Chekipon BLOG  
ログイン

B-SIDE OURSELVES

2008年11月19日22:01:18





トリビュート、カバー・アルバム特集・第17回目は『SKID ROW』のカバー・アルバム

1992年リリースの『B-SIDE OURSELVES』を紹介します。



その後『RUSH』のトリビュート・アルバムにも参加する〝セバスチャン・バック〞ですが、

いち早く『SKID ROW』のアルバムでも『RUSH』のナンバーをカバーしていました。

まぁ『RUSH』のナンバーと言ってもシンプルなナンバーをチョイスしているところなどは

バンドの演奏力を熟知しているからでしょうね(^^;



『METALLICA』同様、バンドのルーツを知ると言う点では意味のあるカバーアルバムでしょう。



B-SIDE OURSELVES

01.Delivering The Good(JUDAS PRIEST)

02.C''mon And Love Me(KISS)

03.What You''re Doing(RUSH)

04.Psycho Therapy(RAMONES)

05.Little Wing(JIMI HENDRIX)

MMG INC.(AMCY-440)



〝Little Wing〞の映像をどうぞ





  

Posted by アナログ・キッド

GARAGE DAYS RE-REVISITED

2008年11月18日22:41:37





トリビュート、カバー・アルバム特集・第16回目は『METALLICA』のカバー・アルバム

1987年リリースの『THE .98 E.P.- GARAGE DAYS RE-REVISITED』を紹介します。



カバー・アルバムが正当に評価されたバンドってこの『METALLICA』の

このアルバムが初めてなんじゃないでしょうか!?

ライヴとかで他のバンドや影響を受けたバンドのナンバーを演奏することはよくあることですが、

アルバム丸ごと形として残してしまう、このアマチュア根性(!?)みたいなところが

『METALLICA』の素晴らしさだと思います。

まぁ20年以上も昔のアルバムですし、今の『METALLICA』とはスタンスは違うかも知れませんが

『METALLICA』の遊び心を感じるアルバムだと思います。



THE .98 E.P.- GARAGE DAYS RE-REVISITED

01.Helpless(DIAMOND HEAD)

02.The Small Hours(HOLOCAUST)

03.The Wait(KILLING JOKE)

04.Crash Course In Brain Surgery(BUDGIE)

05.Last Caress/Green Hell(MISFITS)

CBS/SONY(28DP-808)



アルバム最後に突如『IRON MAIDEN』の〝Run To The Hills"のイントロが演奏される

オマケ付きです(^^;



〝RE-REVISITED〞と言うタイトルを分かるように、

GARADE DAYSのパート1はリリースしていました。

MUSIC FOR NATIONS時代リリースしたシングル〝Creeping Death〞のB面に

『DIAMOND HEAD』の〝Am I Evil?〞と『BLITZRIEG』の〝Blitzrieg〞を収録、

これがGARAGE DAYSの始まりです。



因みに私はこのアルバムは後にシングル〝Jump In The Fire〞をカップリングした

CDで購入しました。





一時廃盤状態だったこのアルバムはその当時中古盤市場で高額で取引されていました。

1998年にリリースした『GARAGE INC.』でこれらリリースした全てカバーナンバーが収録された

アルバムをリリースしました。

興味のある方はそちらをどうぞ(^o^)





〝Last Caress〞の映像をどうぞ









  

Posted by アナログ・キッド

ROCK''N ROLL STANDARD CLUB

2008年11月17日22:12:31





トリビュート、カバー・アルバム特集・第15回目は『ROCK''N ROLL STANDARD CLUB BAND』の

カバー・アルバム、1996年リリースの『ROCK''N ROLL STANDARD CLUB』を紹介します。



これは『B''z』のギタリスト〝松本孝弘〞が中心になって製作されたカバー・アルバムで、

松本孝弘が影響を受けたバンド、アーティストのナンバーが収録されています。

なかなかのメンツが集結しておりまして、ドラムには当時『SLY』に在籍していた

『LOUDNESS』のドラマー〝樋口宗孝〞氏や元『VOW WOW』の〝人見元基〞氏、

あの〝難波弘之〞氏なども参加しています。

同年代と言うことあるので、およそ私が聴いていた音楽と被っていて

選曲的には楽しめるものになっています。

〝Sunset〞と言う選曲もギタリストならではと言ったところでしょうか。

とにかく〝Move Over〞〝Communication Breakdown〞を歌うは〝人見元基〞は

まさにハマリ役です(^o^)



