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BOREALIS /

2011年12月14日23:38:00















今日はカナダ出身『BOREALIS』の2ndアルバム
『FALL FROM GRACE』を紹介します。
 
今日も半額セール商品です(^^;
LION MUSICからのバンドと言うことでプログレ・メタルかと思いきや
ちょっと一口では表現出来ないボーダーレスなバンドです。
アルバムをトップを飾る曲なんてデス声ではないにしろ
完全にメロ・デスですし,、
この路線か~と思っていたら
その後はパワフルでプログレッシヴな要素を巧みにフィーチャーする
メロディック・メタルを聴かせてくれています。
ヴォーカリストのパワフルに歌い上げる歌唱もこのサウンドにマッチし
伝統美溢れるメタル・サウンドを踏襲しながらも
モダンなテイストを上手く消化する素晴らしいバンドです。
 
ジャケットのアートワークも素晴らしい。
 
BOREALIS / FALL FROM GRACE
01.Finest Hour
02.Words I Failed To Say
03.Fall From Grace
04.Where We Started
05.Breaking The Curse
06.Regeneration
07.Watch The World Collapse
08.Take You Over
09.Forgotten Forever
10.From The Fading Scream
11.The Afterlife
LION MUSIC (LMC301)

Where We StartedのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

TURISAS /

2011年12月13日23:28:00















今日はフィンランド出身『TRISAS』の3rdアルバム
『STAND UP AND FIGHT』(DVD付き初回限定盤)を紹介します。
 
昨年のラウドパーク2010で初めて彼等のライヴを見て
それまで全く彼らのアルバムも聴いたこともなく、
それどこころかその存在すら知らず
ラウドパークでも海のものとも山のものとも
分からない状態で彼等のパフォーマンスを見たわけですが、
ビジュアル通りの正統派ヴァイキング・メタル・サウンドで、
素晴らしいパフォーマンスでした。

そして今年2月に彼等の3rdアルバムがリリースされ
買おうか悩んだ結果その時はスルーしたのですが
この度半額セールで発見したので購入した次第です。
 
メロディックかつドラマティックに構築されるメタル・サウンドに
仰々しいまでのシンフォニックなアレンジが全編に渡って
繰り広げられているわけで
そのモチーフとなるものは確かにヴァイキング・メタルなのでしょうが
やってることは正統派のシンフォニック・メタルです。
オーケストラとのコラボレーションと言えるサウンドかも知れません。
 
4曲のボーナス・トラックにはカバー曲
『BONEY M』『BLACK SABBATH』『JETHRO TULL』の3曲収録されています。
『BONEY M』の〝怪僧ラスプーチン〞って、懐かしい~!!!
『TRISAS』にピッタリの選曲です(^o^)
〝ジンギスカン〞もやったら馬鹿ウケ間違いなし!
 
DVD映像はアコースティックで、メンバーはノーメイクです(^^;
 
TRISAS / STAND UP AND FIGHT
01.The March Of The Varangian Guard
02.Take The Day!
03.Hunting Pirates
04.Venetoi! - Prasinoi!
05.Stand Up And Fight
06.The Great Escape
07.Fear The Fear
08.End Of An Empire
09.The Bosphorus Freezes Over
10.Battle Metal 2008 [Bonus Track]
11.Rasrutin [Bonus Track]
12.Supernaut [Bonus Track]
13.Broadsword [Bonus Track]
Disc-2/DVD (Acoustic Jam Sessions)
01.The March Of The Varangian Guard
02.Stand Up And Fight
03.To Holmgard And Beyond
VICTOR (VIZP-101)

Stand Up And FightのPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KANSAS /

2011年12月12日23:12:00



















今日はアメリカ出身の『KANSAS』のライヴDVD
『LIVE CONFESSIONS』を紹介します。
 
過去にビデオでリリースされていたものが2009年DVD化されたもので
こちらも半額だったの購入してみました。
まぁ輸入盤ですし、元の値段が店によって定まってないので、
一概に半額だからと言って安かったとは言い切れないかも知れませんが。
 
1982年のアルバム『VINYL CONFESSIONS』に伴う全米ツアーの模様を
収録したもので、
もう〝スティーヴ・ウォルッシュ〞は脱退しており
〝ジョン・エレファンテ〞加入後のライヴです。
この時代になると『KANSAS』もかなりシンフォニックなイメージが薄れて
ハード・ロック然としたスタイルへとシフトしています。
サポートメンバーはキーボード以外にサックスやフルートや
ハーモニカなどもプレイしており
いい意味で大衆的なサウンドへのアプローチを強く感じます。
ジョン・エレファンテのヴォーカルもとても素晴らしく
バンドも若さ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスを披露しています。
 
