Warning: pg_exec(): Query failed: ERROR: function to_date(timestamp without time zone, unknown) does not exist LINE 1: SELECT to_date(ts_publish,'YYYY-MM-DD') FROM ai_infolist ^ HINT: No function matches the given name and argument types. You might need to add explicit type casts. in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 89

Warning: pg_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 90
ROCK BOTTOM :
Chekipon BLOG  
ログイン

TOBRUK /

2008年09月29日22:00:54





ハード・ポップ・ロック特集、第29回目はイギリス出身の『TOBRUK』の

1985年の1stアルバム『WILD ON THE RUN』を紹介します。



1984年『BON JOVI』のデビューアルバムにより一躍プロデューサー〝ランス・クイン〞の名前も

クローズアップされました。

そんな中、2匹目のドジョウを狙ったわけではないですが〝ランス・クイン〞のプロデュースの下、

イギリスからも『BON JOVI』のようなバンドが1985年にデビューしました。

それがこの『TOBRUK』です。

とにかく2曲目に収録された〝Falling〞が『BON JOVI』の〝Runaway〞と似てたのです。

とは言えこの曲が作られたのは『BON JOVI』のアルバムが世に出る以前だったので

これは単なる偶然だったようですが。

キーボードを大きくフィーチャーした音作りに、メロディアスでキャッチーなサウンドは

『BON JOVI』をいち早く支持した日本ならもっと話題になっても良かったと思うのですが

そんなにブレイクしませんでした。

メンバーのルックスもそう悪くなかったですし。

バンドは1987年に2ndアルバムをリリースし解散してしまいます。



TOBRUK / WILD ON THE RUN

Disc-1

01.Wild on the Run

02.Falling

03.Running from the Night

04.Hotline

05.Rebound

06.Poor Girl

07.She''s Nobody''s Angel

08.Breakdown

09.Going Down for the Third Time

10.Wild on the Run [Bonus Track]

11.The Show Must Go On [Bonus Track]

Disc-2

01.Wild on the Run [Live]

02.Alley Boy [Live]

03.Breakdown [Live]

04.Falling [Live]

05.Running from the Night [Live]

06.She''s Nobody''s Angel [Live]

Majestic Rock Records(MAJCDSP039)



今回紹介したアルバムは2007年にMajestic Recordsからリリースされた2枚組限定盤です。

オリジナルヴァージョンに1983年にリリースしていたシングル〝Wild On The Run〞と

そのB面の〝The Show Must Go On〞が追加収録されています。

加えてライヴトラック6曲がボーナスCDが付いています。



バンドのヴォーカリスト〝スチュアート・ニール〞は2006年に43歳の若さで他界します。



『BON JOVI』の〝Runaway〞に似ている〝Falling〞をどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド

FM /

2008年09月28日22:22:57





ハード・ポップ・ロック特集、第28回目はイギリス出身の『FM』の

1989年の2ndアルバム『TOUGH IT OUT』を紹介します。



この『FM』もイギリスのバンドでありながら、そのサウンドはアメリカのハード・ポップ、

とりわけ産業ロック的な甘いロック・サウンドを作り出していました。

そのメロディーも当然のことながらヴォーカルの〝スティーヴ・オーヴァーランド〞の

ちょっとハスキーで伸びやかな声もバンドのこのサウンドにハマッていました。

プロデューサー〝ニール・カーノン〞の存在も大きいと思えます。

因みにバラード〝Everytime I Think of You〞は『MR.BIG』の〝エリック・マーティン〞が

ソロ・アルバムにも収録していたナンバーです。



FM / TOUGH IT OUT

01.Tough it Out

02.Dont Stop

03.Bad Luck

04.Someday

05.Everytime I Think of You

06.Burning My Heart Down

07.The Dream that Died

08.Obsession

09.Can You Hear me Calling?

10.Does it Feel Like Love

11.Feels so Good

Epic/Sony Records(ESCA-5075)