ROCK''N ROLL STANDARD CLUB BAND

01.I Got The Fire(MONTROSE)

02.Fool For Your Loving(WHITESNAKE)

03.Cause We''ve Ended As Lovers(JEFF BECK)

04.Into The Arena(MICHAEL SCHENKER GROUP)

05.Rock And Roll、Hoochie Koo(RICK DERRINGER)

06.Move Over(JANIS JOPLIN)

07.Life For The Taking(EDDIE MONEY)

08.Sunset(GARY MOORE)

09.Wishing Well(FREE)

10.Communication Breakdown(LED ZEPPELIN)

11.Mistreated(DEEP PURPLE)

ROOMS RECORDS(BMCR-7007)



〝Into The Arena〞の映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

ジュスカ・グランペール in 十字屋A-SQUARE店

2008年11月16日22:20:14





今日はリニューアル・オープンした草津のA-SQUAREの十字屋で行われた

『ジュスカ・グランペール』のインストア・ライヴに行って来ました。





まぁ予想はしてましたがもの凄い人でした。駐車場にクルマ止めるのが一苦労(^^;



新しくなった十字屋A-SQUARE店はとても広くなり、加えてとても上品な店内になってました。

楽器類、特にギター関係はかなり充実しています。





でもCDとかのソフトは減ったような気がしました。



そんなわけで私も色々とインストア・ライヴに行きましたが

あんなに沢山お客さんが集まったインストア・ライヴは初めてです。

僅か30分程(5曲)の演奏でしたが十分満足出来るもので、大いに盛り上がりました(^o^)



演奏曲

01.La Bamba Des Grand-peres

02.Gypsy Dance

03.Ensemble

04.黒い瞳

05.踊れ魂



因みに今晩深夜12時25分からNHK総合で『ジュスカ・グランペール』も参加した

奈良の吉野山の桜を守る〝さくらAID〞の模様が放送されますのでご覧下さい。

勿論関西限定です(^^;  

Posted by アナログ・キッド

COZY POWELL FOREVER TOUR

2008年11月15日22:03:32





トリビュート、カバー・アルバム特集・第14回目は『COZY POWELL』のトリビュート・アルバム

1999年リリースの『SUPER ROCK SUMMIT~COZY POWELL FOREVER TOUR

LIVE IN TOKYO』を紹介します。



これは〝樋口宗孝〞が中心に結成したプロジェクト『SUPER ROCK SUMMIT』の

1998年11月16日〝ON AIR EAST〞での模様を収録したものです。

当時、樋口氏は『LOUDNESS』から抜けていた時代でしたが

このプロジェクトには〝高崎晃〞に〝二井原実〞〝山下昌良〞が参加しており、

オリジナル『LOUDNESS』の再結成と言えるラインナップになっています。

他に『TWINZER』の〝生沢佑一〞や『VOW WOW』の〝厚見玲衣〞が参加しています。

私的に選曲的には前2作よりこっちの方が面白いわけで、

〝Still I''m Sad〞や〝A Light In The Black〞と言ったナンバーが美味しいです(^o^)

ただライヴと言うこともあって、演奏的なクオリティが低いとこや録音状態もイマイチだったり

あとヴォーカルのお粗末な英語の発音が聴いていて辛いものがあります。

加えて高崎晃のギタースタイルが当時は昔のそれではないので、ちょっと物足らないです。

とは言え〝Burn〞でのソロの完コピは流石です。

って、Burnとコージー・パウエルとは関係ないやん!(^^;



SUPER ROCK SUMMIT~COZY POWELL FOREVER TOUR LIVE IN TOKYO

01.Kill The King

02.War Pigs

03.Mistreated

04.Still I''m Sad

05.Higuchi''s Drums Solo ''1998

06.Burn

07.Long Live Rock''n Roll

08.Stargazer

09.A Light In The Black

10.All Night Long

AYERS(AYCA-1006)  

