Chekipon BLOG  
ログイン

MASTODON /

2011年11月29日23:20:00















今日はアメリカ出身『MASTODON』の5thアルバム
『THE HUNTER』を紹介します。
 
名盤『CRACK THE SKYE』に次ぐ3年ぶりのニュー・アルバムです。
前作でのプログレッシヴなスタイルは影を潜め、
キャッチーでサイケデリックなハード・ロック・テイストが充満するサウンドです。
だからと言って70年代ハード・ロックへの回帰と言った安易なものではなく
『MASTODON』らしい重厚かつドラマティックな芸術性は従来のままです。
 
初めて『MASTODON』を聴くリスナーには取っ付きやすい
アルバムではないでしょうか。
変わらず手数の多いドラムの叩きっぷりは圧巻です。
 
アメリカ盤のDVD付きには『THE HUNTER』のレコーディング風景と
インタビュー映像(30分程)と
ブラン・デイラーによる楽曲の解説と
イメージ・ビデオとミュージック・ビデオが収録されています。
 
MASTODON / THE HUNTER
Disc-1/CD
01.Black Tongue
02.Curl Of The Burl
03.Blasteroid
04.Stargasm
05.Octopus Has No Friends
06.All The Heavy Lifting
07.The Hunter
08.Dry Bone Valley
09.Thickening
10.Creature Lives
11.Spectrelight
12.Bedazzled Fingernails
13.The Sparrow
Disc-2/DVD
※ Making of THE HUNTER
※ CRACK BY CRACK COMMENTARY
  01.Black Tongue
  02.Curl of The Burl
  03.Blasteroid
  04.Stargasm
  05.Octopus Has No Friends
  06.All The Heavy Lifting
※ VIDEO
01.Stargasm Visualizer
02.Black Tongue Video
03.Deathbound Video
RELAPSE RECORDS (528646-2)

Black TongueのMVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

AS I LAY DYING /

2011年11月28日23:15:00















今日はアメリカ出身『AS I LAY DYING』の企画アルバム
『DECAS』を紹介します。
 
『AS I LAY DYING』結成10周年記念企画アルバムです。
新曲2曲とカバー曲4曲、リ・レコーディング曲1曲、
リミックス曲4曲と言う構成です。
 
SLAYERのカバーはまさにハマった選曲だと思います。
JUDAS PRIESTは曲的にはオリジナルのままですが、
ヴォーカルはグロウルとクリーン・ヴォイスを使ったアレンジが
かなり斬新。
間奏のギター・ソロは完コピで、ちょっと笑えました。
リミックがかなりインダストリアルなアレンジになっていて
ちょっとこれはいかがなもんか!?と。
 
まぁしかしこのアルバムのハイライトは新曲の3曲です。
とにかくカッコいいったらありゃしない!!!
ニュー・アルバムは間違いなく素晴らしくなると予感させる充実ぶりです。
 
AS I LAY DYING / DECAS
01.Paralyzed
02.From Shapless To Breakable
03.Moving Forward
04.War Ensemble
 
(Originally Recorded by SLAYER) 
05.Hellion (Originally Recorded by JUDAS PRIEST)
06.Electric Eye (Originally Recorded by JUDAS PRIEST)
07.Coffee Mug(Originally Recorded by DESCENDENTS)
08.Beneath The Encasing (Re-Recorded)
09.The Blinding Of False Light (Innerpartysystem Remix)
10. Wrath Upon Ourselves (Benjamin Weinman Remix)
11.Confined (Kelly "Carnage" Cairns Remix)
12.Elegy (Big Chocolate Remix)
METAL BLADE (3984-1 5052-2)

Paralyzedの音だけどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

'80S METAL SOUND & VISION /

2011年11月27日23:18:00















今日はコンピレーション・アルバム『'80S METAL SOUND & VISION』
紹介します。
 
いわゆるLAメタル全盛期を桜花したミュージシャン達の
カバーソング・アルバムです。
既に死んでいるミュージシャンもいますので、
録音された時期は各曲色々なのでしょう。
およそ参加ミュージシャンと世代が似ていると言うこともあって
カバーしているナンバーもおよそ私も聴いていた曲ばかりで
聴いていて楽しい内容です。
とりわけ〝ジャック・ブレイズ〞が歌う〝I Don't Know〞が
あまりにもオジーに似ていて
ジャックってこんな特技があったんや~と感心しました(^o^)
 
Disc-3のDVDは多数のミュージシャンの90分にも及ぶインタビュー映像が
収録されています。
勿論字幕スーパーはありませんので英語が堪能な方だけは
楽しめる内容でしょう。
今は亡き〝ケヴィン・ダブロウ〞や〝ジェイニー・レイン〞の
インタビュー映像もあります。
まぁ浴を言えばこのカバー曲の映像なんてあれば良かったのですけど、
基本的にCDとDVDは別物だったのでしょうか!?
 
