Chekipon BLOG  
ログイン

小林香織 /

2009年11月29日22:58:23





今日はアルトサックス&フルート奏者の『小林香織』のベスト・アルバム

『THE GOLDEN BEST』(DVD付き初回限定盤)を紹介します。



来月初のカバー・アルバム『LUV SAX』をリリースする〝小林香織〞さんの

2005年のデビュー・アルバムから4thアルバムまでからセレクトされたベスト・アルバムで、

このアルバムの為に書き下ろした新曲も1曲収録されています。

昨年12月に初めてライヴを体験してすっかりファンになったわけですが、

キュートでポップでキャッチーなサウンドがとても爽やかで

ドライヴとかに聴くには最適のアルバムでしょう。



昔で言うなら『カシオペア』や『T-SQUARE』のサウンドが好きな人にお勧めの

アルバムではないでしょうか。



初回限定盤のDVDには〝Explore The Field〞のPVとグラビア撮影風景や

レコーディング風景の模様が収められています。



小林香織 / THE GOLDEN BEST

Disc-1/CD

01.Kira-Kira

02.Airflow

03.Solar

04.Shiny

05.Walk in The Night

96.West Police

07.free

08.Energy

09.Smoky

10.Sunny

11.Passing Lane

12.Nothing''s Gonna Change My Love For You

13.Sunset Ocean

14.Interlude 2009

15.Ele Best!

Disc-2/DVD

01.Explore The Field

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEAD END /

2009年11月28日22:43:46





今日は日本の『DEAD END』の1stアルバム『DEAD LINE』(DVD付き初回限定盤)を紹介します。



1986年にインディーズからリリースされたデビュー・アルバムが目出度くリイシューされました。

私も最初のCD化の時に当時通っていたレンタル・ショップにこのアルバムがレンタルされていて

(何と凄いレンタル屋!)、借りて聴いたことがあります。

再結成に伴って長らく廃盤だった『DEAD LINE』がリイシューされ、

初回限定盤には1987年1月11日の毎日ホールライブでのライヴ映像を収録した

DVD付きもリリースされました。

リマスタリングされましたので音も向上しているので既にCDを持っている方も

買い直しされることをお勧めしますし、

購入されるのならDVD付きにされる方がいいでしょう。

約1時間に渡る初期の荒々しい『DEAD END』のライヴ映像が体験出来ます。

まぁブート並みの画質ですが、このライヴ映像は引必見の価値があると思います。



DEAD END / DEAD LINE

Disc-1/CD

01.Spider in The Brain

02.Frenzy

03.Back on The Shadows

04.The Awakeing

05.Sacrifice of The Vision

06.Defenitive Urge

07.Perfume of Violence

08.Beyond The Reincarnation

09.Replica

10.Worst Song

Disc-2/DVD

01.Spider in The Brain

02 The Awakeing

03 The Damned Thing

04 Back on Thr Shadows

05 The Red Moon Calls Insanity

06 Defenitive Urge

07 Guitar Solo

08 Worst Song

09 Frenzy

10 Beyond The Reincarnation

11 Dead Man''s Rock

12 Perfume of Violence

13 Sacrifice of The Vision

DANGER CRUE (DCCL-12~13)