Posted by アナログ・キッド

REST IN PEACE~THANKS TO COZY~

2008年11月14日22:07:44







トリビュート、カバー・アルバム特集・第13回目は『COZY POWELL』のトリビュート・アルバム

1998年リリースの『REST IN PEACE~THANKS TO COZY~』を紹介します。



『ANTHEM』の〝柴田直人〞プロデュースの下、コージー・パウエルをこよなく愛する錚錚たる

日本のミュージシャンが集結して製作されたトリビュート・アルバムです。

奇しくも昨日紹介した『虹伝説』のアルバムがリリースされた約1週間後にリリースされました

コージーのソロ・アルバムからは勿論、在籍したバンドのナンバーが収録されており、

参加ドラマーのコージーへの敬意と憧れがありありと分かるアルバムに仕上がっています。

とりわけ元『ANTHEM』の〝大内貴雅〞のコージーが乗り移ったような叩きっぷりには圧巻です。

ここでも1曲だけですが元『ANTHEM』の〝森川之雄〞が参加しており

圧倒的なパフォーマンスを披露しています。

しかし参加しているナンバーが『MSG』の〝On And On〞と言うのが少々物足らないです。

〝Looking For Love〞あたりを演奏して欲しかったですね。

まぁ〝ゲイリー・バーデン〞との差は歴然ですけど(^^;

〝工藤義弘〞がここでも2曲叩いており、正直『虹伝説』よりもこちらの方が音が良くて、

そこは柴田直人の拘りが強く出ているのだと思います。



私的にはソロアルバムからの〝The Blister〞を何故やらなかったのか納得出来ません。



REST IN PEACE~Thanks To Cozy~

01.Kill The King(RAINBOW)

02.Slide It In(WHITESNAKE)

03.Killer(COZY POWELL)

04.Headless Cross(BLACK SABBATH)

05.Gates Of Babylon(RAINBOW)

06.Definitely Maybe(JEFF BECK GROUP)

07.Stargazer(RAINBOW)

08.On And On(MICHAEL SCHENKER GROUP)

09.El Sid(COZY POWELL)

10.Ouvertune Solennelle“1812”(COZY POWELL)

11.The Messiah Will Come Again(ROY BUCHANAN)

VICTOR ENTERTAINMENT(VICP-60487)



〝Kill The King〞は『虹伝説』の方が断然いいです(^^;  

Posted by アナログ・キッド

虹を継ぐ覇者

2008年11月13日22:13:02







トリビュート、カバー・アルバム特集・第12回目は『RAINBOW』のトリビュート・アルバム

1998年リリースの『虹伝説/虹を継ぐ覇者』を紹介します。



〝日本のグラハム・ボネット〞の異名を持つ元『ANTHEM』の〝森川之雄〞をヴォーカルに迎え、

ギターに〝梶山章〞、ドラムに『EARTHSHAKER』の〝工藤義弘〞が参加した

『RAINBOW』のトリビュート・プロジェクトがこの『虹伝説』です。

そもそも『RAINBOW』のトリビュートと言うより同年4月にバイク事故で他界した

〝コージー・パウエル〞へのトリビュートと言う意味合いが強いです。

まぁとにかく素晴らしいヴォーカリストと素晴らしいギタリストの共演であるこのアルバムは

日本人が製作したとは思えない素晴らしい完成度を誇っています。

森川の日本人離れしたパワフルなヴォーカルには圧巻です。

選曲的にほぼ問題ないと言えるでしょう。

まぁ個人的な好みで〝Death Alley Driver〞を収録して欲しかったですね。

〝I Surrender〞はやらなくて正解でしょうか(^o^)



虹を継ぐ覇者

01.Over The Rainbow~Kill The King

02.Spotlight Kid

03.Eyes Of The World

04.Man On The Silver Mountain~Mistreated

05.Road To Babylon~Gates Of Babylon

06.All Night Long

07.Starstruck

08.Street Of Dreams

09.Drinkng With The Devil

10.Lost In Hollywood

11.A Light In The Black

12.Over The Rainbow~Reprise~

13.Rainbow Eyes

PONY CANYON(PCCA-01230)