音質はそう悪くはないものの画質の方はかなり悪いと言わざるを得ません。
 
KANSAS / LIVE CONFESSIONS
01.Paradox
02.Windows
03.Right away
04.Sparks of the Tempest
05.Diamonds and Pearls
06.Mysteries and Mayhem
07.No One Together
08.Hold on
09.Dust in the Wind
10.Chasins Shadow
11.Crossfire
12.Face It
13.Play the Game Tonight
14.Carry on Wayward Son
15.Portrait (He Knew)
16.Down the Roa
SHOWTIME MOVIES & MUSIC (SHOW022-9)

Play the Game Tonightのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

筋肉少女帯 /

2011年12月11日23:15:00



















今日は日本の『筋肉少女帯』のライヴ&ミュージック・ビデオ・DVD
『三年殺し&KIN-SHOWの大残酷』を紹介します。
 
これも半額だったので購入したDVDです。
過去にリリースされていた『三年殺し』と『筋少の大残酷』と
特別収録映像や未発表PVを収録したDVDです。
私は当時『三年殺し』のレーザー・ディスクだけ持っていましたし、
この時代の筋肉少女帯が好きでした。
パワー・メタル的でしたし、QUEEN的なプログレッシヴな要素も
持っていましたし、
大槻ケンヂのヴォーカルスタイルはともかくとして、
サウンドはかなり高度なものを持っていました。
 
ライヴ映像も使われていますし、筋肉少女帯のファンは勿論、
筋肉少女帯初体験の人にもいいDVDだと思います。
 
筋肉少女帯 / 三年殺し&KIN-SHOWの大残酷
◆「三年殺し」より
01.イワンのばか(Live Version)
02.釈迦(PV)
03.キノコパワー(PV)
04.夜歩くプラネタリウム人間(Live Version)
05.日本印度化計画(PV)
06.元祖 高木ブー伝説(PV)
07.サボテンとバントライン(PV)
08.僕の宗教へようこそ(PV)
09.踊るダメ人間(PV)
10.これでいいのだ(Live Version)
◆「筋少の大残酷」より
11.モーレツア太郎(Live Version)
12.釈迦(PV完全版)
◆特別収録映像 Promotion Video
13.氷の世界(PV)
14.君よ!俺で変われ!(PV)
15.暴いておやりよ ドルバッキー(PV)
16.じーさんはいい塩梅(PV)
17.踊るダメ人間(Live Only Version)
18.踊るダメ人間(2面合成 Version)
19.大釈迦(PV)
TOY'S FACTORY (TFBQ-18102)
 
日本印度化計画のPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

EARTHSHAKER /

2011年12月10日23:02:00



















今日は日本の『EARTHSHAKER』のライヴ&ミュージック・ビデオ・DVD
『NEXUS YEARS』を紹介します。
 
過去にリリースされていたビデオ3作品を1本のDVDに纏めたDVDで
2008年にリリースされていたものが半額で販売されていたので購入しました。
私は全て初めて見るものばかりでしたが、
時代を感じる内容で少々笑ってしまうシーンもありました(^^;
 
純然たるライヴ映像は最初の84年のライヴさだけで
今も昔も変わらない素晴らしいシャラのプレイが堪能出来ます。
7曲だけでは少しもの足りない気がします。
 
そして笑わしてくれるMIDNIGHT FLIGHTのPV集です(^^;
正直言ってどれもこれもカラオケ映像を見ているような内容で
低予算で制作した感のPVばかりです。
まだ作らせただけでも凄かったのかも知れませんが。
とりわけ若かりしの伊藤政則氏も登場しています。
 
PASSIONのPV集はやっとPVらしくなった内容で
3rdアルバムが予想以上に売れたので
レコード会社も少し予算を出してくれた
と言ったところでしょうか!?
 
まぁマニア向けのDVDと言うことになるでしょう。
今、メンバーが見たら恥ずかしくて見れないかも!?
 