〝Perfume of Violence〞のライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

DEAD END /

2009年11月27日22:42:04





今日は日本の『DEAD END』の再結成アルバム『METAMORPHOSIS』(DVD付き初回限定盤)を

紹介します。



1980年代中期に勃発したジャパニーズ・ヘヴィ・メタルのムーブメントの中にあって

独自の世界観を作り出し絶大な人気を誇った元祖ヴィジュアル系・バンド『DEAD END』の

20年振りとなるニュー・アルバムです。

『DEAD END』再結成のニュースを聞いた時は驚きましたし

それに伴ってニュー・アルバムもリリースすると言うことにも嬉しいニュースでしたが、

そのサウンドは初期の頃のサウンドなのか後期のサウンドなのかと言うことが

とても気になることでした。

とりあえずどんなサウンドか全く分からず直ぐにこのCDを予約したわけですが

ハード・ロック然とした『DEAD END』のサウンドが復活して大感激です。



MORRIEのヴォーカルも全盛期と変わらない妖艶でパワフルな歌声を聴かせており、

YOUのギターもメロディアスでテクニカルなフレーズをはじき出しています。

80年代の焼き直し的なサウンドではない現代の『DEAD END』が提示する

ハード・ロック・サウンドが躍動していると言っていいでしょう。

今ヴィジュアル系と言われるバンドの音楽を聴いているティーンエージャーにも

聴いて貰いたいアルバムです。



それにしても今もなおYOUのギターは素晴らしい!!!



DEAD END / METAMORPHOSIS

Disc-1/CD

01.摩天楼ゲーム

02.Dress Burning

03.テレパシー

04.Devil Sleep

05.神猿

06.擬似ヴィーナス

07.Princess

08.Guillotine

09.Kill Me Baby

10.冥合

Disc-2/DVD

01.Princess

02.Dress Burning

DANGER CRUE (DCCL-15-16)



〝Princess〞のPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

DISARMONIA MUNDI /

2009年11月26日22:37:28





今日はイタリア出身の『DISARMONIA MUNDI』の4thアルバム

『THE ISOLATION GAME』を紹介します。



〝エットレ・リゴッティ〞と〝クラウディオ・ラヴィナール〞が中心になって進められている

プロジェクト(!?)『DISARMONIA MUNDI』のニュー・アルバムです。

1stアルバムからヴォーカル・パートをメインで担当していた『SOILWORK』の

〝ビョーン・スピード・ストリッド〞も今回も参加はしているもののゲスト扱いで

コーラスで担当している程度でニュー・アルバムでメインで歌っているのは〝クラウディオ〞です。

そんなヴォーカルの変更などは音楽性には何ら支障はないわけで、

ニュー・アルバムでも極上のメロディック・デス・サウンドを聴かせてくれています。

叙情性たっぷりのメロディーと激高するアグレッションとが芸術的とも言える融合をする姿は

現存する真性メロディック・デスの最後の砦と言えるかも知れません。



『SOILWORK』的と言われた『DISARMONIA MUNDI』ですが、

完全に本家を食った存在になったのは間違いないです。



DISARMONIA MUNDI / THE ISOLATION GAME

01.Cypher Drone

02.Structural Wound

03.Perdition Haze

04.Building An Empire Of Dust

05.Stepchild Of Laceration

06.The Isolation Game

07.Blacklight Rush

08.Glimmer

09.Ties That Blind

10.Losing Ground

11.Same Old Nails For A New Messiah

12.Digging The Grave Of Silence

13.Beneath A Colder Sun

14.The Shape Of Things To Come [Japanese Bonus Track]

KING RECORDS (KICP-1432)



〝Perdition Haze〞の音だけどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SHADOW GALLERY /

2009年11月25日23:19:55





今日はアメリカはペンシルベニア出身の『SHADOW GALLERY』の6thアルバム

『DIGITAL GHOSTS』を紹介します。



日本では人気のプログレッシヴ・ハード・ロックの『SHADOW GALLERY』の

約4年振りとなるニュー・アルバムですが、

昨年バンドのヴォーカリスト〝マイク・ベイカー〞急逝すると言う惨事が起こりますが

バンドは〝ブライアン・アッシュランド〞と言う新ヴォーカリストを迎え再始動させます。

そんな新体制になっての第一弾アルバムとなったわけですが、

そう言ったヴォーカル的な不安はない従来通りの『SHADOW GALLERY』らしい

メロディックでドラマティックなプログレ・サウンド満喫の素晴らしいアルバムです。

ハードな部分とメロウな部分のコントラストがはっきりしており、

メロウな作風の方がインパクトがあるのが正直な印象です。

分厚いコーラスやキャッチーなメロディー・ラインなどは『QUEEN』を彷彿とさせる部分があり、

亡き〝マイク・ベイカー〞への素晴らしい追悼アルバムとなりました。



SHADOW GALLERY / DIGITAL GHOSTS

01.With Honor

02.Venom

03.Pain

04.Gold Dust

05.Strong

06.Digital Ghost

07.Haunted

INSIDEOUT MUSIC (8596-2)



