Chekipon BLOG  
ログイン

ゆあさまさや /

2011年05月30日23:12:00

 

 

 

 

 

 

今日はアコースティック・ギタリスト『ゆあさまさや』さんの
2010年リリースの『HAPPY DAYS』を紹介します。
 
今月22日に行われた文殊の音ライヴで購入したCDです。
ゆあささんのギター・プレイはタッピングを多用したスタイルで
聴くよりは実際に見た方が楽しいプレーヤーです。
今回のアルバムはメジャー・コードの楽曲が中心で
春~夏辺りでに聴くには最適なアルバムです。
まぁ自費出版ですので贅沢は言えませんが
もう少しボトムに音に厚みがあればいいと思います。
でも、ゆあさんの作曲のセンスやそのテクニックが十分伝わるアルバムです。
 
ライヴで聴いた時から気に入っていた〝琵琶湖のほとり〞はやはりいい曲で、
CDではイントロに〝G線上のアリア〞を挿入するアレンジが使われています。
と言うことはこの曲は〝G線上のアリア〞にインスパイアされて
作った曲と言うことでしょうか!?
 
ゆあさまさや / HAPPY DAYS
01.なつのおと
02.サーカス
03.春風
04.琵琶湖のほとり
05.サイクリング
06.なぎさドライブウェイ
07.せせらぎの散歩道
08.かけぬける空~like a bird~
CD-YUA-2010
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEPAPEPE /

2011年05月29日22:40:00

 

 

 

 

 

 

今日はアコースティック・ギター・デュオ『DEPAPEPE』の5thアルバム
『ONE』(初回限定盤)を紹介します。
 
オリジナル・アルバムとしては2009年の『Do!』以来2年ぶりのアルバムです。
季節的に夏前リリースと言うこともあってか
全体的には明るくノリのいいナンバーで占められたアルバムです。
昨今の『DEPAPEPE』はバンド・サウンドでのレコーディングが多いわけで
それはそれでいいスパイスになっていて、
特にポップでロックな曲調はやはりバンド・サウンドが合っています。
鬱陶しい梅雨の季節を爽やかに過ごす、勿論晴れた日にも聴いて欲しい1枚です。
 
初回限定盤には教則DVDが付いています。
アルバム収録の〝恋水〞を解説、演奏しており
ライヴの時のような2人の息の合った面白トークで進行しています。
ギターを弾く人は勿論、弾けない人も楽しめる内容ではないでしょうか!?
因みにその〝恋水〞のタブ譜も付いています。
 
DEPAPEPE / ONE
01.恋水
02.Lion
03.beautiful wind
04.ONE
05.Starry Night
06.notes for Flora
07.Route 128
08.Hello
09.Wind on the coastline
10.Pride
11.-Interlude-
12.白い花
Disc-2/DVD
01.オープニング
02.朝礼
03.模範演奏 (マルチ・アングル)
04.Lesson1 イントロ
05.Lesson2 Aメロ
06.Lesson3 Bメロ
07.Lesson4 サビ
08.Lesson5 ソロ
09.カラオケ 「徳岡くんと弾いてみよう」
10.カラオケ 「三浦くんと弾いてみよう」
11.ホームルーム
SME RECORDS (SECL 971-2)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

城直樹 /

2011年05月28日23:35:00

 

 

 

 

 

 

 

今日はアコースティック・ギタリスト『城直樹』さんの
1stアルバム『PERFECT WORLD』を紹介します。
 
先週ライヴに行った時に購入した2003年にリリースの〝城直樹〞さんの
デビュー・アルバムです。
パーカッシヴなプレイのイメージの強い城さんですが
2008年リリースのセカンド・アルバムではそんなプレイもありつつ
メロディックでメロウなナンバーも数多くあったわけで
このデビュー・アルバムでもそんなコンセプトで製作されています。
ただパーカッシヴなナンバーに比べるとスローなナンバーが
全体的に淡白な感じがして
それを思うと2ndアルバムは成長の跡が歴然にうかがい知る事が出来ると
言えるでしょう。
 
エンハンスト映像に〝MATADOR〞のミュージック・ビデオに
全曲チューニングリスト及び「Matador」楽譜も付いています。
 
城直樹 / PERFECT WORLD
01.Groove Master
02.Perfect World
03.Mile Stone
04.Giant Sequoia
05.深海
06.Turning Point
07.ゆかた
08.Matador
09.放課後の芝生の上で
SIGN-POLE RECORDS (SPR-1001)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2011年05月27日23:03:00

 

 

 

 

 

 

