Chekipon BLOG  
ログイン

BOW WOW /

2011年09月29日23:27:00















今日も日本の『BOW WOW』のベスト・アルバム『XXXⅤ』から
Disc-2を紹介します。



 












ディスク・2は5thアルバム『GLORIOUS ROAD』から
9thアルバム『WARNING FROM STARDUST』までのセレクトです。
迷走していた時代の『BOW WOW』から再びハード・ロック・モードへ
帰還するその様子がよく分かる構成になっています。
選曲も問題ないと思いますし、シングルのナンバーも収録しているところも
とても有難い心遣い(!?)です。
 
BOW WOW / XXXⅤ
Disc-2/CD
01.欲しいのはお前だけ [GLORIOUS ROAD]
02.忘れかけてたラヴソング [GLORIOUS ROAD]
03.Glorious Road [GLORIOUS ROAD]
04.Good Time's R&R [TELEPHONE]
05.Tomorrow In Your Life [TELEPHONE]
06.Soldier In The Space [SINGLE]
07.Raint Train  [SINGLE]
08.絆Forever [SINGLE]
09.Fugitive [HARD DOG]
10.Judas(In Blue) [HARD DOG]
11.Serching [HARD DOG]
12.Rock'n'Roll Tonight [ASIAN VOLCANO]
13.In My Image [ASIAN VOLCANO]
14.Don't Cry Baby [ASIAN VOLCANO]
15.You're Mine [WARNING FROM STARDUST]
16.20th Century Child [WARNING FROM STARDUST]
17.Clean Machine [WARNING FROM STARDUST]
POLYSTAR MUSIC (XQJK-91044)

You're Mineのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BOW WOW /

2011年09月28日22:40:00















今日は日本の『BOW WOW』のベスト・アルバム『XXXⅤ』を紹介します。
 
今も尚現役で活動を続ける『BOW WOW』のデビュー35周年を記念して
リリースされたベスト・アルバムです。
デビュー・アルバム『吼えろBOW WOW』から再結成後のアルバム『ERA』まで
の14枚のオリジナル・アルバムからのナンバーを3枚のCDに収録、
そして新曲3曲収録したプレミアEP、加えて未発表のライヴ映像を収録した
特典DVDが付いた
豪華5枚組BOXセットです。


 






























今日からこのBOXセットから1枚づつ紹介していきたいと思います。
 
















ディスク・1にはデビュー・アルバム『吼えろBOW WOW』から4thアルバム
『GURANTEE』までのアルバムからのセレクトです。
はっきり言ってお愛想で1曲だけ収録されている『GUARANTEE』の
〝外人墓地のカフェテラス〞をこのディスクの最後に入れるのなら
ディスク2に入れた方がアルバムのトータル性が保てたと思うのですけど。
まぁCDの収録時間を考えるともう1曲は十分入ったと思いますので、
義理で『GUARANTEE』からもう1曲くらい収録して欲しかったです。
そんなわけで選曲的には問題のないところだと思います。
代表曲の〝Theme of BOW WOW〞や〝Silver Lightning〞は
他のディスクに違うヴァージョンで収録されていますし。
 
BOW WOW / XXXⅤ
Disc-1/CD
01.Heart's On Fire [吼えろBOW WOW]
02.Volume On [吼えろBOW WOW]
03.James In My Casket [吼えろBOW WOW]
04.Withered Sun [吼えろBOW WOW]
05.Prelude [SIGNAL FIRE]
06.Get On Our Train [SIGNAL FIRE]
07.Rock'n'Roll Drive [SIGNAL FIRE]
08.Signal Fire [SIGNAL FIRE]
09.Still [SIGNAL FIRE]
10.Jet Jive [CHARGE]
11.Blue Eyed Lady [CHARGE]
12.The Crown [CHARGE]
13.Behind The Mask [CHARGE]
14.外人墓地のカフェテラス [GUARANTEE]
POLYSTAR MUSIC (XQJK-91043)

