Chekipon BLOG  
ログイン

DEAD SHAPE FIGURE /

2009年03月20日22:01:08





今日はフィンランド出身のデスラッシュ・バンド『DEAD SHAPE FIGURE』の

2009年にリリースした1stフルアルバム『THE GRAND KAROSHI』を紹介します。



なんだかんだ言っても北欧のDNAと言うのは素晴らしい。

叙情性と言う点ではやはり北欧に敵う国はないでしょう。

そんなフィンランドから出現した『DEAD SHAPE FIGURE』は

怒涛のデスラッシュ・サウンドで激走しながらもメロディックなギター・リフやソロを

フィーチャーした北欧叙情デス・サウンドを聴かせてくれています。

いや~とにかく爽快だ!

彼らのサウンドはデスラッシュの中でもかなりファストなデスラッシュと言えるでしょう。



DEAD SHAPE FIGURE / THE GRAND KAROSHI

01.Intro

02.Blades

03.Lesser the Man

04.Bend the Weak

05.Remington Lucifer

06.Fight Against, Lie Behalf

07.Blithering Icon

08.Karoshi/From Contempt to Obliteration

09.6 X 9

10.Perinde Ac Cadaver

Season of Mist (SOM 175)



〝 Fight Against, Lie Behalf 〞のライヴ映像をどうぞ

とにかくデカイ、何がって身体が(^^;

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

LAMB OF GOD /

2009年03月19日23:12:56





今日はアメリカはヴァージニア出身のメタル・コア・バンド『LAMB OF GOD』の

2009年にリリースした5thアルバム『WRATH』を紹介します。



昇天する、とはこう言うことを言うのでしょうか!?

余りにもカッコ良過ぎて泣けた!

切れ味のあるリフとモダン・ヘヴィネスのアグレッションが精密機械のようにはじき出される様は

ターミネーターの如き破壊力を放っています。

ヴォーカル〝ランディ・ブライズ〞の素晴らしい歌唱も必聴!

最高傑作、間違いなく2009年のベストアルバムの第一候補と言える名作です。



LAMB OF GOD / WRATH

01.The Passing

02.In Your Words

03.Set To Fall

04.Contractor

05.Fake Messiah

06.Grace

07.Broken Hands

08.Dead Seeds

09.Everything To Nothing

10.Choke Sermon

11.Reclamation

12.We Die Alone [Bonus Track]

13.Shoulder Of Your God [Bonus Track]

ROADRUNNER UK盤(RR7886-5)



最強キラーチューン、間違いなく名曲〝Set To Fall〞をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(1)

PSYOPUS /

2009年03月18日22:24:06





今日はアメリカはニューヨーク出身のカオティック・ハード・コア・バンド『PSYOPUS』の

2009年にリリースした3rdアルバム『ODD SENSES』を紹介します。



今回もその奇天烈で変幻自在の○チガイとも言えるサウンドは健在です。

この宇宙的とも言えるそのカオスは無限大で、

どこからこの構築性は生まれてくるのか全く分析不可能です。

絶対に頭が痛い時には聴きたくないサウンド(^^;

でも絶好調の時には最高にエクスタシーを感じてしまうサウンドに違いないでしょう。

『THE DILLINGER ESCAPE PLAN』を更に超越したカオティック・サウンドが炸裂しており、

ついて来れるもんだったらついて来い!的な聴き手を無視した

激音のマスターベーションが爆発しています。

絶対に普通の神経の人は聴かないで下さい、買わないで下さい(^^;

私は嫌いじゃないですよ!(^o^)



PSYOPUS / ODD SENSES

01.44

02.Medusa

03.Burning Halo

04.Duct Tape Smile

05.X and Y

06.Boogyman

07.Imagen''s Puzzle, Pt. 3 [Instrumental]

08.Choker Chain

09.Ms Shyflower

10.Murder to Child [Instrumental]

11.(Secret Track)

METAL BLADE (3984-14712-2)



10曲目はギターとヴァイオリンとチェロのインストルメンタルのナンバーはなかなか聴き応えが

ありますが9分はちょっと長い!(^^;

加えて11曲目の21分にも及ぶシークレット・トラックも蛇足なような気もするが

それも彼らならではの遊び心かも!?