今日も『QUEEN』の5thアルバム『A DAY AT THE RACE』(DELUXE EDITION)を紹介します。
 
タイトルからして前作『A NIGHT AT THE OPERA』(邦題:オペラ座の夜)と
対になるアルバムと位置付けられるわけで
ゴスペルのアレンジが素晴らしい〝Somebody to Love〞や、
アーティスティックかつユニーク極まりない〝Millionaire Waltz〞や
日本語のフレーズが飛び出す〝Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 〞など、
初期のQUEENの最終章とも言える名盤です。
 
ボーナスCDは5曲収録されており3曲がライヴ音源です。
どのライヴも素晴らしく、5作品のボーナスEPの中では
このアルバムのものが一番好きかも。
 
QUEEN / A DAY AT THE RACE
01.Tie Your Mother Down
02.You Take My Breath Away
03.Long Away
04.Millionaire Waltz
05.You and I
06.Somebody to Love  
07.White Man
08.Good Old-Fashioned Lover Boy
09.Drowse
10.Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
Disc-2
01.Tie Your Mother Down (Backing Track Mix 2011)
02.Somebody to Love (Live at Milton Keynes Bowl, June 1982)
03.You Take My Breath Away (Live in Hyde Park, September 1976)
04.Good Old-Fashioned Lover Boy (Top of The Pops, July 1977) (Mono)
05.Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (HD Mix)
HOLLYWOOD RECORDS (D001364802)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2011年05月26日23:07:00

 

 

 

 

 

 

今日も『QUEEN』の4thアルバム『A NIGHT AT THE OPERA』
(DELUXE EDITION)を紹介します。
 
『QUEEN』のロック史に残る金字塔とも言える超名盤と言われるのが
オリジナルは1975年リリースの『A NIGHT AT THE OPERA』
(邦題:オペラ座の夜)です。
この時期になると『QUEEN』はハード・ロックと言う範疇では語れない
ものになっており、
プログレッシヴ・ロックとも違う
『QUEEN』ならではサウンドを完成させていました。

このアルバムはまさしく玉手箱をひっくり返したようなアルバム
と言えるわけで
名曲〝Bohemian Rhapsody〞だけに留まらない
底知れぬパワーを持った
『QUEEN』流の様式美と拡散美が合体した
究極のアルバムです。
 
ボーナスCDは6曲収録されているわけですが
やはりライヴ音源の〝'39〞〝Love of My Life〞の2曲に尽きます。
 
QUEEN / A NIGHT AT THE OPERA
01.Death On Two Legs (Dedicated to...)
02.Lazing On A Sunday Afternoon
03.I'm In Love With My Car
04.You're My Best Friend
05.'39
06.Sweet Lady
07.Seaside Rendezvous
08.The Prophet's Song
09.Love Of My Life
10.Good Company
11.Bohemian Rhapsody
12.God Save The Queen
Disc-2 (BONUS EP)
01.Keep Yourself Alive (Long-Lost Retake, June 1975)
02.Bohemian Rhapsody (Operatic Section A Cappella Mix 2011)
03.You're My Best Friend (Backing Track Mix 2011)
04.I'm In Love With My Car (Guitar & Vocal Mix 2011)
05.'39 (Live At Early's Court, June 1977)
06.Love of My Life (South American Live Single, June 1979)
HOLLYWOOD RECORDS (D001364802)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2011年05月25日23:27:00

 

 

 

 

 



 今日も『QUEEN』の3rdアルバム『SHEER HEART ATTACK』
(DELUXE EDITION)を紹介します。 

本国でもやっと売れ出した『QUEEN』はこの3rdアルバムからの
シングル・カット〝Killer Queen〞でイギリスは元より
アメリカでもヒットし全米でのブレイクのキッカケとなります。

ライヴでは〝ブライアン・メイ〞のギター・ソロがフィーチャーされる
〝Now I'm Here〞や
その後『METALLICA』もカバーする
〝Stone Cold Crazy〞などが収録されています。

2ndアルバムよりかなり聴きやすいアルバムに仕上がっていると思いますし、
いい意味で洗練された感はあります。
全体的にキャッチーな楽曲が多い作品だと思います。

ボーナスCDはライヴ音源を中心に収録されているわけですが
1番良かったのは〝Bring Back That Leroy Brown〞のアカペラ・ミックスです。
このヴァージョンでどこかのコーラス・グループがカバーしてくれないかな~(^o^)