Signal Fireのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ANUBIS GATE /

2011年09月27日23:37:00















今日はデンマーク出身の『ANUBIS GATE』の5thアルバム
『ANUBIS GATE』を紹介します。
 
ヴォーカリストが脱退しベーシストがヴォーカルを兼任する編成で
制作された
2年半ぶりとなるニュー・アルバムです。
 
前任より若干ソフトで甘いトーンで歌い上げるスタイルの声質で
その影響もあってか、従来のダークな世界観から
今作では北欧的な叙情性を持ったバンドへとシフトした印象があります。
まぁ『ANUBIS GATE』らしいドラマティックでメロディックな
メタル・サウンドは今まで通りで、
このヴォーカリストの変更が
怪我の巧妙となり
プログレ・メタル・ファン以外のメロディック・メタル
リスナーにも受け入れられそうな気がします。
 
5作目にしてそろそろ日本盤がリリースされてもいいと思うんですけど。
クオリティは間違いなく高いアルバムです。
 
ANUBIS GATE / ANUBIS GATE
01.Hold Back Tomorrow
02.The Re-Formation Show
03.Facing Dawn
04.World in a Dome
05.Desiderio Omnibus
06.Oh My Precious Life
07.Golden Days
08.Telltale Eyes
09.River
10.Circumstanced
NIGHTMARE RECORDS (NMR-555)

Hold Back Tomorrowの音だけどうぞ   

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ANTERIOR /

2011年09月26日23:06:00















今日はイギリス出身の『ANTERIOR』の2ndアルバム
『ECHOES OF THE FALLEN』を紹介します。
 
イギリスを代表するメタル・コア・バンド『ANTERIOR』の
4年ぶりとなるニュー・アルバムです。
1stアルバムもご機嫌なアルバムで、かなりお気に入りだったわけで
待ちに待ったニュー・アルバムもご機嫌なアルバムに仕上がっています。
もう1人ギタリストを加入させたことが功を奏したのか
益々ツイン・リード力がアップ、
メロディックで流麗なフレーズをバシバシ決めてくれています。
もはやこれはARCH ENEMYに勝るとも劣らない激情ぶりと言えるでしょう。
 
限りなくメロ・デスに近いサウンドはいい意味でオールド・スクールを感じさせる
わけで、
ヴォーカルのスタイルを気にしなければ広くメタル・ファンに
アピール出来るアルバムだと思います。
これはちょっとした話題作になるかも!?
 
ANTERIOR / ECHOES OF THE FALLEN
01.To Live Not Remain
02.Blood In The Throne Room
03.Tyranny
04.Of Gods And Men
05.By Horror Haunted
06.Echoes Of The Fallen
07.The Evangelist
08.Sleep Soundly No More
09.Venomous
10.Senora De Las Sombras
METAL BLADE (3984-14979-2)

The Evangelistの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

REO SPEEDWAGON /

2011年09月25日22:51:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『REO SPEEDWAGON』のライヴDVD(Blu-Ray)
『LIVE IN THE HEARTLAND』を紹介します。
 
オリジナルは2008年にリリースされたものでこれも昨日の
『FOREIGNER』同様TV番組SOUND STAGEの模様を収録したDVDです。
 
2008年はアルバム『FIND YOUR OWN WAY HOME』をリリースした年なので
セットリストもこのアルバムからのナンバーが4曲プレイされています。
勿論往年の大ヒット曲〝Can’t Fight This Feeling〞や
〝Keep on Loving You〞も収録されており
『FOREIGNER』同様『REO SPEEDWAGON』の魅力を満喫出来るDVDです。
 
当然ながらBlu-rayですので画質・音質ともすこぶる良好。
 
REO SPEEDWAGON / LIVE IN THE HEARTLAND
01.Find Your Own Way Home
02.Take It on the Run
03.Keep Pushin’
04.I Needed to Fall
05.Tough Guys
06.Can’t Fight This Feeling
07.Dangerous Combination
08.Back on the Road Again
09.Smilin' in the End
10.Time for Me to Fly
11.Don’t Let Him Go
12.Keep on Loving You
13.Roll with the Changes
14.Ridin’ the Storm Out
15.Golden Country
16.157 Riverside Avenue
BONUS MATERIALS
※ Interview with Kevin Cronin and Neal Doughty
IMAGE ENTERTAINMENT (7097)