〝Medusa〞のライヴ映像をどうぞ





  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

LEGION OF THE DAMNED /

2009年03月17日22:11:11





今日はオランダ出身のスラッシュ・メタル・バンド『LEGION OF THE DAMNED』の

2009年1月21日にリリースした4thアルバム『CULT OF THE DEAD』(日本盤)を紹介します。



このバンドも名前だけは知っていましたがアルバム購入には至らず

この4thアルバムにして初購入となりました。

ここで聴けるサウンドはまさしく『SLAYER』の影響下にある

ダークでスピーディーでストロングなスラッシュ・メタルです。

邪悪で地を這うような激しいリフで疾走するサウンドは

スラッシュ・メタル創成期から継承されてきたオーセンティックなサウンドと言えるでしょう。

現代に生きるスラッシュ・メタルの生きた化石とも言えるバンドのアティテュードには

脱帽する限りです。

アルバムジャケットもいかにも!と言う感じで、私はこう言うデザイン好きです(^o^)



LEGION OF THE DAMNED / CULT OF THE DEAD

01.Sermon of Sacrilege (Intro)

02.Pray and Suffer

03.Black Templar

04.House of Possession

05.Black Wings of Yog-Sothoth

06.Cult of the Dead

07.Necrosophic Blessing

08.Enslaver of Souls

09.Solar Overlord

10.Lucifer Saviour

11.Final Godsend

12.Werewolf Corpse (Bonus Live Tracks)

13.Death''s Head March (Bonus Live Tracks)

14.Demonfist (Bonus Live Tracks)

15.Taste Of The Whip (Bonus Live Tracks)

16.Into The Eye Of The Storm (Bonus Live Tracks)

17.Killing For Recreation (Bonus Live Tracks)

18.Malevolent Rapture (Bonus Live Tracks)

19.Bleed For Me (Bonus Live Tracks)

20.Legion Of The Damned (Bonus Live Tracks)

SPIRITUAL BEAST (POCE 16046)



日本盤にはボーナス・トラックには2006年の〝ROCK HARD FESTIVAL〞のライヴ音源が

9曲収録されています。



〝Cult of the Dead〞のPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

JEFF LOOMIS /

2009年03月16日22:08:50





今日はアメリカはシアトル出身のヘヴィ・メタル・バンド『NEVERMORE』のギタリスト

〝ジェフ・ルーミス〞の2008年にリリースした(日本盤は2月21日リリース)1stソロアルバム

『ZERO ORDER PHASE』を紹介します。



今でこそギタリストのインスト・アルバムのCDは殆ど買わなくなりましたが、

一時期ハマッていた時期があります。

〝トニー・マカパイン〞〝ヴィニー・ムーア〞〝ジョーイ・タフォーラ〞etc.、

およそネオ・クラシカル系のギタリストだったわけですが、この〝ジェフ・ルーミス〞のアルバムも

少なからずそんなネオ・クラシカルなフレーバーのあるアルバムです。

『NEVERMORE』の持つアグレッションの中にテクニカルでメロディックなジェフのギターソロが

縦横無尽に乱舞しています。

『NEVERMORE』ファンは勿論、ギター・ソロ・アルバムに興味のある方に

是非聴いて貰いたいアルバムです。

『ARCH ENEMY』ファンにも聴いてもらいたいかも!?