〝DIGITAL GHOST〞の音だけどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ATREYU /

2009年11月24日22:27:23





今日はアメリカはオレンジカウンティ出身の『ATREYU』の5thアルバム

『CONGREGATION OF THE DAMNED』を紹介します。



来年の1月に〝TASTE OF CHAOS〞のフェスで『IN FLAMES』と共に来日する

(今度はキャンセルしないでよ!)、今じゃアメリカではビッグ・ネームの

『ATREYU』の5thアルバムです。

かなりダークでヘヴィな色合いを出している感はあるもののメロディックで耽美とも言える

メロディーが満載のアルバムです。

もはやこうなると普遍的なメタル・サウンドに肉薄していると言わざるを得ないわけで、

いい曲を追求してきた『ATREYU』の最終局面を見せ付けたと言う印象が強いです。



捨て曲なし、彼らの最高傑作と言えるアルバムではないでしょうか。

いい意味でメジャーのサウンドです。



ATREYU / CONGREGATION OF THE DAMNED

01.Stop! Before It''s Too Late And We''ve Destroyed It All

02.Bleeding Is A Luxury

03.Congregation Of The Damned

04.Coffin Nails

05.Black Days Begin

06.Gallows

07.Storm To Pass

08.You Were The King, Now You''re Unconcious

09.Insatiable

10.So Wrong

11.Ravenous

12.Lonely

13.Wait For You

HOLLYWOOD RECORDS (D000349402)



〝Storm To Pass〞のPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CONVERGE /

2009年11月23日23:42:15





今日はアメリカはボストン出身の『CONVERGE』の8thアルバム『AXE TO FALL』を紹介します。



来月『BRUTAL TRUTH』と共に来日するカオティック・ハード・コアの大御所

『CONVERGE』のニュー・アルバムです。

1曲目聴いた瞬間「CONVERGEがメタルになった!?」と勘違いしてしまうような

リフが飛び出してビックリ!

でも心配ご無用、すぐ猪突猛進しるハード・コア・サウンドが爆裂します(^o^)

とにかくカッコいい!!!!!



ハード・コア・メタルとも言える世界観の中にハード・コア・パンク的な

スピーディーなアグレションに突進するナンバーや

『NEUROSIS』を彷彿とさせるアンビエントなナンバーもあり、

唯一無比の『CONVERGE』ワールドが炸裂しています。



初めて『CONVERGE』を聴く人にも初期からの『CONVERGE』マニアにも

十分満足してもらえる内容だと思います。

Excellent!!!!!



CONVERGE / AXE TO FALL

01.Dark Horse

02.Reap What You Sow

03.Axe to Fall

04.Effigy

05.Worms Will Feed/Rats Will Feast

06.Wishing Well

07.Damages

08.Losing Battle

09.Dead Beat

10.Cutter

11.Slave Driver

12.Cruel Bloom

13.Wretched World

Epitaph (87035-2)



〝Axe to Fall 〞のPVをどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE BLACK DAHLIA MURDER /

