Chekipon BLOG  
ログイン

ル・バルーシュ /

2011年09月18日23:44:00

 

 

 

 

 

 

今日は先日のひこね市文化プラザであった『ル・バルーシュ』の
ライヴ終了後に買った
『NOS PETILES AMOURETTES』を紹介します。
 
フランスの古き時代の音楽をプレイしているバンドと言うことでしたが
聞いたところによるとメンバーは全員20代(後半)らしくて
それなりに若いメンバーが古い音楽を演奏すると言うのは
どこの世界でもあることです。
若い感性で古い音楽を若い解釈でプレイすることで
古い中にも新しいものを感じるアルバムだと思います。
 
おそらく音楽を好きな人なら誰もがすんなりと入り込めるアルバムで
カフェとかでBGMで流れているような感じで聴いてみて欲しいアルバムです。
 
LE BALLUCHE DE LA SAUGRENUE / NOS PETILES AMOURETTES 
01.Les p'tites amourettes (Maszurka dub musette)
02.Le price pas oharmant (Tango)
03.La rafale (Polka)
04.Le beguin (Velse swing)
05.Le gigolo (Skelero)
06.L'araignee (Velse inatru)
07.La COCO (Velse)
08.El relicario (Faso doble)
09.Fleur de Musette (Jahva)
10.Wiahppering (swing)
11.Marco le maquereeu (Ragga musette)
12.Jean-Jean le maquereau (Valse enerver)
13.Douce jole (Valse musette)
SHEHERAZADC
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ル・バルーシュ with かとうかなこ at ひこね市文化プラザ

2011年09月16日23:02:00


































今日はひこね市文化プラザ・エコホールであったフランスのトラディショナルな
音楽を演奏している『ル・バルーシュ』のライヴに行ってきました。

私は初めてみるグループなわけで今回クロマティック・アコーディオン奏者の〝かとうかなこ〞さんがゲストで出演されると言うことで出かけてきました。

とにかく古きフランスの音楽を聴かせるグループなんて初めての体験でしたが
タイム・トリップしたようなライヴでした。
それは一種映画のワンシーンを見ているかのようでした。

インストのナンバーと女性ヴォーカルのナンバーと半々くらいの演奏で
今日のステージを見て越路吹雪さんがどうしてあのような
歌い方をしていたのかがよく分かりました。

ライヴが終わってからサイン会にも参加。
メンバー全員がCDジャケットのところ狭しと色々書いてくれました。

とても楽しくて素敵なライヴでした。
























  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

REVOCATION /

2011年09月15日23:38:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『REVOCATION』の3rdアルバム
『CHAOS OF FORMS』を紹介します。
 
某誌のアルバム・レビューを見て面白そうだったので購入してみました。
これは確かに面白いバンドです。
基本はデスラッシュ系の高速のリフで畳み掛けるスタイルなのですが
その中に実にユニークなアレンジがフィーチャーされています。
まぁそれをプログレッシヴとまでは思いませんが
スラッシーなスタイルの中に無理やりな印象もなく
すんなり色んなアレンジをブチ込むセンスはとても個性的です。
そして、この変則的なデスラッシュにも関わらず
妙にキャッチーな印象があるのも魅力です。
 
ギター・ソロもなかなかよく練りこまれたフレーズを弾いており
ギタリストのセンスもこのバンドの大きなセールス・ポイントだと思います。
 
初めて聴いたバンドでしたが気に入りました。
ちょっと捻くれたデスラッシュ/スラッシュがお好きなリスナーさんはお試しあれ。
 
REVOCATION / CHAOS OF FORMS
01.Cretin
02.Cradle Robber
03.Harlot
04.Dissolution Ritual
05.Conjuring The Cataclysm
06.No Funeral
07.Fractal Entity
08.Chaos Of Forms
09.The Watchers
10.Beloved Horrifier
11.Dethroned
12.Reprogrammed
RELAPSE (RR7147)