Take It on the Runのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

FOREIGNER /

2011年09月24日23:03:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『FOREIGNER』のライヴDVD(Blu-ray)
『LIVE』を紹介します。
 
オリジナルは2009年にリリースされたもので
2008年TV番組SOUND STAGEでの模様を収録したライヴDVDです。
 
ヴォーカルに〝ケリー・ハンセン〞、ベースに〝ジェフ・ピルソン〞
ドラムには〝ジェイソン・ボーナム〞と言う布陣です。
〝ルー・グラム〞の化身とも言えるケリーのヴォーカルは素晴らしく
セット・リストもまさしくFOREIGNER・ベストと言える内容です。
〝Juke Box Hero〞では〝Whole Lotta Love〞を挿入する
アレンジも見せてくれています。
 
コアなFOREIGNERファンからFOREIGNERをあまり知らない若いリスナーまで
十分満足させる内容のライヴDVDです。
ブルーレイと言うことで画質は格別に綺麗で勿論音質も言うことはありません。
 
FOREIGNER / LIVE
01.Night Life
02.Head Games
03.Cold As Ice
04.Waiting For A Girl Like You
05.Too Late
06.Say You Will
07.Long, Long Way Home
08.Double Vision
09.Blue Morning, Blue Day
10.Dirty White Boy
11.Starrider
12.Feels Like The First Time
13.Urgent
14.Juke Box Hero
15.I Want to Know What Love Is
16.Hot Blooded
IMAGE ENTERTAINMENT (7111)

Cold As Iceのライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

VADER /

2011年09月22日22:55:00

 

 

 

 

 

 

今日はポーランド出身の『VADER』の10thアルバム
『RETURN TO THE MORBID REICH』を紹介します。
 
約2年振り、バンド・メンバーを固めてリリースしたニュー・アルバムです。
前作ではピーター(vo、g)がベースも兼任しバンドとしての不安定な状態で
リリースしましたが、
今作では正式にセカンド・ギタリストとベーシストを加入させ
レコーディングをは行われています。
 
『VADER』に関してはその時の気分でアルバムを買ったり買わなかったりですが
今作は各位で評判が良かったので購入しました。
 
変わらずスラッシーでブルータルなデス・メタルをプレイしています。
加えてメロディックな部分が増えて、ブル・デスはあまり聴かない
メロ・デス・リスナーにも通用するサウンドへと進化した印象があります。
初期からのコアな『VADER』ファンは勿論、初めて『VADER』を聴くリスナーにも
『VADER』の魅力を余すところなく伝えることが出来る好盤だと思います。
 
デジパック盤にはカバー曲2曲がボーナス・トラックとして収録されており
これは日本盤と同じボーナス・トラックです。
 
VADER / RETURN TO THE MORBID REICH
01.Ultima Thule
02.Return To The Morbid Reich
03.The Black Eye
04.Come And See My Sacrifice
05.Only Hell Knows
06.I Am Who Feasts Upon Your Soul
07.Don't Rip The Beast's Heart Out
08.I Had A Dream...
09.Lord Of Thorns
10.Decapitated Saints
11.They Are Coming...
12.Black Velvet And Skulls Of Steel
13.Raping The Earth [Bonus Tracks]
14.Troops of Tomorrow [Bonus Tracks]
NUCLEAR BLAST (2735-8)

Come And See My Sacrificeの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DRIVHELL /

2011年09月21日23:08:00

 

 

 

 

 

 

今日はイタリア出身の『DRIVHELL』の2009年リリースの
1stアルバム『A JOURNEY AS A LIFE』を紹介します。
 
イタリア出身の6人組プログレ・メタル・バンド『DRIVHELL』の
デビュー・アルバムです。
イタリアのバンドらしいインテリジェンス溢れるプログレ・メタルを
プレイしているわけで
メロディックでキャッチーなプログレ・メタルと言うスタンスは
どこか北欧系のバンドに通じるものも感じます。
DREAM THEATERほどのテクニカル度はありませんが、
時折複雑に畳み掛けるパッセージとドラマティックに展開するフレーズは
プログレ・メタル・ファンの琴線を震わせることでしょう。
 
難を言えばヴォーカルの弱さです。
何か本来メタル系のヴォーカリストじゃないのかも!?
 