スペシャル・ゲストに〝ジョー・リン・ターナー〞と〝デヴィッド・ローゼンタル〞が

数曲参加しています。  

Posted by アナログ・キッド

A TRIBUTE TO JUDAS PRIEST

2008年11月12日22:07:04





トリビュート、カバー・アルバム特集・第11回目は『JUDAS PRIEST』のトリビュート・アルバム

1996年リリースの『A TRIBUTE TO JUDAS PRIEST LEGENDS OF METAL VOL.2』を

紹介します。



VOL.2と言うくらいですからVOL.1も存在するわけですが、私はVOL.1は持っていません。

メタル・ゴッドこと〝ロブ・ハルフォード〞を擁する『JUDAS PRIEST』をコピーしようと言うのは

それ相当の根性(!?)がいるわけで、

正直言ってオリジナルには敵わないことを証明するアルバムとなりました。

そんな中でも〝ラルフ・シーパーズ〞のパフォーマンスは流石と言えるでしょうか。

『FORBIDDEN』や『ANGRA』と言ったところも良かったです。

ほぼオリジナルに忠実に再現していますが『NEVERMORE』の〝Love Bites〞は

かなりアレンジされており、サビに入るまで何の曲か分からないくらいです。



A TRIBUTE TO JUDAS PRIEST LEGENDS OF METAL VOL.2

01.The Ripper / ICED EARTH

02.Beyond The Realms Of Death / BLIND GUARDIAN

03.The Sentinel / HEAVENS GATE

04.Love Bites / NEVERMORE

05.Exiter / GAMMA RAY (feat. Ralf Scheepers)

06.Dissident Aggressor / FORBIDDEN

07.Painkiller / ANGRA

08.Tyrant / OVER KILL

09.Grinder / KREATOR

10.Dream Deceiver / SKYCLAD

11.Bloodstone / STRATOVARIUS

12.Screaming For Vengeance / VIRGIN STEEL

13.Night Comes Down / LEVIATHAN

VICTOR ENTERTAINMENT(VICP-5790)

  

Posted by アナログ・キッド

TRIBUTE TO VAN HALEN

2008年11月11日22:19:32





トリビュート、カバー・アルバム特集・第10回目は『VAN HALEN』のトリビュート・アルバム

2000年リリースの『TRIBUTE TO VAN HALEN/2000』を紹介します。



いや~よくもこれだけ集めましたね!と言わんばかりのミュージシャンが集結しています。

これは1曲づつ参加メンバーを紹介せねばならないですね。



01.Unchained

   ジャック・ラッセル(vo)

   ドゥィール・ザッパ(g)

   マルコ・メンドーサ(b)

   エリック・シンガー(ds)

02.I''m On Fire

   マーク・スローター(vo)

   ダグ・アルドリッチ(g)

   ティム・ボガート(b)

   フランキー・バネリ(ds)

03.Dance The Night Away

   ジョー・リン・ターナー(vo)

   レブ・リーチ(g)

   マルコ・メンドーサ(b)

   グレッグ・ビソネット(ds)

04.Light Up The Sky

   ダグ・ピニック(vo)

   イングヴェイ・マルムスティーン(g)

   ビリー・シーン(b)

   ヴィニー・カリウタ(ds)

05.Panama

   ジェイニー・レイン(vo)

   ジョージ・リンチ(g)

   トニー・フランクリン(b)

   グレッグ・ビソネット(ds)

06.Hot For Teacher

   ジョン・コラビ(vo)

   ブルース・キューリック(g)

   トニー・フランクリン(b)

   グレッグ・ビソネット(ds)

07.Runnin'' With The Devil

   スティーヴン・パーシー(vo)

   ジェイク・E・リー(g)

   ティム・ボガート(b)

   フランキー・バネリ(ds)

08.(Oh)Pretty Woman

   ガナー・ネルソン(vo)

   マット・ネルソン(vo)

   アルバート・リー(g)

   トニー・レヴィン(b)

   エインズレーダンバー(ds)

09.Atomic Punk

   フィー・ウェイビル(vo)

   ブラッド・ギルス(g)

   ティム・ボガート(b)

   フランキー・バネリ(ds)

10.So This Is Love?