QUEEN / SHEER HEART ATTACK
Disc-1
0
1.Brighton Rock
02.Killer Queen
03.Tenement Funster
04.Flick Of The Wrist
05.Lily Of The Valley
06.Now I'm Here
07.In The Lap Of The Gods
08.Stone Cold Crazy
09.Dear Friends
10.Misfire
11.Bring Back That Leroy Brown
12.She Makes Me (Stormtrooper In Stilettos)
13.In The Lap Of The Gods...Revisited
Disc-2 (BONUS EP)
0
1.Now I'm Here [Live At Hammersmith, December 1975]
02.Flick Of The Wrist [BBC Session, October 1974]
03.Tenement Funster [BBC Session, Octover 1974]
04.Bring Back That Leroy Brown [Acappella Mix 2011]
05.In The Lap Of The Gods...Revisited [Live At Wembley, July 1986]
HOLLYWOOD RECORDS (D001364502)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2011年05月24日23:39:00

 

 

 

 

 



今日も『QUEEN』の2ndアルバム『QUEEN Ⅱ』(DELUXE EDITION)を
紹介します。

『QUEEN』のアルバムの中で『A NIGHT AT THE OPERA』に次いで
人気のあるアルバムがオリジナルは1974年リリースの『QUEEN Ⅱ』です。
少なくとも私はそう思ってます(^^;
1stアルバムから格段にドラマティックにそして洗練されたサウンドへと
成長した『QUEEN Ⅱ』なわけで
CDになってしまうと分かりませんがアナログ盤ではA面がホワイト・サイド、
B面がブラック・サイドとなっていて、
その言葉通りA面はソフト系、
B面はハード系の曲調のコンセプトに仕上がっています。
まぁとにかくB面のトップを飾る〝オウガ・バトル(人喰い鬼の闘い)〞から
ラストの〝輝ける7つの海〞までの
息もつかせない展開は圧巻です!!!
 
ボーナスCDにはライヴ音源やシングル〝輝ける7つの海〞の
B面に収録されていた
〝See What a Fool I've Been〞などが
収録されています。
 
久しぶりに聴きましたがやはり『QUEEN Ⅱ』の様式美は素晴らしい!!!
 
QUEEN / QUEEN Ⅱ
Disc-1
01.Procession
02.Father to Son
03.White Queen (As It Began)
04.Some Day One Day
05.Loser in the End
06.Ogre Battle
07.Fairy Feller's Master Stroke
08.Nevermore
09.March of the Black Queen
10.Funny How Love Is
11.Seven Seas of Rhye
Disc-2 (BONUS EP)
01.See What a Fool I've Been [BBC Session, July 1973: 2011 Remix] [Live]
02.White Queen [Live at Hammersmith Odeon, December 1975] [Live]
03.Seven Seas of Rhye [Instrumental Mix 2011] [Instrumental]
04.Nevermore [BBC Session, April 1974] [Live]
05.See What a Fool I've Been [B-Side Version, February 1974]
HOLLYWOOD RECORDS (D001364202)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2011年05月23日23:25:00

 

 

 

 

 

 

今日はイギリス出身の『QUEEN』の1stアルバム
『QUEEN』(DELUXE EDITION)を紹介します。
 
今年QUEEN結成40周年を記念して記念アルバムがリリースされています。
そんな中ボーナスCDを付けた2枚組のデラックス・エディション盤が
リリースされたので
購入しました。
 
そんな今日は1973年にリリースされた記念すべきデビュー・アルバム『QUEEN』(邦題:戦慄の王女)を紹介します。
デビュー当時は本国のイギリスのプレスには酷評されていましたが
この日本ではすぐ火が付いたバンドでした。
そんなところは『BON JOVI』と似ています。
1stアルバムではまだまだハード・ロック然としたスタイルがベースと
なっているわけですが、
彼等の特徴である分厚いコーラスや
プログレッシヴな展開は既に出来上がっており
1stアルバムからオリジナリティ溢れるサウンドが確立されています。
 
さて今回リリースされたデラックス・エディションには5曲のデモ音源と
アルバム未収録の〝Mad The Swine〞が収録されています。
デモ音源となっていますが殆ど出来上がっていると言っていいわけで
その完成度の高さに驚かされます。
 
QUEEN / QUEEN
Disc-1
01.Keep Yourself Alive
02.Doing All Right
03.Great King Rat
04.My Fairy King
05.Liar
06.Night Comes Down
07.Modern Times Rock 'n' Roll
08.Son and Daughter
09.Jesus
10.Seven Seas of Rhye
Disc-2 (BONUS EP)
01.Keep Yourself Alive [De Lane Lea Demo, December 1971]
02.Night Comes Down [De Lane Lea Demo, December 1971] 
03.Great King Rat [De Lane Lea Demo, December 1971]
04.Jesus [De Lane Lea Demo, December 1971] 
05.Liar [De Lane Lea Demo, December 1971] 
06.Mad The Swine [June 1972}
HOLLYWOOD RECORDS (D001363902)
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE BIG 4 : Live From Sofia Bulgaria /

