Chekipon BLOG  
ログイン

MODERN ROMANCE /

2011年05月21日00:01:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『MODERN ROMANCE』の2006年リリースの
ベスト・アルバム『THE PLATINUM COLLECTION』を紹介します。
 
『MODERN ROMANCE』、
こんなバンドを知っている人はどれくらいるのでしょう!?
プログレでもないですし、勿論デスでもありません。
ポップスです。
80年代にイギリスでヒット曲を連発した知る人ぞ知る
ラテン音楽を上手く取り入れたサウンドが特徴だったバンドです。
時代はブリティッシュ・インベンションのブームが吹き荒れていた時で
残念ながらアメリカでのブレイクは果たせませんでしたが
ポップでキャッチーなナンバーを連発していました。
 
『HAIRCUT 100』『ABC』『ROMAN HOLIDAY』と言ったバンドと肩を並べる
いやそれ以上にいいバンドでした。
 
MODERN ROMANCE / THE PLATINUM COLLECTION
01.Everybody Salsa
02.Ay Ay Ay Ay Moosey
03.Bring On The Funkateers
04.Queen Of The Rapping Scene (Nothing Ever Goes The Way You Plan)
05.We Got Them Running (The Counting Song)
06.Cherry Pink And Apple Blossom White (7" Version)
07.By The Way (I'm Still In Love With You) (12" Version)
08.Best Years Of Our Lives (7" Version)
09.High Life
10.Don't Stop That Crazy Rhythm
11.Let's Go
12.After All This Time
13.She's So Fine
14.Walking In The Rain (7" Version)
15.Just My Imagination
16.Band Of Gold
17.Good Friday
18.Best Years Of Our Lives (Midnight Mix)
WARNER MUSIC UK (5101-17006-2)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BIRTH CONTROL /

2011年05月19日23:19:00

 

 

 

 

 

 

今日はドイツ出身の『BIRTH CONTROL』のオリジナルは1976年リリースの
7thアルバム『BACKDOOR POSSIBILITIES』
にライヴCDを付けた
2枚組アルバム『BACKDOOR POSSIBILITIES + SARTORY LIVE』を紹介します。
 
昨日紹介した『GENTLE GIANT』と同時期に活動していて、
よく引き合いに出されていた『BIRTH CONTROL』の
1976年リリースの7thアルバム『BACKDOOR POSSIBILITIES』のリマスター盤に1977年5月1日ドイツはコルバハでのライヴ音源3曲と
1976年9月24日ケルンでのライヴ音源を収録したライヴ盤を含む
2枚組アルバムが先日リリースされました。
『GENTLE GIANT』より歴然にハード・ロック然としたプログレッシヴ・ロックを
プレイしていた『BIRTH CONTROL』なわけで
コンセプト・アルバムでもある7thアルバムでもSEやインストによる組曲を
上手く取り入れた
ドラマティックでスリリングなアルバムに仕上がっています。
やはり『BIRTH CONTROL』の魅力は時代を感じるオルガンの響きで
そう言った部分では70年代のベーシックなブリティッシュ・ハード・ロックの香りを強く感じます。
 
ライヴ音源はお世辞にもいいとは言えずブート並の音質ですが
彼等のテクニカルでアグレッシヴなプレイが聴くことが出来ます。
 
BIRTH CONTROL / BACKDOOR POSSIBILITIES + SARTORY LIVE
Disc-1:
One First of April:
01.Prologue
02.Physical and Mental Short Circuit
03.Subterranean Escape
Beedeepees:
04.Film Of Life
05.Childhood Flash-Back
06.Legal Labyrinth
07.Futile Prayer
La Ciguena De Zaragoza:
08.The Farrockaway Ropedancer
09.Le Moineau de Paris
10.Cha Cha D’Amour
11.Behind Grey Walls
12.No Time To Die
13.Meta Ventilator (Live) [Bonus Track]
14.Gamma Ray (Live) [Bonus Track]
15.Long Tall Sally (Live) [Bonus Track]
Disc-2:
"Live at Sartory Saal, Cologne 24.9.1976":
01.Plastic People
02.One First of April
03.BeeDeePees: Backdoor Possibilitie
04.My Mind
05.La Cigüena De Zaragoza
06.Behind Grey Walls
07.Keyboard Solo/No Time To Die/Guitar Solo
BOUTIQUE (BOUCD 6612)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GENTLE GIANT /

2011年05月18日23:52:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『GENTLE GIANT』のオリジナルは1970年リリースの
1stアルバム『GENTLE GIANT』を紹介します。
 
