Chekipon BLOG  
ログイン

THIN LIZZY /

2009年06月19日22:57:04





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第41回目は102曲目にオンエアされた『THIN LIZZY』の

〝Black Rose〞が収録されている『BLACK ROSE』を紹介します。



おそらく『THIN LIZZY』の作品の中で最高傑作であると信じているのが

1979年にリリースしたこの『BLACK ROSE』です。

バンド自体の絶頂期だったでしょうし、

とにかく〝ゲイリー・ムーア〞が参加していると言うのが最大の魅力だと思います。

更にアイリッシュ・テイストに磨きがかかり、魂のギタリスト〝ゲイリー・ムーア〞の若さ溢れるプレイ

とスコット・ゴーハムとのツイン・ギターのコンビネーションも聴き応えがあります。



THIN LIZZY / BLACK ROSE

01.Do Anything You Want To

02.Toughest Street in Town

03.S&M

04.Waiting for an Alibi

05.My Sarah

06.Got to Give It Up

07.Get Out of Here

08.With Love

09.Black Rose(A Roisin Dubh)





  

Posted by アナログ・キッド Comments(5)

BULLET FOR MY VALENTINE /

2009年06月18日22:02:23





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第40回目は101曲目にオンエアされた

『BULLET FOR MY VALENTINE』の〝Hearts Burst Into Fire〞が収録されている

『SCREAM AIM FIRE』を紹介します。



日本でも絶大な人気を誇り、本国イギリスでもアイドル級の人気がある

新世代ヘヴィ・メタラー『BULLET FOR MY VALENTINE』の2008年リリースの

2ndアルバム『SCREAM AIM FIRE』からの彼らにしてはポップでキャッチーなナンバーが

〝Hearts Burst Into Fire〞です。



とにかく彼らのサウンドはキャッチーです。

基本的なスタイルは間違いなくスラッシュ・メタルと言えるものですが

彼らの作り出すスラッシュ・メタルには爽快感があります。

2ndアルバムにして彼らの代表作と言っていい名盤です。



BULLET FOR MY VALENTINE / SCREAM AIM FIRE

01.Scream Aim Fire

02.Eye of the Storm

03.Hearts Burst into Fire

04.Waking the Demon

05.Disappear

06.Deliver Us from Evil

07.Take It out on Me

08.Say Goodnight

09.End of Days

10.Last to Know

11.Forever and Always



  

Posted by アナログ・キッド Comments(3)

ARCH ENEMY /

2009年06月17日22:01:29





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第39回目は100曲目にオンエアされた『ARCH ENEMY』の

〝Nemesis〞が収録されている『DOOMSDAY MACHINE』を紹介します。



日本でも絶大なる人気を誇るメロディック・デス・メタル・バンド、スウェーデン出身の

『ARCH ENEMY』の2005年リリースの6thアルバム『DOOMSDAY MACHINE』からの

キラー・チューンです。

このアルバムのレコーディング後にクリストファー・アモットが脱退します。

まぁこの頃のARCH ENEMYって個人的には好きじゃなかったです。

モダンと言うか臭いメロディが陰を潜めていたと言うか、

まぁシーンがそう言う傾向だったのかも知れませんね。



ARCH ENEMY / DOOMSDAY MACHINE

01.Enter The Machine

02.Taking Back My Soul

03.Nemesis

04.My Apocalypse

05.Carry The Cross

06.I Am Legend/Out For Blood

07.Skeleton Dance

08.Hybrids Of Steel

09.Mechanic God Creation

10.Machtkampf

11.Slaves Of Yesterday



  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

SLADE /

2009年06月16日22:15:55





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第38回目は96曲目にオンエアされた『SLADE』の

〝My Oh My〞が収録されている『AMAZING KAMIKAZE SYNDROME』を紹介します。



イギリス出身の『SLADE』は1969年にデビュー、デビュー当時はグラム・ロックに属するバンドで、

イギリスでは国民的バンドとして人気を博していました。

しかし70年代中期にもなるとその人気にも翳りが見え出しバンドは失速していきます。

そんな低迷していた『SLADE』に転機が訪れます。

1983年『QUIET RIOT』が〝Cum on Feel the Noize〞をカバーし

ヒットさせたことに再びシーンに浮上するキッカケとなるのです。

そんな時期にリリースしたのがこの『AMAZING KAMIKAZE SYNDROME』です。

グラム的な要素は希薄ですが適度にポップでキャッチーなナンバーが収録されているに秀作です。

このアルバムからは〝Run Runaway〞と〝My Oh My〞がシングルヒットしました。



1987年にリリースした『YOU BOYS MAKE BIG NOIZE』もなかなかいいアルバムです。



SLADE / AMAZING KAMIKAZE SYNDROME

01.Slam The Hammer Down

02.In The Dog House

03.Run Runaway

04.High And Dry

05.My Oh My

06.Cocky Rock Boys

07.Ready To Explode

08.C''est La Vie

09.Cheap N Nasty Luv

10.Razzle Dazzle Man





  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

NIGHT RANGER /

2009年06月15日22:09:18





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第37回目は94曲目にオンエアされた『NIGHT RANGER』の