The Watchersの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

TRIVIUM /

2011年09月14日22:38:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『TRIVIUM』の5thアルバム
『IN WAVES』(CD/DVD SPECIAL EDITION)を紹介します。
 
山口県生まれ〝マシュー・キイチ・ヒーフィー〞率いる『TRIVIUM』の
3年ぶりとなるニュー・アルバムです。
デビュー当時はいわゆるメタル・コア・バンドとしてOne of Them的な
存在でしたが、そ
の後紆余曲折を経て幅広いメタル・サウンドを
創造しながら人気を確立しているバンドが
放つ
ニュー・アルバムも正直賛否を巻く作品に仕上がっていると言えます。
いい意味でメロディックなアルバムと思いますし、
キャッチーなナンバーが多く聴きやすい作品だと思いますが
それは逆に軟派なサウンドに思えてしまうのも正直な感想です。
クリーン・ヴォイスを多用するスタイルがその要因の1つと言えるわけで
初期のようなアグレッシヴなスタイルが好きなリスナーには
物足らないかも知れません。
 
全米アルバム・チャート13位に入るヒット作になった今作ですが
売れ戦志向にこれ以上走らないで欲しいと思うのが正直な気持ちです。
決して悪いアルバムではありません、単純に好みの問題です。
秋から冬にリリースされていたらもうちょっと印象が違ってたかも!?
 
SPECIAL EDITIONのDVDには8曲ものスタジオ・ライヴ映像と
〝In Waves〞のミュージック・ビデオと
『IN WAVES』のレコーディングのドキュメンタリー映像が
40分程収録されています。
お金に余裕があればDVD付きをお勧めします。
 
TRIVIUM / IN WAVES
Disc-1/CD
01.Capsizing The Sea
02.In Waves
03.Inception Of The End
04.Dusk Dismantled
05.Watch The World Burn
06.Black
07.A Skyline's Severance
08.Ensnare the Sun*
09.Built To Fall
10.Caustic Are The Ties That Bind
11.Forsake Not The Dream
12.Drowning In Slow Motion*
13.A Grey So Dark*
14.Chaos Reigns
15.Of All These Yesterdays
16.Leaving This World Behind
17.Shattering The Skies Above*
18.Slave New World*
*bonus tracks for special edition
Disc-2/DVD
01. In Waves (01-08:Live From CHAPMAN STUDIOS)
02. Black
03. Built To Fall
04. Watch The World Burn
05. The Deceived
06. Suffocating Sight
07. Down From The Sky
08. Ember To Inferno
09. IN WAVES - DOCUMENTARY
10. In Waves (Music Video)
ROADRUNNER (RR7756-5)  

In Wavesのスタジオ・ライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RODRIGO Y GABRIELA /

2011年09月13日23:47:00















今日はメキシコ出身の『RODRIGO Y GABRIELA』のライヴ・アルバム
『LIVE IN FRANCE』を紹介します。
 
メキシコ出身の男女ギターデュオ〝ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ〞の
ライヴ・アルバムで、
2010年『11:11』ワールドツアーの10月パリでのライヴ音源です。
『11:11』ツアーなので各ソロと〝Tamacun〞以外は『11:11』からのナンバーです。
相変わらずのパーカッシヴで情熱的な2人の息の合ったプレイを堪能出来る
素晴らしいライヴ・アルバムです。
 
日本ではまだまだマニアックな人気しかない彼等ですが
このライヴを聞けば海外ではいかに熱狂的なファンが多くいることが分かる
ライヴ・アルバムです。
出来るなら映像版もリリースして欲しいです。
 
RODRIGO Y GABRIELA / LIVE IN FRANCE
01.Hanuman
02.Triveni
03.Chac Mool
04.Hora Zero
05.Santo Domingo
06.Gabriela Solo
07.Buster Voodoo
08.11:11
09.Rodrigo Solo
10.Savitri
11.Tamacun
RUBYWORKS (ATO0104)

HanumanのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

IWRESTLEDABEARONCE /

2011年09月12日23:19:00















今日はアメリカ出身の『IWRESTLEDABEARONCE』の2ndアルバム
『RUINING IT FOR EVERYBODY』を紹介します。
 
紅一点Krysta嬢擁するカオティック・エレクトリック・アバンギャルド・ハード・コア
『IWRESTLEDABEARONCE』のニュー・アルバムです。
1stは未聴なのですが、〝THE DILLINGER ESCAPE PLAN的〞と
言われていたので
今作は購入してみました。
ゲームのようなエレクトロニック・サウンドから雪崩れ込むカオティックな
目まぐるしく展開する
エクストリーム・サウンドは噂通りでしたし、
何よりKrysta嬢の女性とは思えないグロウルと相反するクリーン・ヴォイスとの
使い分けが芸術的です。
奇天烈極まりないサウンドで、グラインドコアとも言えるブルータリティと共に
キャッチーとも思えるフレーズやポップスやジャズと言った音楽もミックスする
まさしくハイブリッドなサウンドを聴かせてくれています。
 
前作よりはかなり整理されたサウンドになっているようですが
十分変態度は炸裂している作品だと思います。
 
IWRESTLEDABEARONCE / RUINING IT FOR EVERYBODY
01.Next Visible Delicious
02.You Know That Ain't Them Dogs' Real Voices
03.Deodorant Can't Fix Ugly
04.This Head Music Makes My Eyes Rain
05.It Is "Bro" Isn't It?
06.Gold Jacket, Green Jacket
07.Break It Down Camacho
08.Stay To The Right
09.I'm Gonna Shoot
10.Karate Nipples
11.Button It Up
CENTURY MEDIA (8811-2)

You Know That Ain't Them Dogs' Real VoicesのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SEVEN TEARS /

2011年09月11日23:45:00

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『SEVEN TEARS』の2007年リリースの
1stアルバム『IN EVERY FROZEN TEAR』を紹介します。
 
某所で500円で売ってたので買ってみました。
バンド名だけ記憶がありましたし、とにかく500円だったので注文したわけで
北欧のバンドらしい叙情性を持っていて
キーボードの使い方などがプログレ的な印象があるサウンドです。
まぁプログレ・メタルと呼べるほどのテクニカル度は殆どなく
北欧メロハーのカテゴリーに属するサウンドだと思います。
 
ただこう言う系のバンドにも関わらずヴォーカルが若干ハスキー系で
正直あまり上手くなく、
メンバーのルックスも普段はサラリーマンで趣味でやってまぁ~す的な
雰囲気は何とかならんもんかと・・・
まぁこれ1枚しかアルバムはリリースしてないようです。
 
SEVEN TEARS / IN EVERY FROZEN TEAR
01.Twist of Fate
02.Faded Memory
03.Hollow Ground
04.Reflections
05.All Alone
06.In Every Frozen Tear
07.Sorrows
08.Prayer for the Dying
09.Story Unfolds
10.Dream of Insanity
11.Fragments
12.Truth of Tomorrow
FRONTIERS RECORDS (FR CD 357)

Hollow Groundの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEF LEPPARD /

2011年09月10日23:00:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『DEF LEPPARD』のライヴ・アルバム
『MIRROR BALL - LIVE & MORE』(CD+DVD)を紹介します。
 
デビュー30周年にして初のフルレンス・ライヴ・アルバムのリリースです。
映像ものは幾つかリリースしているのの正式なライヴ・アルバム
が初めてと言うのは意外です。
2008年から2009年のSparkle Lounge Tourの模様を収めたライヴ盤で
30周年の集大成と言えるベスト・ヒット・ライヴと言った内容です。
 