私がハード・ロックを聴き出したのが1976年頃で、
2~3年後にプログレにハマってしまい今に至るわけですが
インターネットもない当時に情報も入手しにくかった時代でしたから
『GENTLE GIANT』と言う存在は全く知りませんでした。
かなり経ってからこの『GENTLE GIANT』の名前を知ることになるわけで
アルバムを買うこともなかったのですが先日何となく買ってみました。
 
クラシック、ジャズ、ブルース、民族音楽と言った音楽を網羅したサウンドは
いかにも70年代プログレッシヴ・ロックの王道と言えるものです。
何よりユニークなのは妙なポップ感があるのがこのバンドの特徴でしょう。
 
ロックと言うカテゴリーに囚われない弦楽器や管楽器などを
ふんだんに取り入れたサウンドは
やはり『KING CRIMSON』『YES』に通じるものがあります。
牧歌的な印象を持っているところも
いかにもイギリスのバンドらしい気品を感じます。
 
GENTLE GIANT / GENTLE GIANT
01.Giant
02.Funny Ways
03.Alucard
04.Isn't It Quiet & Cold
05.Nothing At All
06.Why Not?
07.The Queen
REPERTOIRE RECORDS (REPUK 1035)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ASIA /

2011年05月16日23:11:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『ASIA』の2011年リリースのライヴ・アルバム
『THE OMEGA TOUR LIVE』を紹介します。
 
2010年12月ロンドン・フォーラムでのライヴを収録した
2枚組ライヴ・アルバムです。
2010年リリースのアルバム『OMEGA』に伴うツアーですので、
『OMEGA』からのナンバーが6曲も収録されており
それ以外は〝スティーヴ・ハウ〞のソロや〝カール・パーマー〞のソロ、
そして往年のヒット曲と言った構成です。
このライヴの聴きどころはキーボードのみによる〝Don't Cry〞から
〝The Smile Has Left Your Eyes〞に続く展開です。
キーボードのみの演奏による〝Don't Cry〞が想像以上に素晴らしいので驚きました。
 
オフィシャル・ブートレッグと言うことで音のバランスに若干の難があり
演奏も少しラフな印象はありますがオヤジ達の熱いパフォーマンスを
聴くことが出来るライヴです。
 
ASIA / THE OMEGA TOUR LIVE
Disc-1
01.I Believe
02.Only Time Will Tell
03.Holy War
04.Never Again
05.Through My Veins
06.Steve Howe's SOLO: 
07.Dont Cry/The Smile Has Left Your Eyes
08.Open Your Eyes
Disc-2
01.Finger On The Trigger
02.Time Again
03.An Extraordinary Life
04.End Of The World
05.The Heat Goes On(including Carl Palmer's Drum SOLO)
06.Sole Survivor 
07. Go/Heat Of The Moment
CONCERT LIVE (CLCD317)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

STATIC X /

2011年05月16日00:57:00

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカは出身の『STATIC X』の2008年リリースのライヴ盤『CANNIBAL KILLERS LIVE』を紹介します。
 
一時期はよく聴いてた時もありましたが
日本盤がリリースされないと言うこともあってか
最近のアルバムは全くのノーチェックだった『STATIC X』ですが
某所のセールで1,000円で販売されていたので買ってみました。

2007年リリースの6thアルバム『CANNIBAL』に伴う
2007年6月2日ワシントンでのライヴ映像で
DVD(ライヴ映像とミュージック・ビデオ)とライヴ映像と
同じ音源のCDの2枚組です。
かなりの台数のカメラでシューティングしていて
かなり凝った映像に編集されています。
ギューギューの客席の熱い熱気は尋常ではないのですが、
妙にそれが音に反映されていないのは何故でしょう!?

セット・リスト的には彼等の代表曲を網羅していて
その点では満足出来るものです。
 
STATIC X / CANNIBAL KILLERS LIVE
Disc-1/DVD
CANNIBAL KILLERS LIVE
01.Cannibal
02.Dirthouse
03.Sh** In A Bag
04.I'm With Stupid
05.Bled For Days
06.No Submission
07.Behemoth
08.Destroy All
09.Cold
10.Black And White
11.Destroyer
12.The Enemy
13.The Trance Is The Motion
14.This Is Not
15.Love Dump
16.Push It
17.Get To The Gone
VIDEOS
01.Push It
02.I'm With Stupid
03.Bled For Days
04.This Is Not
05.Black And White
06.Cold
07.The Only
08.So
09.I'm The One
10.Dirthouse
11.Destroyer
12.Cannibal
Disc-2/CD
01.Cannibal
02.Dirthouse
03.Sh** In A Bag
04.I'm With Stupid
05.Bled For Days
06.No Submission
07.Behemoth
08.Destroy All
09.Cold
10.Black And White
11.Destroyer
12.The Enemy
13.The Trance Is The Motion
14.This Is Not
15.Love Dump
16.Push It
17.Get To The Gone
REPRISE RECORDS (9362-49836-5)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