2011年05月22日23:22:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は『METALLICA』『SLAYER』『MEGADETH』『ANTHRAX』が出演した
『BIG 4』のブルーレイ『THE BIG 4 : Live From Sofia Bulgaria』を紹介します。

昨年リリースされてすぐ購入しようと思っていたのですが
ブルーレイを買う計画をしていたので
この度やっとブルーレイを購入したのでこのライヴのブルーレイを購入したわけです。

2010年6月22日ブルガリアでの模様を収録したライヴですが
とにかくブルーレイの綺麗さに関心しきりです。
演奏の方はベテランのバンドばかりですので全く問題なし。
『MEGADETH』の時の大雨もいい演出になっている気がします。
〝Am I Evil?〞で全バンドが登場し演奏する姿も壮観です。 

やはりこの日本公演を実現して欲しかったと思います。
アメリカに四天王と言う言葉が存在するのか知りませんが
その名に相応しいライヴ映像だと思います。

THE BIG 4 : Live From Sofia Bulgaria
Disc-1
【ANTHRAX】
01.Caught in a Mosh
02.Got the Time (JOE JACKSON cover)
03.Madhouse
04.Be All, Be End
05.Antisocial (TRUST Cover)
06.Indians/Heaven and Hell (BLACK SABBATH cover)
07.Medusa
08.Only
09.Metal Thrashing Mad
10. I Am The Law
【MEGADETH】
01.Holy Wars...The Punishment Due
02.Hangar 18
03.Wake Up Dead 
04.Head Crusher
05.In My Darkest Hour
06.Skin O' My Teeth
06.A Tout Le Monde
07.Hook In Mouth
08.Trust
09.Sweating Bullets
10.Symphony Of Destruction
11.Peace Sells/Holly Wars Reprise
【SLAYER】
01. World Painted Blood
02. Jihad
03. War Ensemble
04. Hate Worldwide
05.Seasons In The Abyss
06.Angel of Death
07.Beauty Through Order
06.Disciple
07.Mandatory Suicide
08.Chemical Warfare
09.South of Heaven
10.Raining Blood

Disc-2
【METALLICA】
01.Creeping Death
02.For Whom The Bell Tolls
03.Fuel
04.Harvester of Sorrow
05.Fade To Black
06.That Was Just Your Life
07.Cyanide
08.Sad But True
09.Welcome Home (Sanitarium)
10.All Nightmare Long
11.One
12.Master Of Puppets
13.Blackened
14.Nothing Else Matters
15.Enter Sandman
16.Am I Evil?
17.Hit The Lights
18.Seek and Destroy
※Bonus DOCUMENTARY
WARNER BROS RECORDS (525884-BD2)

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

文殊の音 其の二七

2011年05月21日23:22:00

































今日は八日市市の太子ホールであった〝文殊の音 其の二七〞
に行ってきました。

〝文殊の音〞とは京都在住のアコースティック・ギタリスト〝ゆあさまさや〞さんが主宰するライヴ・イベントで
今日は同じアコースティック・ギタリスト〝城直樹〞さんを迎え開催されました。

昨年もこの太子ホールでライヴをされたわけで
初めて見る城さんのパーカッシヴでアグレッシヴなプレイには圧倒されたわけですが
今回も鬼気迫る熱いプレイを聴かせて下さいました。

明日も京都の〝シルバーウイングス〞でライヴを行われるので
近くの方は是非ご覧になって下さい。
ギターの固定概念を覆す城さんのプレイは必見の価値ありです。

ゆささまさやセットリスト
01.湖岸道路
02なぎさドライヴウェイ
03.見上げてごらん夜の星を
04.うかばれない涙
05.BOON BOON
06.雲にのりたい
07.五稜郭
08.8色の虹
09.かけぬける空~like a bird~
10.Yesterday (ビートルズのカバー)
11.アクアブルー
12.カノン
13.サーカス
14.Ragamuffin (Michael Hedgesのカバー)  with 城直樹

城直樹セットリスト
01.Fantasista!
02.Never
03.Turning Point
04.深海
05.Mile Stone
06.Toy Box
07.The Stranger
08.Flare
encore
09.放課後の芝生の上で
10.文殊の音 閉幕(仮) with ゆあさまさや

残念ながら長らく続けられていた文殊の音は明日のシルバーウィングスで
一旦閉幕となるようです。
いつの日か再び文殊の音が再開されることを願います。



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)