   ジェフ・スコット・ソート(vo)

   ブルース・サラセノ(g)

   トニー・フランクリン(b)

   エリック・シンガー(ds)

11.Little Guitars

   デヴィッド・グレン・アイズレー(vo)

   ミッチ・ペリー(g)

   マルコ・メンドーサ(b)

   エリック・シンガー(ds)



2つと同じメンツで演奏しているナンバーはありません。

そして〝デイヴィッド・リー・ロス〞時代のナンバーしか収録されていないところが面白いです。

個性的なデイヴが居た時代の『VAN HALEN』の方が確かにカリスマがありましたからね。

演奏的にはこのメンツですからなんら問題はなく、ほぼオリジナルを忠実に再現しています。

その中でもちょっと異色なのは8曲目の〝(Oh)Pretty Woman〞ですね。

どれもメタル色が強い中、このメンツからも判断出来るようにポップなアレンジがなされています。

あとジェフ・スコット・ソートがかなりデイヴを意識した歌い方をしています。

このアルバムでの〝デイヴそっくり賞〞と言うところでしょうか(^^;

あと選曲的に〝Jump〞と〝Ain''t Talkin'' ''Bout Love〞は外して欲しくなったです。





  

  

  

    

Posted by アナログ・キッド

RANDY RHOADS TRIBUTE

2008年11月10日22:14:46





トリビュート、カバー・アルバム特集・第9回目は『RANDY RHOADS』のトリビュート・アルバム

2000年リリースの『RANDY RHOADS TRIBUTE』を紹介します。



このトリビュート・アルバムもベーシック・トッラクをドラムに元『DAMN YANKEES』の

〝マイケル・カーテローン〞、ベースに元『GIANT』の〝マイク・ブリッグナーデロ〞、

キーボードに元『BRIAN SETZER BAND』の〝ボブ・パー〞を迎え、

楽曲によってギターとヴォーカルを入れ替えるスタイルをとっています。

参加したギタリストは〝ウルフ・ホフマン〞〝ジェイク・E・リー〞〝ロイ・Z〞〝ジョージ・リンチ〞

〝クリス・インペリテリ〞〝ダイムバック・ダレル〞〝チェット・トンプソン〞そして〝山本恭司〞、

ヴォーカルに〝セバスチャン・バック〞〝ロブ・ロック〞〝ジョー・リン・ターナー〞

〝マーク・スローター〞と言った顔ぶれです。



まぁお世辞にも上手いとは言えないオジーの歌を歌うのですから、

ヴォーカル的にはオリジナルより良かったりするナンバーがあったりします(^^;

特にバラード系なんてのは顕著に表れています。

ギター・ソロもかなり参加しているギタリストの個性が出たソロを弾いています。

本家の〝ジェイク・E・リー〞もかなりアレンジしたソロを弾いています。

ただ〝Mr.Crowley〞に〝ジョージ・リンチ〞を起用したのは失敗だったと思います。

御免なさいジョージ・リンチ・ファンの皆さん、楽曲とプレイスタイルがあまりにも違い過ぎますので。



2枚のアルバムしかオジーのバンドでは残していないので自ずから選曲も限られてきますし、

およその代表曲が収録されていますが〝Suicide Solution〞が外されているのが残念です。

あと〝Revelation〞は本来それに続いて〝Steel Away〞がプレイされて盛り上がり、

それが一つの曲であるのに〝Steel Away〞が収録されていないのが腑に落ちません。



RANDY RHOADS TRIBUTE

01.I Don''t Know

02.Crazy Train

03.Goodbye To Romance

04.Mr.Crowley

05.Revelation

06.Over The Mountain

07.Flying High Again

08.Believer

09.S.A.T.O.

10.Diary of A Madman

East West Japan(AMCY-4456)

  

Posted by アナログ・キッド