 '80S METAL SOUND & VISION / VARIOUS ARTISTS
Disc-1/CD
01. Toys In The Attic - Stephen Pearcy (Ratt) & Tracii Guns (L.A. Guns)
02. Highway To Hell - Quiet Riot
03. Misty Mountain Hop - Taimie Downe (Faster Pussycat)
04. I Don’t Live Today - Sebastian Bach (Skid Row) & Michael Schenker
05. Sweet Child O’ Mine - Jizzy Pearl (ex-Ratt), Gilby Clarke (G N’ R) & Tracii Guns (L.A. Guns)
06. School’s Out - Dave Mustaine & Marty Friedman (Megadeth)
07. Crazy Train - Dee Snider (Twisted Sister)
08. Fallen Angel - Bret Michaels (Poison)
09. Tie Your Mother Down - Lemmy (Motörhead) & Ted Nugent
10. Mr. Crowley - Tim “Ripper” Owens (Iced Earth / ex-Judas Priest)
11. Under My Wheels - Joe Elliot & Phil Collen (Def Leppard)
12. Photograph - Jani Lane (ex-Warrant)
13. Livin’ On A Prayer - Marq Torien (Bullet Boys)
14. Ramble On - Kevin Martin (Candlebox)
15. Live Wire - Steve Summers (Pretty Boy Floyd)
Disc-2/CD 
01. Seek & Destroy - Chuck Billy (Testament) & Jake E. Lee (ex-Ozzy Osbourne)
02. Love Removal Machine - Great White
03. Nothin’ But A Good Time - Bret Michaels (Poison)
04. Ain’t Talkin’ Bout Love - Paul Dianno (ex-Iron Maiden)
05. 20th Century Boy - Bang Tango
06. It’s A Long Way To The Top - Lemmy (Motörhead) & Jake E. Lee (ex-Ozzy Osbourne)
07. Eighteen - Don Dokken (Dokken)
08. Welcome To The Jungle - Kevin Dubrow (Quiet Riot)
09. Lovedrive - Taime Downe (Faster Pussycat)
10. Lay It Down - Stephen Pearcy (Ratt)
11. Panama - Jani Lane (ex-Warrant) & George Lynch (ex-Dokken / Lynch Mob)
12. I Don’t Know - Jack Blades (Night Ranger) & Reb Beach (Winger)
13. Paranoid - Vince Neil (Mötley Crüe) & George Lynch (ex-Dokken / Lynch Mob)
14. Back In The Saddle - Mark Slaughter (Slaughter)
15. Back In Black - Joe Lynn Turner (ex-Rainbow / ex-Deep Purple) & Phil Collen (Def Leppard)
Disc-3/DVD 
EXCLUSIVE ON-CAMERA INTERVIEWS WITH:
-Axl Rose (Guns N’ Roses)
-Kevin DuBrow (Quiet Riot)
-Jani Lane (ex-Warrant)
-Tracii Guns (L.A. Guns)
-Jack Russell (Great White)
-Steven Adler (ex-Guns N’ Roses)
-Chris Weber (Hollywood Rose)
-Stephen Pearcy (Ratt)
-Ron Keel, Bryan Jay & Marc Ferrari (Keel)
-Billy Dior (D’Molls)
-Lizzie Grey & Timothy Jay (London / Spiders & Snakes)
-C.C. DeVille (Poison)
-Fred Coury (Cinderella)
and many more!
DEAD LINE MUSIC
  

Posted by アナログ・キッド Comments(2)

FLESHGOD APOCAYPSE /

2011年11月25日23:32:00















今日はイタリア出身の『FLESHOOD APOCALYPSE』の2ndアルバム
『AGONY』を紹介します。
 
1stアルバムは未聴なんですが、某誌で高得点だったので購入してみました。
これはもはやブラック・メタルとオーケストラの共演と言えるサウンドです。
シンフォニックと言うのではなく、これはオーケストラの領域と言えるアレンジで、
シンフォニック・ブラックと言うジャンルを超越した世界観があります。
全編に荒れ狂うブラストとオーケストレーションとのドラマティズムが
悲壮感あり荘厳感ありの素晴らしい楽曲のオンパレードで
正直恥ずかしくなるくらいのサウンドです。
 
アルバムは10曲となっていますが、1曲目とラストの曲はインストで
あとは曲間も殆どなく一種のコンセプト・アルバム的な仕上がりになっています。
 
とにかく爽快なアルバムで、クサいメタルを聴いているリスナーさんにも
何かの間違いでチャレンジして貰たいアルバムです。
 
FLESHOOD APOCALYPSE / AGONY
01.Temptation
02.The Hypocrisy
03.The Imposition
04.The Deceit
05.The Violation
06.The Egoism
07.The Betrayal
08.The Forsaking
09.The Oppression
10.Agony
NUCLEAR BLAST (NB2763-2)