〝Don''t Tell Me You Love Me〞が収録されている『DAWN PATROL』を紹介します。



元『RUBICON』の〝ブラッド・ギルス〞が中心になって結成されたのが

この『NIGHT RANGER』です。

『RUBICON』は『AEROSMITH』や『FOREIGNER』らが出演したカリフォルニア・ジャムⅡにも

出演していたファンク・バンドで、当時この模様は日本のテレビでもオンエアされました。



『NIGHT RANGER』は全くタイプの違うギタリスト〝ブラッド・ギルス〞と〝ジェフ・ワトソン〞の

ツイン・ギターとメロディックでキャッチーなナンバーが魅力のバンドで、

1982年にリリースされたこの『DAWN PATROL』は好セールスをあげました。

更に1985年にリリースした2ndアルバム『MIDNIGHT MADNESS』からシングル・カットされた

バラード・ナンバー〝Sister Chrsitian〞の大ヒットによりバンドの人気は決定的になります。

しかし〝Sister Christian〞のヒットがその後のバンドの首を絞めるとは

誰も想像出来ませんでしたが。

そんな背景は『REO SPEEDWAGON』に似たものがありました。



ブラッド・ギルスは『NIGHT RANGER』でデビューする前に飛行機事故で死んだ

〝ランディ・ローズ〞の後釜に〝オジー・オズボーン〞のバンドに加入し

初来日公演にも同行しました。



NIGHT RANGER / DAWN PATROL

01.Don''t Tell Me You Love Me

02.Sing Me Away

03.At Night She Sleeps

04.Call My Name

05.Eddie''s Comin'' Out Tonight

06.Can''t Find Me A Thrill

07.Young Girl In Love

08.Play Rough

09.Penny

10.Night Ranger







因みにその昔『シブがき隊』がリリースした〝Zokkon命〞で〝Don''t Tell Me You Love Me〞

のイントロを完全にパクって我々の度肝を抜くことになります。

私は初めて聴いた時にカバーだと思いましたし(^^;

『RIOT』の〝Warrior〞を女性アイドルがカバーした実績を考えればないことではないですから。





  

Posted by アナログ・キッド Comments(5)

PARIS /

2009年06月14日22:03:12





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第36回目は91曲目にオンエアされた『PARIS』の

〝Nazarene〞が収録されている『PARIS』を紹介します。



『PARIS』は元『FLEETWOOD MAC』の〝ボブ・ウェルチ〞と

元『JETHRO TULL』の〝グレン・コーニック〞らが結成したトリオ・バンドで、

当時日本でもかなり話題になったバンドでした。

少しポップな音楽性を持ちながらもファンキーでグルーブのあるハード・ロックは

どこかZEP的なニュアンスがありました。

1976年にデビュー・アルバムをリリース、同年に早くも2ndアルバム

『BIG TOWN 2061』をリリースするもバンドは解散してしまいます。

その後〝ボブ・ウェルチ〞はソロ・アーティストとして活動し、

1977年にソロ・デビュー・アルバム『FLENCH KISS』をリリースし

〝Ebony Eyes〞をシングル・ヒットさせました。



PARIS / PARIS

01.Black Book

02.Religion

03.Starcage

04.Beautiful Youth

05.Nazarene

06.Narrow Gate (La Porte Etroite)

07.Solitaire

08.Breathless

09.Rock Of Ages

10.Red Rain





  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

TRIUMPH /

2009年06月13日22:03:32





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第37回目は89曲目にオンエアされた『TRIUMPH』の

〝Just A Game〞が収録されている『JUST A GAME』を紹介します。



日本で過小評価されているバンドの1つにこのカナダ出身の『TRIUMPH』が挙げられます。

同郷の『RUSH』と同じトリオ編成ではありますが、その音楽性は全く異なります。

『TRIUMPH』はオーセンティックなハード・ロックをプレイしていました。

メロディアスでキャッチーでパワフルなハード・ロックでどう見ても日本受けしそうなサウンドでしたが

何故だか日本での知名度は恐ろしく低かったです。

そんな1979年にリリースされた3rdアルバム『JUST A GAME』は

バンドの存在感を決定付ける傑作になりました。

名曲〝Lay It On The Line〞をはじめシャッフル調のリズムが爽快な〝American Girls〞、

〝リック・エメット〞の素晴らしいギター・ソロのインスト・ナンバー〝Fantasy Serenade〞など、

『TRIUMPH』の魅力が凝縮されたアルバムです。



大作の〝Just A Game〞はリックのギターを何本もオーダーダブさせたアレンジが

ドラマティックなナンバーです。



TRIUMPH / JUST A GAME

01.Movin'' On

02.Lay It On The Line

03.Young Enough To Cry

04.American Girls

05.Just A Game

06.Fantasy Serenade

07.Hold On

08.Suitcase Blues



  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

ANGEL /

2009年06月12日22:46:43





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第34回目は88曲目にオンエアされた『ANGEL』の

〝Tower〞が収録されている『ANGEL』を紹介します。



ある意味悲劇のバンドであったと言えます。

解散してからの方がその評価はあがっていると言うのも皮肉な話ですが

私も当時このバンドを正当に評価する器を持ち合わせていませんでした。

「好きバンドだ」と言うとバカにされそうだったので(^^;