AVENGED SEVENFOLD /

2011年05月15日01:45:00

 

 

 

 

 


今日はアメリカはカリフォルニア出身の『AVENGED SEVENFOLD』の
2008年リリースのライヴDVD『LIVE IN THE LBC & DIAMONDS IN THE ROUGH』を紹介します。
 
2008年4月10日、かの有名なロング・ビーチ・アリーナでのライヴを納めた
ライヴDVDと未発表曲とカバー曲を収録したCD、豪華2枚組のDVDです。
 
去年のラウド・パークで見るまで彼等にさほど興味がなかったのですが、
昨年リリースのアルバム『NIGHTMARE』を初めて聴いて
その見た目とは違い正統派のハード・ロックをプレイするバンドであることに
驚きを感じました。
そんなわけでこんなライヴDVDがリリースされていることも知らなかったわけで
輸入盤が何故か¥900程で販売されていたので購入してみました。
 
これはなかなか凄いライヴ映像です。
ステージ・セットの仕掛けもそれなりに凝ってますし、
パフォーマンスも堂に入ったものです。
今は亡きドラマー〝レヴ〞の元気な姿も見れます。
 
CDは未発表曲に『IRON MAIDEN』の〝Flash Of The Blade〞と
『PANTERA』の〝Walk〞が収録されています。
 
AVENGED SEVENFOLD / LIVE IN THE LBC & DIAMONDS IN THE ROUGH
Disc-1/DVD
01.Critical Acclaim
02.Second Heartbeat
03.Afterlife
04.Beast And The Harlot
05.Scream
06.Seize The Day
07.Walk
08.Bat Country
09.Almost Easy
10.Gunslinger
11.Unholy Confessions
12.A Little Piece Of Heaven
EXTRA
01.Tour Intros
02.Scream Intro Video
03.Encore Video
Disc-2/CD
01.Demons
02.Girl I Know
03.Crossroads
04.Flash Of The Blade
05.Until The End
06.Tension
07.Walk
08.The Fight
09.Dancing Dead
10.Almost Easy (CLA Mix)
11.Afterlife (Alternate Version)

WARNER BROS.RECORDS (466684-2)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SONGS FOR JAPAN /

2011年05月12日23:31:00

 

 

 

 

 

 

今日は東日本大震災チャリティ・アルバム
『SONGS FOR JAPAN』を紹介します。
 
今年3月11日に起こった東日本大震災の支援を目的に
レコード会社の枠を越えて制作されたチャリティ・アルバムです。
収益は義援金として日本赤十字社にソニー・ミュージックエンタテイン
メント(アメリカ)を通じて寄付されると言うことで、
無駄にCDを買ってるように見られる私自身もCDを買うことで
義援が出来るのならと言う気持ちで1枚買わさせて頂きました。
と言ってるわりには国内盤の半額ほどの輸入盤を買いましたけど(^^;
 
まぁ新旧有名どころのアーティストばかりですので
ドライヴのBGMとして聴くには最適だと思います。
 
これだけは友達にコピーしてもらうんじゃなくて
買って聴きましょうね~!
 
SONG FOR JAPAN
Disc-1
01.John Lennon “Imagine”
02. U2 “Walk On”
03. Bob Dylan “Shelter From The Storm”
04. Red Hot Chili Peppers “Around The World”
05. Lady Gaga “Born This Way”
06. Beyonce “Irreplaceable”
07. Bruno Mars “Talking To The Moon”
08. Katy Perry “Firework”
09. Rihanna “Only Girl (In The World)”
10. Justin Timberlake “Like I Love You”
11. MADONNA 「Miles Away -Live」
12. Eminem “Love The Way You Lie”
13. Bruce Springsteen “Human Touch”
14. Josh Groban “Awake”
15. Keith Urban “Better Life”
16. Black Eyed Peas “One Tribe”
17. Pink “Sober”
18. Cee Lo Green “It’s Ok”
Disc-2 
01. Lady Antebellum - I Run to You
02. Bon Jovi - What Do You Got?
03. Foo Fighters - My Hero
04. R.E.M. - Man On the Moon (live)
05. Nicki Minaj - Save Me
06. Sade - By Your Side
07. Michael Buble - Hold On (radio mix)
08. Justin Bieber - Pray (acoustic)
09. Adele - Make You Feel My Love
10. Enya - If I Could Be Where You Are
11. Elton John - Don't Let the Sun Go Down On Me
12. John Mayer - Waiting On the World to Change
13. Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
14. Kings of Leon - Use Somebody
15. Sting, Steven Mercurio & The Royal Philharmonic Orchestra - Fragile (live in Berlin)
16. Leona Lewis - Better In Time
17. Ne - Yo
18. Shakira - Whenever Wherever
19. Norah Jones - Sunrise
SONY MUSIC ENTERTAINMENT (88697 90504)
 