The Betrayalの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SCORPIONS /

2011年11月24日23:35:00















今日はドイツ出身『SCORPIONS』の企画アルバム
『COMEBLACK』を紹介します。
 
来年2012年にその長いバンド活動に終止符を打つ(本当に~!?)、
『SCORPIONS』の再録ヴァージョンとカバー・ソングを収録した企画盤です。
 
再録ヴァージョンはそうオリジナルと大きな変化はありません。
今もなおクラウス・マイネにこの声が出せるのなら
バンドを解散させる必要があるのか!?
カバー曲は彼らが影響を受けたバンドのナンバーが収録されています。
オリジナルに忠実なのか!?、知ってる曲が少ないもので(^^;
 
とにかく言えることは来年は『JUDAS PRIEST』が最後の日本ツアーをするので
『SCORPIONS』も絶対に最後の勇姿を見せて貰たいものです。
 
SCORPIONS / COMEBLACK
01.Rhythm Of Love
02.No One Like You
03.The Zoo
04.Rock You Like A Hurricane
05.Blackout
06.Still Loving You
07.Wind Of Change
08.Tainted Love (GLORIA JONES)
09.Children Of The Revolution (T. REX)
10.Across The Universe (THE BEATLES)
11.Tin Soldier (SMALL FACES)
12.All Day And All Of The Night (THE KINKS)
13.Ruby Tuesday (THE ROLLING STONES)
SONY MUSIC (88697 83074 2)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RUSH /

2011年11月23日23:15:00















今日はカナダ出身『RUSH』のライヴ・アルバム
『ABC1974』を紹介します。
 
カナダの至宝、カナダが誇る人間国宝『RUSH』の1974年8月26日のCLEVELAND OHIOのAGORA BALLROOMでのLIVEで
当時ABCにて放送されたFM音源です。
過去にブートで出回っていた有名な音源が初の正式(!?)リリースとなりました。
リリースに伴ってボーナス・トラックとして同じくクリーブランドの
5月のライヴ音源が収録されています。
 
バンドとしては1stアルバムをリリースし、ニール・パートが加入し
2ndアルバムリリース直前の時期で、
バリバリのハード・ロック時代の
RUSHの若々しいプレイを堪能することが出来ます。
ニール加入後はプログレッシヴ・ロックへ変貌するわけですがら、
この時代のRUSHのライヴを聴けるのは貴重と言えるでしょう。
ゲディ・リーのゴリゴリしたベース音も最高!!!
 
FMからの音源ですのでこの当時にしてはさほど悪い音質ではありません。
ボーナス・トラックの3曲はかなり厳しい音質ですけど(^^;

RUSH / ABC1974
01.Finding My Way
02.The Best I Can
03.Need Some Love
04.In The End
05.Fancy Dancer 
06.In The Mood
07.Bad Boy 
08.Here Again
09.Working Man
10.Drum Solo 
11.What Youre Doing
12.Garden Road 
13.Anthem [Bonus Track]
14.Beneath, Between & Behind [Bonus Track]
15.Fly By Night [Bonus Track]
LEFTFIELD MEDIA (LFMCD512)

Anthemのライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THREAT SIGNAL /

2011年11月22日22:55:00















今日はカナダ出身の『THREAT SIGNAL』の3rdアルバム
『THREAT SIGNAL』を紹介します。
 
およそセルフ・タイトルのアルバムと言うのは
バンドのターニング・ポイントを匂わすことが多いわけで
『THREAT SIGNAL』のこのアルバムもそんなアルバムかも知れません。
 
従来のモダンなメロ・デス志向からFEAR FACTORY的なマシーナりーな
変則的なリフを多用する
グルーヴ感溢れるサウンドへとシフトしています。
やはりこの若干の路線変更は『HATEBREED』や『CHIMAIRA』などを
手がけたプロデューサー〝ZEUSS〞によるところが大きいのでしょう。
 
劇的なギター・ソロは少し影を潜めたかも知れませんが、
時折聴かせるツイン・リードは従来通りと言えるわけで
全体的な印象はフィーチャリスティックなモダンなメロ・デスと
言えるでしょうか。
これはこれでカッコいいアルバムだと思います。
 
THREAT SIGNAL / THREAT SIGNAL
01.Uncensored
02.Comatose
03.New World Order
04.Trust In None
05.Face The Day
06.Fallen Disciples
07.Disposition
08.Death Before Dishonor
09.Buried Alive

NUCLEAR BLAST (2778-2)