2009年11月22日23:01:28





今日はアメリカはデトロイト出身の『THE BLACK DAHLIA MURDER』の

4thアルバム『DEFLORATE』を紹介します。



1stアルバムからバンドを支えてきたリード・ギタリスト〝ジョン・ケイパイネン〞が脱退と言う

状況も何ら問題も遜色もない素晴らしい作品に仕上がっています。

新加入した元『ARSIS』の〝ライアン・ナイト〞も前任者に全く劣ることのないギター・ソロを

プレイしており、今まで通りの彼ららしいブルータルでメロディックなメロディック・デス・サウンドが

全編に渡って炸裂しています。

爬虫類的なシャウトとグロウルを使い分けるヴォーカル・スタイルもいいアクセントになっており、

10曲34分の息もつかせぬ全力疾走の爆裂サウンドが爽快なアルバムです。



CDのみの通常盤とツアー・ドキュメンタリー(40分程)にドラマー〝シャノン・ルーカス〞の

ドラム・パートのみをカメラ・シューティングした映像(3分程)が収録した

DVD付きとがリリースされています。

ドキュメンタリー映像ですのでそうファンではない人には通常盤で十分かと思います。

字幕も付いてないですし(^^;



THE BLACK DAHLIA MURDER / DEFLORATE

Disc-1/CD

01.Black Valor

02.Necropolis

03.Selection Unnatural

04.Denounced, Disgraced

05.Christ Deformed

06.Death Panorama

07.Throne of Lunacy

08.Eyes of Thousand

09.That Which Erodes the Most Tender of Things

10.I Will Return

Disc2/DVD

※ WE''RE GOING PLACES...

※ DRUMS

METAL BLADE JAPAN (MBCY-1115)



CDにエンハンスド映像で収録されている〝Necropolis〞のPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

XERATH /

2009年11月21日22:01:47





今日はイギリス出身の『XERATH』の1stアルバム『Ⅰ』を紹介します。



名門Candlelightからの新人『XERATH』のデビュー・アルバムです。

明らかに『MESHUGGAH』の影響下にあろう不規則でメカニカルなリフの

ポリリズムをベースとしながら

大きくフィーチャーされるオーケストレーションのアレンジがドラマティックな

デス・メタル・サウンドです。

間違いなくこのシンフォニックなアレンジがこのバンドのポイントであるわけで、

デス・サウンドの破壊力以上にこのメロディックなシンフォニックなアレンジが

このバンドの生命線と言えるでしょう。

いかにも英国のバンドらしいインテリジェンス溢れるデス・サウンドで

デビュー・アルバムとしてはなかなかの好盤ではないでしょうか。



XERATH /Ⅰ

01.Intrenity

02.Alterra

03.Nocturnum

04.Consequences

05.Interlude

06.False History

07.Abiogenesis

08.Reform Part I

09.Reform Part II

10.Right to Exist

CANDLELIGHT (CANDLE27CDCD)



〝False History〞の音だけどうぞ





  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE FALL OF TROY /

2009年11月20日22:38:23





今日はアメリカはワシントン出身の『THE FALL OF TROY』の4thアルバム

『IN THE UNLIKELY EVENT』を紹介します。



根底にあるのは間違いなくスクリーモながらもプログレッシブ・ロック的な目まぐるしい

展開を見せるスタイルを前面に押し出しつつ、ポスト・ハードコアとも言えるアグレッションを放出する

変態(!?)ロック・バンド『THE FALL OF TROY』の4thアルバムです。

次第に変態度は減少して今作はかなり聴きやすいサウンドになっていると感がありますが

まだまだ一般的レベルからするとその変幻自在・奇天烈な曲展開は健在。

ヘヴィネスの後退とともキャッチー(もはやポップ!?)と言えるナンバーも

何ら恥じらうことなくアルバムに馴染んでおり、幅広いロック・ファンにアピール出来る予感もあり!?



トリオともは思えないサウンドの重圧度や緻密度は彼らならではと言えるもので、

この目でそのライヴを見てみたいバンドの1つです。



THA FALL OF TROY / IN THE UNLIKELY EVENT

01.Panic Attack!

02.Straight-Jacket Keelhauled

03.Battleship Graveyard

04.Classic State of Transference

05.Single

06.Empty the Clip, The King Has Been Slain, Long Live the Queen

07.People and Their Lives

08.Dirty Pillow Talk

09.Nobody''s Perfect

10.Webs

11.Walk of Fame

12.Nature vs. Nurture

EQUAL VISION RECORDS (EVR 159)



〝Battleship Graveyard〞の音だけどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)