EARTHSHAKER /  NEXUS YEARS
■「EARTHSHAKER ON TOUR '84 "FUGITIVE"」
01.モア
02.ヤング・ガールズ
03.記憶の中
04.フュージティヴ
05.マリオネット 
06.ライヴ・ミー・クレイジー 
07.ウォール 
<エンディング>ファミリー
(1984年3月18日 渋谷公会堂(現CCレモンホール)でのコンサート収録)
■「ミッドナイト・フライト」
01.ラジオ・マジック
02.T-O-K-Y-O
03.ざわめく時へと
04.ヤング・ガールズ
05.シャイニー・デイ
06.ミッドナイト・フライト
07.モア 
08.マネー 
09.ファミリー 
10.ただ悲しく
11.失われた7224
(ミュージック・ビデオ集)
■「PASSION THE MOVIE」
オープニング~タイトル(BGM) カモン
01.ザ・ナイト・ウィ・ハッド 
02.ウィスキー・アンド・ウーマン 
03.ヘヴィ・ダンス 
04.カモン 
05.ありがとう君に
(ミュージック・ビデオ集)
KING RECORDS (KIBM184)

Come OnのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

JUDAS PRIEST /

2011年12月09日23:18:00




















今日はイギリス出身『JUDAS PRIEST』のドキュメンタリーDVD
『CLASSIC ALBUMS/BRITISH STEEL』を紹介します。
 
1980年にリリースした『BRITISH STEEL』の2001年にリリースされた
オフィシャル・ドキュメンタリー・ビデオで
2010年に期間生産限定の廉価版としてリリースされたものが、
某所で更に半額になっていたので購入しました。
このシリーズは色々とリリースされていて興味のあるものが多いのですが
如何せんドキュメンタリーだけに字幕スーパーがないと全く理解出来ません。
輸入盤は安いですが字幕スーパーはないですし、
だからと言って高い国内盤を買うほどでもなかったりするので
よほどのバンド(内容)でなければ国内盤は買わないわけですが
安くなって更に半額となれば買いです。
 
メンバー全員と当時メンバーではなかったスコット・トラヴィスや
プロデューサーのトム・アロムのインタビュー映像が収録されているわけで、
当時のレコーディングの模様を詳しく説明してくれています。
曲によってはK,K,ダウニングとグレン・ティプトンが
デモンストレーション演奏もしてくれてたりもします。

JUDAS PRIESTファンは当然のこと、
一般のメタル・ファンも見る価値ありのDVDです。 

JUDAS PRIEST / CLASSIC ALBUMS/BRITISH STEEL 
01.Introduction
02.Breaking The Law
03.United
04.Metal God
05.The Rage
06.Grinder
07.Living After Midnight
BONUS
01.Rock In Rio(1991):Grinder
02.Promo:Living After Midnight
03.Promo:Breaking The Law
04.Extra Track:Rapid Fire
05.Extra Interview:Scott Travis(Drums)
06.Extended Interview1:Ealry Gigs
07.Extended Interview2:Naming of Album/Artwork
08.Extended Interview3:White Room Story(Tittonhurst Park)
09.Extended Interview4:Rock'n'Roll Stories
YAMAHA MUSIC (YMBZ10099)

迷作Breaking The LawのPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ANDROMEDA /

2011年12月07日22:31:00















今日はスウェーデン出身『ANDROMEDA』の5thアルバム
『MANIFEST TYRANNY』を紹介します。
 
約3年ぶりとなる待望のニュー・アルバムです。
3年も空いてしまうと「解散してしまったのか!?」と
心配してしまうわけで、
今年デビューしたイギリス出身の
『LOST IN THOUGHT』と同じINNER WOUNDに移籍し、
メンバーもベーシストのメンバー・チェンジはあったものの
その他のメンバーは同じラインナップで制作されています。
 
衝撃のデビュー・アルバムから既に10年も経過しているわけで
前作から3年も経っているとサウンドに大きな変化があるんじゃない
か!?と心配でしたが、
そんな心配はご無用な従来通りの
高度なプログレ・メタルを聴かせてくれています。
畳み掛けるドラミングとメロディックでテクニカルなギター・ソロを
フィーチャーするスタイルは
まさしくドリムシ系プログレ・メタルの
王道と言えるサウンドで、
アグレッシヴなスタイルの中にも4曲目の〝Survival of the Richest〞
のような哀愁のあるキャッチーなナンバーや

9曲目〝Go back to Sleep〞の純然たるバラードを配置するなど
アルバム全体を通して聞かせどころのツボをしっかり抑えた
構成になっています。
 
個人的にはラスト・ナンバーの〝Antidole〞のような北欧のバンドらしい
キャッチーさのある
ドラマティックなプログレ・メタル・ナンバーが
このアルバムのハイライトのような気がするわけで
この路線をメインに次作を制作するならとんでもないアルバムが
出来るのではないかと思ってしまいます。
 
同郷の『SEVENTH WONDER』にかなり水を開けられた印象のあった
『ANDROMEDA』でしたが、
10年目にして彼らの代表作とも言える名盤を
リリースしたと言えるのではないでしょうか。
これってまさか日本盤が出ないってことないですよね!?
 