そんな思いを持っていた人も多かったと思います。



当時『KISS』『AEROSMITH』『QUEEN』と言ったバンドが日本では絶大なる人気を誇り、

それに関して否定する者もいませんでした。

そんなバンドの中にあって一部熱狂的なファンを持っていたのがこの『ANGEL』でした。

『KISS』が地獄からの使者と言うイメージであるならば、

『ANGEL』はその名の通り天使のような白いコスチュームで売り出していました。

その軟派なイメージがマイナスであったと思えます。

音楽性はメロディックでキャッチーでシンフォニックな正統的なハード・ロックでした。



因みに8曲目の〝Angel(Theme)〞はその後『OZZY OSBOURNE』の〝Mr.Crowlry〞の

イントロにパクられる(!?)ことになります。

生前ランディ・ローズも証言しています。



ANGEL / ANGEL

01.Tower

02.Long Time

03.Rock & Rollers

04.Broken Dreams

05.Mariner

06.Sunday Morning

07.On & On

08.Angel (Theme)







今なら言えます、

私は『ANGEL』が大好きです!と!(^o^)  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

LAZY /

2009年06月11日22:32:00





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第33回目は83曲目にオンエアされた『LAZY』の

〝Dreamer〞が収録されている『宇宙船地球号』を紹介します。



言わずと知れた『LOUDNESS』のギター〝高崎晃〞氏とドラム・故〝樋口宗孝〞氏が

『LOUDNESS』前に結成していたバンドがこの『LAZY』です。

『LAZY』自体はアマチュア時代、ハード・ロック・バンドとして活動していたにも関わらず

アイドル・バンドとしてデビューさせられてしまいます。

事務所の言いなりに活動を続けそれなりに成果を見せていた『LAZY』でしたが

流石にフラストレーションは次第に高まり、遂にハード・ロック・バンドへとシフト・チェンジしました。

それが1980年、バンドとして最後のオリジナル・アルバムとなった『宇宙船地球号』です。



『LOUDNESS』への布石ともなるサウンドが既に完成されています。



LAZY / 宇宙船地球号

01.Dreamer

02.Dreamy Express Trip

03.天使が見たものは

04.Time Gap

05.遥かなるマザーランド

06.Earth Ark (宇宙船地球号)

07.僕らの国でも

08.美しい予感

09.Lonely Star



  

Posted by アナログ・キッド Comments(3)

ANTHEM /

2009年06月10日22:10:19





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第32回目は81曲目にオンエアされた『ANTHEM』の

〝Venom Strike〞が収録されている『DOMESTIC BOOTY』を紹介します。



今もなお日本のヘヴィ・メタル・シーンを牽引し続ける『ANTHEM』の最初の解散前にリリースした

7thアルバム『DOMESTIC BOOTY』のトップを飾り、今もライヴでは演奏されている

彼らの代表曲の1曲とされるのがこの〝Venom Strike〞です。



私自身そんなに『ANTHEM』ファンと言うわけではありませんが、

80年代半ばのジャパ・メタ・ブームの追い風もあって少なからず聴いていたバンドでした。

残念ながら90年代にも入るとそのブームにも翳りが出てきて、

私自身もジャパ・メタの熱もフェイド・アウトしていきました。

そんな1992年にリリースされた『DOMESTIC BOOTY』ですが、

リリース当時はニュー・アルバムが発売されていたことすらも知りませんでした(^^;

リリースされて数年後くらいにワゴンセールで¥1,000程で落ちてたのを発見して

購入したのを覚えています。

購入した時も「これはあの『ANTHEM』のアルバムか~!?」と半信半疑でした(^^;

正直1990年の6thアルバム『NO SMOKE WITHOUT FIRE』もすぐ購入はしてましたが

その時点でも全く印象のないアルバムでした。



そんな『DOMESTIC BOOTY』ですが、新メンバーのギタリスト〝清水昭男〞の若さ溢れる

ギターを前面にバンド史上最もヘヴィなアルバムに仕上がっています。



因みに〝ドン・エイリー〞がゲスト参加しており、6曲目でキーボード・ソロを披露していますが

これって〝Mr.Crowley〞の焼き直しですか~!?(^^;



ANTHEM / DOMESTIC BOOTY

01.Vemom Strike

02.Renegade

03.Gold & Diamonds

04.Mr. Genius

05.Heavy Duty

06.Blood Sky Cryig

07.Cry in the Night

08.Dice of No Mercy

09.Devil Inside

10.Willesden High-Road

11.Silent Cross







  

Posted by アナログ・キッド Comments(4)