Dispositionの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

NIGHTRAGE /

2011年11月21日23:17:00















今日はスウェーデン(!?)出身の『NIGHTRAGE』の5thアルバム
『INSIDIOUS』を紹介します。
 
『FIREWIND』のサポート・ベーシストとして来日した〝マリオス・イリオポウロ〞
がギタリストとして在籍する
『NIGHTRAGE』の約2年振りとなる
ニュー・アルバムです。
『AMARANTHE』にも在籍するギタリスト〝オロフ・モロク〞や
『DRANGONLAND』の〝アンダース・ハマー〞など
前作と同じラインナップで製作されています。
 
嬉しくなくるくらの古典的なメロディック・デス・メタル・サウンドは今作でも健在。
メロディックなギター・ソロや泣きのメロディーなど
これでもか~!と言わんばかりのメロ・デスてんこ盛りサウンドには
感激するばかり。
メタル・コアにはない哀愁が全編に炸裂するメロ・デスの好盤と言えるでしょう。
 
〝ガス・G〞や〝トーマス・リンドバーグ〞etc.ゲスト多数参加しています。
 
NIGHTRAGE / INSIDIOUS
01.So Far Away (Intro)
02.Delirium Of The Fallen
03.Insidious
04.Wrapped In Deceitful Dreams
05.Hate Turns Black
06.Sham Piety
07.Cloaked In Wolf Skin
08.This World Is Coming To An End
09.Utmost Ends Of Pain
10.Poignant Memories
11.Hush Of Night
12.Poisoned Pawn
13.Solar Eclipse (Prelude)
14.Solar Corona
15.Emblem Of light (Outro)
LIFEFORCE (LFR118 2)

Insidiousの音だけどうぞ


日本盤にはボーナス・トラックとして
DEF LEPPARDのPhotographのカバーが収録されています。

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

EVANESCENCE /

2011年11月20日23:11:00















今日はアメリカ出身の『EVANESCENCE』の3rdアルバム
『EVANESCENCE』(Deluxe Edition)を紹介します。
 
エイミー・リー率いるゴシック・メタル・バンド『EVANESCENCE』の
5年振りとなる3rdアルバムで、
全米No.1になったアルバムです。
1stアルバムは聴きましたが2ndアルバムはスルーしてたわけで
各位でニュー・アルバムが評判だったので購入してみました。
キャッチーでメロディックな楽曲のオンパレードで
まさしく捨曲なしの素晴らしいアルバムです。
 
オーソドックスなメタル色が全面に出ており
良くも悪くも聴きやすくなったサウンドですが、
アルバムの完成度と言う点では最高作っではないでしょうか!?
 
DVDにはレコーディング風景やエイミーによる楽曲解説に
What You WantのPVと制作風景が収録されています。

EVANESCENCE / EVANESCENCE 
Disc-1/CD
01.What You Want
02.Made Of Stone
03.The Change
04.My Heart Is Broken
05.The Other Side
06.Erase This
07.Lost In Paradise
08.Sick
09.End Of The Dream
10.Oceans
11.Never Go Back
12.Swimming Home
13.New Way To Bleed [Bonus Track]
14.Say You Will [Bonus Track]
15.Disappear [Bonus Track]
16.Secret Door [Bonus Track]
Disc-2/DVD
01.Making The What You Want Music Video : Day 1
02.Making The What You Want Music Video : Day 2
03.Behind The Scenes : In The Studio
04.Behind The Scenes : At The Photoshoot
05.On The Songs : Secret Door
06.On The Songs : The Change
07.On The Songs : Never Go Back
08.On The Songs : Made of Stone
09.On The Songs : Disapear
10.On The Songs : What You Want
11.On The Songs : My Heart Is Broken
12.On The Songs : Oceans
13.On The Songs : Lost In Paradise
WIND-UP RECORDS (60150-13299-2)

What You WantのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ALIASES /

2011年11月19日23:02:00















今日はイギリス出身の『ALIASES』の1stアルバム
『SAFER THAN REALITY』を紹介します。
 
その昔『SikTh』と言うバンドが居て、私もかなりお気に入りのバンドで
結局2枚のアルバムを残して
解散したわけですが、
その『SikTh』のギタリストが結成したバンドがこの『ALIASES』です。
 
『SikTh』時代からの奇天烈な展開を持つ曲調は健在で、
何よりメロディック度が向上しており、
実にキャッチーな仕上がりになった印象のあるサウンドです。
シャウト系とクリーン・ヴォイスの使い分けも今風と言えるわけで
カオティック・メタル・コア・マニアにはタマラないアルバムだと思います。
8曲で29分弱と言う潔さ(笑)も実に爽快!
 
『SikTh』いいバンドだったよな~と今でも思っている人、是非聴いてみて下さい。
 
ALIASES / SAFER THAN REALITY
01.What's Left For Us?
02.The Reality of Beliefs
03.We Never Should Have Met
04.Refraction
05.All That Glitters Is Gold
06.While I Drown
07.The Beginning Has No End
08.Sirens
BASICK RECORDS (BSK032CD)

What's Left For Us?のPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)