DRIVHELL / A JOURNEY AS A LIFE
01.Pictures On A Score
02.My Convictions
03.A Journey as a Life
04.The Shining Stone
05.Haze Of Memories
06.The Uproar Of The World
07....in a Sweet Trap
08.Dried Branches
09.Fluttering Hell
WARNER CHAPPELL MUSIC (CSK188) 

A Journey as a Lifeの音だけどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DREAM THEATER /

2011年09月20日23:44:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『DREAM THEATER』の11thアルバム
『A DRAMATIC TURN OF EVENTS』(初回限定盤)を紹介します。
 
バンドの創設者でもありリーダー的存在だったドラマー
〝マイク・ポートノイ〞脱退後初のアルバムと言うことで、
『DREAM THEATER』ファンは勿論、プログレ・メタル・ファンとしては
注目のアルバムです。
 
おそらくドリムシ・ファンならそれなりに想像していたサウンドに
なっていたと思います。
従来のドリムシよりヘヴィさは後退し、
透明感溢れるサウンドが押し出されたアルバムに仕上がっています。
後任のドラマー〝マイク・マンジーニ〞もマイキーのそれと遜色のない
ドラミングを披露しています。
 
中心メンバーが居なくなったのだからそのサウンド・スタイル
も微妙に変わるのも当然で、それはファンも想定内だったと思います。
新生DREAM THEATERの第一弾アルバムとしては
問題のないアルバムだと思います。
 
ボーナスDVDにはドラマーのオーディション風景が収録されています。
これがなかなか興味深い映像で、
あれだけのテクニシャン揃いからメンバーを選ぶのは
大変な作業だと思いました。
ファンなら絶対にDVD付きをお勧めします。
 
DREAM THEATER / A DRAMATIC TURN OF EVENTS
Disc-1/CD
01.On The Backs Of Angels
02.Build Me Up, Break Me Down
03.Lost Not Forgotten
04.This Is The Life
05.Bridges In The Sky
06.Outcry
07.Far From Heaven
08.Breaking All Illusions
09.Beneath The Surface
Disc-2/DVD
※ THE SPIRIT CARRIES ON
※ A DRAMATIC TURN OF EVENTS Instrumental Version MP
WARNER MUSIC (WPZR-30410/1)

On The Backs Of AngelsのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DREAM THEATER /

2011年09月19日23:40:00



















今日はアメリカ出身の『DREAM THEATER』のライヴDVD
『PANEM ET CIRCENSIS : LIVE IN ROME、ITALY』を紹介します。


アルバム『OCTAVARIUM』に伴うワールド・ツアーの2005年10月31日
ローマ公演を収録したライヴDVDです。
アルバム『OCTAVARIUM』を完全再現したセット・リストは
翌年の日本公演でも行われているわけで、
この公演を見たファンには興味あるDVDだと思います。
因みに私も大阪公演に行きました。
 
映像自体はお世辞にもいいとは言えませんが数台のカメラで
シューティングしているプロ・ショットと思える映像です。
音質は映像程悪くなく、ヴォーカルが引っ込み気味なのが気になる程度で
音質自体の状態はいい方だと思います。
 
値段を考えれば納得の作品だと思いますが、
欲を言えば本編はアンコールで『OCTAVARIUM』以外のナンバーを
演奏しているはずですから
その映像もボーナス・トラックとかで収録して欲しかったです。
 
DREAM THEATER / PANEM ET CIRCENSIS:LIVE IN ROME、ITALY
01.The Root Of All Evil
02.The Answer Lies Within
03.These Walls
04.I Walk Beside You
05.Panic Attack
06.Never Enough
07.Sacrificed Sons
08.Octavarium
ACCESS ALL AREAS (AAA 005-9)

本作の映像ではないですがThe Root Of All Evilのライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)