その答えはアルバムを聴けば分かると思います(^^;



JEFF LOOMIS / ZERO ORDER PHASE

01.Shouting Fire At A Funeral

02.Opulent Maelstrom

03.Jato Unit

04.Azure Haze

05.Cashmere Sky

06.Race Against Disaster

07.Sacristy

08.Devil Theory

09.Miles of Machines

10.Departures

Century Media (8510-2)



〝Shouting Fire At A Funeral〞の音だけどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE FACELESS /

2009年03月15日23:09:23





今日はアメリカはカリフォルニア出身のプログレッシヴ・デス・メタル・バンド『THE FACELESS』の

2008年にリリースした(日本盤は2月21日リリース)2ndアルバム『PLANETARY DUALITY』を

紹介します。



デス・コアにカテゴライズされているようですが、ハード・コア的なモッシュするパートは殆どなく

目まぐるしく変化する激しいリズム展開と終始荒れ狂う暴虐のデス・ヴォイスが炸裂するスタイルは

『CRYPTOPSY』的でありますが、彼らは更にアーティスティックなアレンジを打ち出しています。

そのセンスはまさしく『CYNIC』的tと言えるでしょう。

全体を通して感じられる破壊的なブルータリティのわりには重々しさを感じることはなく

プログレッシヴかつドラマティックなアレンジがインテリジェンスなサウンドへと

聴き手を導いているのだと思います。

ギタリストが時折聴かせるメロディックなギターソロもGood!



THE FACELESS / PLANETARY DUALITY

01.Prison Born

02.Ancient Covenant

03.Shape Shifters [Instrumental]

04.Coldly Calculated Design

05.Xenochrist

06.Sons of Belial

07.Legion of the Serpent

08.Planetary Duality I (Hideous Revelation)

09.Planetary Duality II (A Prophecies Fruition)

Sumerian Records (SUM-013)



バンドは6月のEXTREME THE DOJO VOL.22で『CANNIBAL CORPSE』『MISERY INDEX』と

共に来日公演を果たします。

こりゃ~飛んでもなく熱いライヴになりそう(^^;



〝Ancient Covenant 〞のライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEATHCHAIN /

2009年03月14日22:13:14





今日はフィンランド出身のデス・メタル・バンド『DEATHCHAIN』の

2008年にリリースした4thアルバム『DEATH ETERNAL』を紹介します。



以前から名前だけは聞いてたのですがCD購入までは至らず、

4thアルバムの今作にして初体験となりました(^o^)

噂通りの激走デスラッシュ系のデス・メタル・サウンドです。

フィンランドと言うことでそのスタイルはオールド・スクールの

叙情系スウェデシュ・デスを踏襲していると言えるでしょう。

正統的と言うか古典的とも言えるスタイルです。

久しぶりに聴きました、こう言う頑固とも言える普遍的なスタイル(^^;

とは言え個人的にはちょっと新鮮味がなくて物足らないです。

いいバンドだとは思うんですが。。。。。。



DEATHCHAIN / DEATH ETERNAL

01.Titans of Black Earth

02.Sworn Beneath

03.Awaken...Horrors of This Earth

04.Plaguethrone

05.Song of Chaos and the Void

06.Ancient and the Vile

07.Monolith of Death

08.Spheres of Blasphemy

09.Incantations of Shub-Niggurath

Dynamic Arts Records (DYN033)



3rdアルバムからの〝Serpent of The Deep〞をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BRING ME THE HORIZON /