ライヴ音源以外に新曲が3曲収録されており、
いかにもDEF LEPPARDらしい作風に仕上がっています。
 
DVDには〝Nine Lives〞〝C'mon C'mon〞のミュージック・ビデオと
ライヴ映像4曲に新曲のレコーディング風景が少し収録されています。
 
日本盤のDVD付きは4,800円もするのでまさか日本盤なんて買わないわけで
輸入盤なら2,000円弱なので購入をお考えの方は輸入盤をお勧めします。
 
DEF LEPPARD / MIRROR BALL - LIVE & MORE
Disc-1/CD
01.Rock! Rock! (Till You Drop)
02.Rocket
03.Animal
04.C'Mon C'Mon
05.Make Love Like A Man
06.Too Late For Love
07.Foolin’
08.Nine Lives
09.Love Bites
10.Rock On
Disc-2/CD
01.Two Steps Behind
02.Bringin' On The Heartbreak
03.Switch 625
04.Hysteria
05.Armageddon It
06.Photograph
07.Pour Some Sugar On Me
08.Rock Of Ages
09.Let’S Get Rocked
10.Action
11.Bad Actress
12.Undefeated
13.Kings Of The World
14.It’S All About Believin’
15.Kings Of The World(Different Version)
Disc-3/DVD
Behind The Scenes On The Sparkle Lounge Tour 2008-2009
01.Rock!Rock!(Till You Drop)
02.Armageddon It
03.Pour Some Sugar On Me
04.Hysteria
※Music Video
01.Nine Lives
02.C'mon C'mon
MAILBOAT RECORDS (MBD 9511)

Rock! Rock! (Till You Drop) のライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DECAPITATED /

2011年09月09日23:49:00

 

 

 

 

 

 

今日はポーランド出身の『DECAPITATED』の5thアルバム
『CARNIVAL IS FOREVER』を紹介します。
 
ポーランドが誇る悲運のデス・メタラー『DECAPITATED』が
不死鳥の如く蘇り再結成後初のアルバムをリリースしました。
オリジナル・メンバーはギタリスト〝ヴォッグ〞のみで
他のメンバーは新メンバーですが
従来通りのテクニカルで高度なデス・メタルを聴かせてくれています。
とは言え元来の怒涛のデス・メタルからメロディックなアプローチが
垣間見れる作品で、
メロウなギター・ソロをフィーチャーするなど
新境地を見せています。
 
ブラストだけに留まらないメロディックな部分も取り入れた
新生『DECAPITATED』の洗練されたデス・メタルの誕生と言った
ところでしょうか。
 
DECAPITATED / CARNIVAL IS FOREVER
01.The Knife
02.United
03.Carnival Is Forever
04.Homo Sum
05.404
06.A View From A Hole
07.Pest
08.Silence
NUCLEAR BLAST (2724-2)

The Knifeの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BLOOD STAIN CHILD /

2011年09月08日23:37:00

 

 

 

 

 

 

今日は日本の『BLOOD STAIN CHILD』の5thアルバム『EPSILON』
を紹介します。
 
日本が誇るメロディック・デス・メタル・バンド『BLOOD STAIN CHILD』の
ニュー・アルバムです。
リード・ヴォーカリストの脱退で新たに加入したのは
何とギリシャ出身の女性〝ソフィア〞嬢。
まぁサウンドには大きな変化はないわけで〝メロ・デス meets トランス〞と
言う基本スタイルは変わりません。
ブルータルなんだけどポップでキャッチーと言う相反するサウンドが
彼等の魅力なわけで、新
加入のソフィアのクリーンなトーンで歌い上げる
ヴォーカルと
グロウルのヴォーカルとのコントラストが際立つアルバムです。
 
因みに今作のアルバムをプロデュースしたのは『DISARMONIA MUNDI』の
〝エットレ・リゴッティ〞です。
まぁレコーディングは大阪で行われていますけど。
 
BLOOD STAIN CHILD / EPSILON
01.Sirius Ⅵ
02.Forever Free
03.Stargazer
04.S.O.P.H.I.A
05.Unlmited Alchemist
06.Electricity
07.Eternal
08.Moon Light Waves
09.Dedicated To Violator
10.Merry-Go-Round
11.Sai-ka-no
12.Royay Sky [Bonus Torack]
CORONER RECORDS (CR014)

EPSILONのトレーラーをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)