哀愁のハードポップチューン、〝Bad Luck〞をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

BRONZ /

2008年09月27日22:02:11





ハード・ポップ・ロック特集、第27回目はイギリス出身の『BRONZ』の

1984年の1stアルバム『TAKEN BY STORM』を紹介します。



当時『URIAH HEEP』『MOTORHEAD』『GIRLSCHOLL』が在籍していたイギリスの

〝BRONZE〞レコードからデビューしたのがこの『BRONZ』です。

因みにBRONZEレコードからデビューしたから『BRONZ』と名づけられたわけではなく

1979年の結成当時から彼らは『BRONZ』と名乗っていたそうです。

そんなイギリスの由緒ある(!?)レーベルからデビューした『BRONZ』でしたが、

サウンドはアメリカンなハード・ポップ・ロックを聴かせてくれていました。

それは初期の『DEF LEPPARD』的と言ってもいいサウンドでしょうか。



とりわけこのバンドでハイトーンの素晴らしいヴォーカルを披露している〝マックス・ベーコン〞は

その後『GTR』のヴォーカリストとして抜擢されます。

アルバムには『NEW ENGLAND』の〝Don''t Ever Wanna Lose Ya〞のカバーが

収録されています。



BRONZ / TAKEN BY STORM

01.Send Down an Angel

02.Heat of the Night

03.Cold Truth

04.Night Runner

05.Taken by Storm

06.Don''t Ever Wanna Lose You

07.Sweet Lady

08.Harder Than Diamond

09.Tiger

10.Loneliness Is Mine

11.Stranded 1984 [Studio Mixed into 2001 Live Version]

Sanctuary Records(CMRCD275)



バンドはこの1枚のみで敢え無く解散してしまいます。

アルバムは長らく廃盤でしたが何度かのCD化を経て

現在は2002年にアメリカのレーベルからリリースされており

当時シングルのB面に収録されていたナンバーを追加収録したヴァージョンで入手可能です。

因みに現在のアルバムジャケットは差し替えられており

1984年当時のアルバム・ジャケットはこちらになっています。





アルバム・トップを飾るハード・ポップ・チューン〝Send Down an Angel〞をどうぞ。

  

Posted by アナログ・キッド

AIRRACE /

2008年09月26日22:44:03





ハード・ポップ・ロック特集、第26回目はイギリス出身の『AIRRACE』の

1984年の1stアルバム『SHAFT OF LIGHT』を紹介します。



このバンドもデビュー前から話題のバンドでした。

理由はこのバンドのドラマーがあの『LED ZEPPELIN』のドラマー〝ジョン・ボーナム〞の息子

〝ジェイソン・ボーナム〞だったからです。

そんなところから、さそがし骨太なブリティシュ・ハード・ロックを聴かせてくれて、

オヤジ譲りのパワフルなドラムを叩き出してくれているだろうと思いきや、

何とここで聴けるのはアメリカンなハード・ポップ・ロックだったのです。

プロデューサーにはあの『RATT』のデビューアルバムをプロデュースした〝ボー・ヒル〞となれば、

そのポップ性は折り紙付きと言ったところでしょうが、

『AIRRACE』はメタル的な要素はかなり薄くほぼ産業ロックに近いサウンドでした。

メロディックで哀愁のあるサウンド、出しゃばり過ぎないキーボードもバンドに見事にマッチしており、

とりわけヴォーカリストの素晴らしいハイトーン・ヴォイスはこのバンドの顔でした。



AIRRACE / SHAFT OF LIGHT

01.I Don''t Care

02.Promise to Call

03.First One Over the Line

04.Open Your Eyes

05.Not Really Me

06.Brief Encounter

07.Caught in the Game

08.Do You Want My Love Again

09.Didn''t Wanna Lose Ya

10.All I''m Asking

Wounded Bird(WOU-219)



バンドはこの1枚で解散してしまいます。

ヴォーカリスト〝キース・マーレル〞はその後『MAMA''S BOYS』や『PHENOMENA』に

参加します。  

Posted by アナログ・キッド

LILLIAN AXE /

2008年09月25日22:46:19





ハード・ポップ・ロック特集、第25回目はアメリカはニューオリンズ出身の『LILLIAN AXE』の

1992年の3rdアルバム『POETIC JUSTICE』を紹介します。



MCAから1988年にリリースしたデビュー・アルバムは

あの『RATT』の〝ロビン・クロスビー〞をプロデューサーに迎え、

『RATT』自体もまだまだ絶好調の時代であったこともあり、デビュー前から話題になっていました。

彼らのサウンドはアメリカのバンドらしからぬ欧州系のバンドが持つ叙情性が魅力でした。

1989年リリースの2ndアルバムではあの大物プロデューサー〝トニー・プラット〞を起用し

順風満帆と思えた彼らでしたが、この2枚でMCAから契約を切られてしまいます。

しかし彼らは消えることなくインディーズ・レーベルではありましたが

3rdアルバムを1992年にリリースします。

これが起死回生、9回裏の逆転満塁ホームランとも言える内容で、

メロディーの叙情性は言うに及ばず、ポップな感性とキャッチーな歌メロが見事に

融合された素晴らしいアルバムでした。

とりわけ彼らはデビュー当時からバラード・ナンバーには定評があり、

このアルバムでも〝The Promised Land〞と言う空前の超名バラードが収録されています。



間違いなく彼らの最高傑作、メロディアス・ハード・ロックの名盤と言えるでしょう。



LILLIAN AXE / POETIC JUSTICE

01.Poetic Justice

02.Innocence

03.True Believer

04.Body Double

05.See You Somebody

06.Living in The Grey

07.Digital Dreams

08.Dyin'' To Live

09.Mearcy

10.The Promised Land

11.No Matter What

12.She''s My Salvation

13.A Moment of Reflection

Victor(VICP-5148)