2009年03月13日22:12:33





今日はイギリスはシェフィールド出身のデス・コア・バンド『BRING ME THE HORIZON』の2008年

にリリースした(日本盤は1月21日リリース)2ndアルバム『SUICIDE SEASON』を紹介します。



昨年辺りからメタル・コアに台頭するシーンにデス・コアなるジャンルが活気づいて来ました。

デス・メタルにモッシュ・パートがフィーチャーされているサウンドがデス・コアの基本的な定義です。

そんなデス・コアの代表格的なバンドとして有名なのがこの『BRING ME THE HORIZON』です。

ハード・コアが持つ昇天するアグレッションとデス・メタルのブルータリティが合体したサウンドは

ダイナミックであり、聴きようによってはキャッチーな印象も受けます。

咆哮するヴォーカルと無慈悲に繰り出されるマシーナリーなリズムは冷酷的でもありますが、

そこは英国のバンドらしい叙情性はしっかり持ち合わせています。

メタル・コアとデス・コアの中間を行くサウンドと言ってもいいかも知れません。

『BULLET FOR MY VALENTINE』に次ぐ英国を代表する若手バンドとして

今後の活躍を期待したいです。



BRING ME THE HORIZON / SUICIDE SEASON

01.Comedown

02.Chelsea Smile

03.It Was Written in Blood

04.Death Breath

05.Football Season Is Over

06.Sleep with One Eye Open

07.Diamonds Aren''t Forever

08.Sadness Will Never End

09.No Need for Introductions, I''ve Read About Girls Like You on the Backs

10.Suicide Season

Visible Noise (87006-2)



5月には来日公演も決定しています。

5月6日が大阪公演なんですが、同日に『TRIVIUM + BLACK TIDE』がIMPホールでやります。

これってかなりマズいブッキングだな~(^^;



〝Chelsea Smile〞のPVをどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DESCENDING /

2009年03月12日22:13:51





今日はギリシャはアテネ出身のメロディック・デス・メタル・バンド『DESCENDING』の

2008年にリリース(国内盤は今年2月18日にリリース)したデビュー・アルバム

『ENTER ANNIHILATION』を紹介します。



『DESCENDING』は元『NIGHTRAGE』、『MYSTIC PROPHECY』のギタリスト

〝コンスタンティン〞が中心になって結成したバンドです。

オールド・スクール的なデスラッシュ・サウンドをベースにしながらも、

モダンなリフの妙技を挿入するアレンジ性がとてもスリリングなサウンドです。

まぁそのスタイル以上に耳に残るのはやはり〝コンスタンティン〞の華麗なギター・ソロです。

旧友でもある〝ガス・G〞を彷彿とさせるようなメロディックでテクニカルなギター・ソロは

聴き応えがあります。

基本的にはデス系のサウンドですが随所にメロウなアレンジを聴かせる部分も多く、

メタルとしてのフィールドでも十分通用するサウンドだと思います。



DESCENDING / ENTER ANNIHILATION

01.Enter Annihilation

02.Horror Show

03.Part of the Game

04.Killer Instinct

05.Raging Cold Blood

06.Creations Remains

07.Your Valentine

08.Descending

09.Unblind

10.Day to Die, Die Today

11.Competition Suicidal Role

12.Trust

MASSACRE RECORDS(MASCD0599)



〝Your Valentine〞の映像をどうぞ

Your Valentine
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

TERMINAL FUNCTION /

2009年03月11日22:41:12





今日はスウェーデン出身のテクニカル・デス・メタル・バンド『TERMINAL FUNCTION』の

2008年にリリースしたデビュー・アルバム『MEASURING THE ABSTRACT』を紹介します。



これはまたまた素晴らしいバンドの登場です。

まさしく『MESHUGGAH』と『CYNIC』が合体したかのようなバンドと言っていいでしょう。

変拍子の目まぐるしいリズム展開とリリカルでドラマティックな世界観が見事に融合されています。

ふとノルウェーの『EXTOL』を思い出しました。

インストルメンタルな部分は『CANVAS SOLARIS』にも似た感じもします。

シンフォニックなアレンジも随所に取り入れており、

デビュー・アルバムとは思えない高いポテンシャルを持ったバンドです。

『CYNIC』が好きな人は是非どうぞ!!!

こいつらはいい!



TERMINAL FUNCTION / MEASURING THE ABSTRACT

01.Spawn

02.Room 101

03.Dissolving Soul Fragments

04.The Brain-Shaped Mind

05.Tactile

06.Cloning Assembly

07.Auroral Display

08.Remote Views

Willowtip Records (623772)



〝ROOM 101〞の映像をどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)