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

AMARANTHE /

2011年05月12日00:24:00

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『AMARANTHE』のデビュー・アルバム『AMARANTHE』を紹介します。
 
『DRAGONLAND』のギタリスト〝オロフ・モルク〞と
『DREAMLAND』のヴォーカル〝ジェイク・E〞のプロジェクト
『AMARANTHE』の
デビュー・アルバムです。
このバンドの最大の特徴は女性ヴォーカルを含む男性2人との
トリプル・ヴォーカルで、
『DRAGONLAND』的なパワー・メタルをベースにしながらも、
北欧のバンドらしいメロディック・デス・メタルをプレイしています。
加えてこのバンドのもう1つの特色はキーボードの使い方が
ユーロ系のサウンドに似ているところです。
そう言ったところからメロ・デスと言うカテゴリーではあるものの
キャッチーな楽曲やポップとも言えるアレンジをフィーチャーするスタイルは
メジャー感溢れるヘヴィ・メタル・サウンドを作り出しています。
 
プロジェクトと言うことですがこれは期待の新人かも知れません。
来月8日が日本盤リリースですが、何と7月1日には
日本デビュー1ヶ月を待たずに来日公演を行います。
ライヴでもアルバムのこのクオリティを落とさないパフォーマンスを
見せ付けてくれることを願います。
 
AMARANTHE / AMARANTHE
01.Leave Everything Behind Hunger
02.Hunger
03.1.000.000 Lightyears
04.Automatic
05.My Transition Amaranthe
06.Amaranthe
07.Rain
08Call Out My Name
09.Enter The Maze
10.Director's Cut
11.Act of Desperation
12.Serendipity
SPINEFARM RECORDS (SP1391CD-2768665)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SCAR SYMMETRY /

2011年05月09日23:29:00

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『SCAR SYMMETRY』の5thアルバム
『THE UNSEEN EMPIRE』を紹介します。
 
前作からツイン・ヴォーカル体制になり、
新体制第二弾となるニュー・アルバムです。
ベースとなるのは間違いなくメロディック・デスと言えるものですが
グロウルとクリーン・ヴォイスのツイン・ヴォーカルの
絶妙なコンビネーションが実に見事で
このバンドの大きなセールス・ポイントでしょう。
とにかくメロディアスで激しいアグレッションの中にも光る
キャッチーなセンスが聴き手を引き込むわけで
グロウルのヴォーカル・パートを気にしなければ
メロディック・メタル・リスナーにも
十分アピール出来るアルバムだと思います。
 
グロウルだからと言う理由で聴かないのはあまりにも勿体無い
素晴らしいメロディー満載のメロディック・メタルの傑作だと思います。
2人のギタリストのプレイも聴き応えあり!
 
SCAR SYMMETRY / THE UNSEEN EMPIRE
01.The Anomaly 
02.Illuminoid Dream Sequence 
03.Extinction Mantra 
04.Seers Of The Eschaton
05.Domination Agenda 
06.Astronomicon 
07.Rise Of The Reptilian Regime 
08.The Draconian Arrival
09.Alpha And Omega

NUCLEAR BLAST (27361 26892)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OBSCURA /

2011年05月08日23:38:00

 

 

 

 

 

 

今日はドイツ出身の『OBSCURA』の3rdアルバム
『OMNIVIUM』を紹介します。
 
伝説のカナダのデス・メタル・バンド『GORGUTS』の
アルバム・タイトルからバンド名にした(らしい)
ドイツのプログレッシヴ・デス・メタル・バンド『OBSCURA』の
2年振りのニュー・アルバムです。

1st・2ndは恥ずかしながら未聴なのですが、
噂通りのプログレッシヴでブルータルなデス・メタルを
聴かせてくれています。
加えてメロ・デスとも思えるメロディックなフレーズやリフも
ふんだんに取り込み、縦
横無尽に弾きまくるギター・ソロや、
それに負けず劣らないベースのテクニシャンぶりなど
てんこ盛り状態のテクニカルなデス・メタルです。
だからと言って楽曲の構成が散漫になるようなことは全くなく
ドラマティックで聴き応えのあるサウンドを作り出しています。
 
確かにデス・メタルかも知れませんが
間口の広いプログレ・メタル・リスナーやメロ・デス・リスナーにも
是非トライして欲しいアルバムです。
 
OBSCURA / OMNIVIUM
01.Septuagint
02.Vortex Omnivium
03.Ocean Gateways
04.Euclidean Elements
05.Prismal Dawn
06.Celestial Spheres
07.Velocity
08.A Transcendental Serenade
09.Aevum
RELAPSE RECORDS (RR7126)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)