一時期解散状態でしたが2007年に8年振りの6thアルバムをリリースし

今も活動を続けているようです。



『BADFINGER』のカバー〝No Matter What〞をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

FIREHOUSE /

2008年09月24日22:10:17





ハード・ポップ・ロック特集、第24回目はアメリカはヴァージニア出身の『FIREHOUSE』の

1991年の1stアルバム『FIREHOUSE』を紹介します。



彼らは『BON JOVI』の〝ジョン・ボン・ジョビ〞の強力なバックアップの下

デビューした話題のバンドでした。

キャッチーでメロディックなハード・ロックはすぐ日本では火が付き、

〝Don''t Treat Me Bad〞〝Love of A Lifetime〞のシングル・ヒットもあり

デビュー・アルバムはリリース10ヶ月後にして100万枚を突破するセールスになります。

『FIREHOUSE』はオーソドックスなアメリカン・ハード・ロックでありながらも

その親しみやすいメロディーとヴォーカリスト〝C.J.スネア〞の伸びやかな声が魅力のバンドでした。

アルバムにはハードなナンバーからポップなナンバー、

そして彼らが幅広い人気を誇っていた要因となるバラード・ナンバーなど、

多彩なバリエーションで飾られたアルバムでした。



1992年にリリースされた2ndアルバム『HOLD YOUR FIRE』も1stアルバムの延長線上に

ありながらも更に完成度を高めたアルバムで、こちらものお勧めのアルバムです。



FIREHOUSE / FIREHOUSE

01.Rock on the Radio

02.All She Wrote

03.Shake & Tumble

04.Don''t Treat Me Bad

05.Oughta Be a Law

06.Lover''s Lane

07.Home Is Where the Heart Is

08.Don''t Walk Away

09.Seasons of Change [Instrumental]

10.Overnight Sensation

11.Love of a Lifetime

12.Helpless

Epic/Sony Records(ESCA-5178)



1990年代中期にはグランジ・ブームの逆風もありバンドは迷走、

メンバーチェンジを経て現在も活動しており

今年4月には9年振りに来日公演を敢行しました。



いい曲はいっぱいありますが、やっはりこれだよな~!

  

Posted by アナログ・キッド

TRIXTER /

2008年09月23日22:16:52





ハード・ポップ・ロック特集、第23回目はアメリカはニュージャージー出身の『TRIXTER』の

1992年の2ndアルバム『HEAR!』を紹介します。



1990年にMCAから鳴り物入りでデビューした彼らは『BON JOVI』の〝リッチー・サンボラ〞や

『DEF LEPPARD』の〝フィル・コリン〞と言ったミュージシャンから賛辞を受けたバンドでした。

彼らは『VAN HALEN』や『BON JOCVI』的な、いかにもアメリカンなハードロック・サウンドで、

ノリのいいキャッチーなロック・ナンバーやバラードもプレイするその感性は

20歳そこそこの新人にしては既に完成されたバンドでした。

1992年に2ndアルバムをリリース、1stアルバムの延長線上にあるサウンドながらも

グルーブ感が増し、そんなところはどこか『EXTREME』的なニュアンスが強くなった感じがします。



良質のアメリカン・ハード・ロック・アルバムを立て続けにリリースするも

この2枚でレコード会社から契約を切られ1995年に自費出版でカバーアルバムをリリースするも

バンドは解散してします。



TRIXTER / HEAR!

01.Road of A Thousand Dreams

02.Damn Good

03.Rockin'' Horse

04.Power of Love

05.Runaway Train

06.Bloodrock

07.Waiting In That Line

08.Nobody''s A Hero

09.Wild Is The Heart

10.What It Takes

11.As The Candle Burns

12.On The Road Again

MCAビクター(MVCM-298)



日本でもそれなり人気のあったバンドでした。

バンドは今年再結成したようです。



『PUFFY』がイントロをパクッた〝Road of A Thousand Dreams〞をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