ANDROMEDA / MANIFEST TYRANNY
01.Preemptive Strike
02.Lies ’R’ Us
03.Stay Unaware
04.Survival of the Richest
05.False Flag
06.Chosen by God
07.Asylum
08.Play Dead
09.Go back to Sleep
10.Antidote
INNER WOUND (IW83015)

Preemptive StrikeのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OZZY OSBOURNE /

2011年12月06日23:19:00















今日は『OZZY OSBOURNE』の『BLIZZARD OF OZZ / DIARY OF A MADMAN 30周年記念ボックス~ランディ・イヤーズ~』を紹介します。



























今年はランディ・ローズが死んで30年と言うことで
春にリリース
30周年記念として『BLIZZARD OF OZZ』『DIARY OF A MADMAN』の
記念アルバムがリリースされたわけですが、
そのアルバムにDVDを加えたボックス・セットが生産限定でリリースされました。
因みに現在は販売は終了しています。
 
何枚1stアルバムと2ndアルバムを買わせたら気が済むねん!と思っている
オジー・ファンも多いと思いますが、
私もアナログ盤を含めると
これで4枚目となります。
まぁそこまでして9999円もするボックス・セットを買
ってしまうのか!??
やはりDVDの存在に他ならないわけです。
生きているランディの姿が見れるとなれば、
他のCDがももいろクローバーZであろうと買います(^o^)
 
そんなわけでDisc-1からDisc-3は今年発売された30周年記念盤と同じです。
そしてDisc-4のDVDはオジーや関係者のインタビュー映像が40分程あり、
ザック・ワイルドがランディのプレイを実際にプレイするシーンもあります。
そしてお目当てのランディの秘蔵映像を含むコンテンツが
当時のオジーのインタビュー映像も含め約70分程の収録されています。
パラディウムのライヴ映像はかなり画像は醜く編集もフェイドアウトだったりで
いいとは言えません。
そして有名なAFTER HOURSの映像ですが私はフルで初めて見ましたが
やはりこの映像が生きているランディの姿を最もクリアに見れる映像でしょう。
Suicide Solutionで音を外してしまって苦笑いするランディが可愛いです。
アルバカーキーの映像はパラディウムよりはまだ良好で
まさかこの約2ヶ月後にランディが死ぬとは誰も想像していなかったでしょう。
 
そんなわけで高い買い物でしたが、ランディの為なら仕方ありません。
そしてこのDVDを見て、もしランディが生きていたとしても
オジーのバンドには長くは居なかったような気がしました。
 
伝説の白き炎のギタリスト、ランディ・ローズよ永遠なり!!!
 
Disc-1/CD
01.I Don t Know
02.Crazy Train
03.Goodbye To Romance
04.Dee
05.Suicide Solution
06.Mr. Crowley
07.No Bone Movies
08.Revelation (Mother Earth)
09.Steal Away (The Night)
10.You Looking At Me, Looking At You (Non-LP B-Side) [Bonus Track]
11.Goodbye To Romance (2010 Guitar & Vocal Mix) [Bonus Track]
12.RR [Bonus Track]
 
Disc-2/CD
01.I Don't Know
02.Crazy Train
03.Believer
04.Mr. Crowley
05.Flying High Again
06.Revelation (Mother Earth)
07.Steal Away (The Night)
08.Suicide Solution
09.Iron Man
10.Children Of The Grave
11.Paranoid
 
Disc-1/CD
01.Over The Mountain
02.Flying High Again
03.You Can't Kill Rock And Roll
04.Believer
05.Little Dolls
06.Tonight
07.S.A.T.O. 
08.Diary Of A Madman
 
Disc-2/DVD
THIRTY YEARS AFTER THE BLIZZARD
ADDITIONAL DVD CONTENT
※ MTV INTERVIEW
※ THE PALLADIUM (5/2/81)
     01.I Don't Know
     02.Crazy Train
     03.Believer
     04.Mr.Crowley
     05.Mr.Crowley, Flying High Again
     06,Revelation (Mother Earth)
     07.Revelation (Mother Earth), Steal Away (The Night
     07.No Bone Movies, Suicide Solution
     08.Suicide Solution, Iron Man
     09.Paranoid
※ MTV INTERVIEW 
※ AFTER HOURS 5/8/81
     01.I Don't Know
     02.Suicide Soluttion 
     03.Interview
     04.Mr.Crowley
     05.Crazy Train   
※ MTV NEWS
※ ALBUQUERQUE, NEW MEXICO NEWS 1982
※ ALBUQUERQUE, NEW MEXICO 1/7/82
     01.Show Opening
     02.Over The Mountain
     03.Mr.Crowley
SONY MUSIC JAPAN (EICP 1471~4)

Crazy Trainのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)