STARZ /

2008年09月22日22:17:05





ハード・ポップ・ロック特集、第22回目はアメリカ出身の『STARZ』の

1977年の2ndstアルバム『VIOLATION』を紹介します。



当時、瀕死のブリティシュ・ハード・ロック界に反してアメリカン・ロックは活気に満ち溢れていました。

『KISS』や『AEROSMITH』が大ブレイクしていた当時、

『KISS』の弟分として鳴り物入りで1976年にデビューしたのがこの『STARZ』でした。

あの〝ジャック・ダグラス〞をプロデューサーに迎えてリリースされたデビューアルバムは

『KISS』や『AEROSMITH』ほどのインパクトはなかったものの、

いかにもアメリカのバンドらしい大陸的なドライなハード・ロックを聴かせてくれていました。

とりわけヴォーカルの〝マイケル・リー・スミス〞の伸びやかなヴォーカルは

このバンドの顔とも言えるものでした。

この2ndアルバムもプロデューサーに〝ジャック・ダグラス〞を起用し、

1stよりは幾分ポップ色を強めたアルバムに仕上がっており、

シングル・カットの〝Cherry Baby〞もスマッシュ・ヒットもあり、

次世代のアメリカン・ハード・ロック・バンドとして期待されましたが

1978年リリースの3rdアルバムがセールス面で大失敗に終わり、

大幅なメンバー・チェンジを敢行しリリースした4thアルバムリリース後に解散してしまいます。

因みに4thアルバムに加入したギタリスト〝ボビー・メッサーノ〞は先日紹介した

『FRANKE & THE KNOCKOUTS』の『MAKIN'' THE POINT』のアルバムで加入します。



STARZ / VIOLATION

1. Cherry Baby

2. Rock Six Times

3. Sing It, Shout It

4. Violation

5. Subway Terror

6. All Night Long

7. Cool One

8. S.T.E.A.D.Y.

9. Is That a Street Light or the Moon?

Metal Blade(9 26559-2)



当時彼らは大手キャピトルと契約していました。

その後、権利をメタル・ブレイドが獲得し1991年にCD化します。

2005年に別レーベルがデモ音源3曲追加したリマスター盤をリリースし

現在はそのヴァージョンで購入可能です。



  

Posted by アナログ・キッド

HEAVEN''S EDGE /

2008年09月21日22:15:33





ハード・ポップ・ロック特集、第21回目はアメリカはフィラデルフィア出身の『HEAVEN''S EDGE』の

1990年の1stアルバム『HEAVEN''S EDGE』を紹介します。



僅かこの1枚のアルバムのみをリリースして解散してしまった『HEAVEN''S EDGE』ですが、

ハード・エッジなメタル・サウンドを踏襲しつつもキャッチーな歌メロを作り出していた

実力派のバンドでした。

ヴォーカリストの〝ジェフ・スコット・ソート〞を彷彿とさせるハスキーでパワフルなヴォーカルと、

中国系アメリカ人ギタリスト〝レジー・ウー〞のフラッシーなギターもバンドの魅了と言えるでしょう。

LAメタル的なゴージャスなサウンドを思うと

あと5年早くデビューしていれば話題になったバンドだったように思えます。

惜しいバンドでした。



HEAVEN''S EDGE / HEAVEN''S EDGE

01.Intro

02.Play Dirty

03.Skin To Skin

04.Find Another Way

05.Up Against The Wall

06.Hold On To Tonight

07.Can''t Catch Me

08.Bad Reputation

09.Daddy''s Little Girl

10.Is That All You Want?

11.Come Play The Game

12.Don''t Stop, Don''t Go

CBS/SONY Records(CSCS-5183)



このアルバムのプロデュースをしたのはあの〝ニール・カーノン〞でした。



アルバムの中で最もポップなナンバー〝Find Another Way〞をどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド

PAUL LAINE /

2008年09月20日22:07:34





ハード・ポップ・ロック特集、第20回目はカナダはバンクーバー出身の『PAUL LAINE』の

1990年の1stアルバム『STICK IT IN YOUR EAR』を紹介します。



あの〝ブルース・フェアバーン〞がプロデュースしたからではないですが、

カナダの『BON JOVI』とも言われた〝ポール・レイン〞の1stアルバムは

ポップでキャッチーなナンバーが収められたハード・ポップ・アルバムでした。

ポールのヴォーカルはこの甘いメロディーには相反してパワフルに歌い上げ、

そこの分厚いコーラスば絡んでくるとくれば、それはそのタイプのサウンドが好きな人には

たまらないアルバムでしょう。

まぁ1stアルバムと言うこともありサウンド的には散漫なところもあり目新しいところはありませんが、

20歳そこそこのミュージシャンが作ったアルバムとしては及第点の作品でしょう。



PAUL LAINE / STICK IT IN YOUR EAR

01.One Step Over The Line

02.We Are The Young

03.Dorianna

04.Is It Love

05.Heart of America

06.Main Atraction

07.Doin'' Time

08.I''ll Be There

09.Break Down The Barricades

WARNER-PIONEER(WPCP-3525)



ポールは1995年から2005年まで『DANGER DANGER』のヴォーカリストとして在籍し

現在は自分のバンド『SHUGAAZER』で活動しています。



極上ハード・ポップ、Doriannaをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド