Chekipon BLOG  
ログイン

WHITESNAKE /

2008年04月29日22:10:24





今日はイギリス出身のベテラン・ハード・ロック・バンド『WHITESNAKE』のオリジナル・アルバム

としては10枚目となるニュー・アルバム『GOOD TO BE BAD』を紹介します。



私のハード・ロックの歴史はほぼ『WHTESNAKE』の歴史とリンクしていて、

熱烈なファンではないまでも元『DEEP PURPLE』のヴォーカリストと言うことで

思い入れは他のバンドとはまた違うものがあります。

そんなバンド結成30周年を迎える『WHITESNAKE』のニュー・アルバムがリリースされました。

正直言って〝スティーブ・ヴァイ〞が加入してからの『WHITESNAKE』はどこか変でした。

それは別にスティーブ・ヴァイが悪かったと言う理由ではなく、

単純にハード・ロック自体がシーンの低迷期と影響していたのが要因だと思えます。

紆余曲折を経て復活した『WHTESNAKE』の

11年振りのニュー・アルバムがリリースされたことは嬉しい限りです。



ニュー・アルバムは往年の『WHTESNAKE』らしいブルージィーなハード・ロックに

モダンなテイストを散りばめた作風で占められています。

お約束のバラード調のナンバーも収録されており、

11年振りのニュー・アルバムとは思えない高品質のハード・ロック・アルバムだと思います。

どうしてもファンはアルバム『SERPENS ALBUS』を1つの基準として

『WHTESNAKE』を評価してしまうわけですが、『SERPENS ALBUS』を超えるアルバムなど

作れるわけはないとバンドもファンも思っているはずですから、

このニュー・アルバムはそんなことは忘れて楽しんで貰いたい、

それが私の正直な気持ちです。

間違いなく会心の復活の1枚だと思います。

まぁ個人的な意見としては〝レブ・ビーチ〞にもっとソロ・パートが欲しかった!!!



WHITESNAKE / GOOD TO BE BAD

Disc-1

01.Best Years

02.Can You Hear The Wind Blow

03.Call On Me

04.All I Want All I Need

05.Good To Be Bad

06.All For Love

07.Summer Rain

08.Lay Down Your Love

09.A Fool In Love

10.Got What You Need

11.Til The End Of Time

Disc-2(BonusCD)

01.Summer Rain (acoustic version)

02.All I Want All I Need (radio edit)

03.Take Me With You (live version)

04.Ready To Rock (enhanced video)



Steamhammer (Germany盤)







私は2枚組のドイツ版の限定盤を購入しました。

専用ケースにポスターとステッカーとポストカードが付いてました。

ライヴ音源を収録した2枚組のアメリカ版の限定盤もリリースされています。

『WHITESNAKE』マニアは日本盤、ドイツ盤、アメリカ盤と買うのかな~!?(^^;



ボーナスCDにも収録されているReady To Rockのビデオをどうぞ

Whitesnake - ''Ready To Rock''
  

Posted by アナログ・キッド

DEPAPEPE /

2008年04月28日22:36:00





今日は日本のアコースティック・ギター・デュオ『DEPAPEPE』の

3rdオリジナル・フル・アルバム『HOP!SKIP!JUMP!』を紹介します。



先月このニュー・アルバムに伴うツアーを見に行き、

その時にも勿論このアルバムのナンバーも数曲演奏しました。

今回もキャッチーで親しみやすいメロディー満載のアルバムに仕上がっています。

こう言う表現が適切なのか分かりませんが、とても分かりやすいアルバムだと思います。

曲ごとにこれは何系みたいなはっきりしたテーマが明確なアルバムと言えるでしょう。

とにかく彼らはアコギ2本に拘らないフットワークの良さが魅力です。

バンドをバックに演奏するスタイルも、それはやはり彼らが尊敬する

『山絃』『J&B』と言ったアーティストの影響でしょう。

そう言ったバンド形式を良しとするか悪いとするかはファンの好みに委ねるしかありません。

私的にはバンド系はおおいに賛成ですけどね。



ニューアルバムも極上のポップ・ミュージックを聴かせてくれています。

これもいいアルバムですよ!(^o^)



DEPAPEPE / HOP!SKIP!JUMP!

01.Festa!!

02.Ready!go!!

03.Great Escape

04.禁じられた恋

05.Horizon

06.旅の空から、

07.Marine Drive

08.Rosy

09.a ボトム

10.Viva!jump!

11.Gigio2

12.桜風



ソニー・ミュージック・エンタテイメント(日本盤)



Ready!go!! をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

PROTEST THE HERO /

2008年04月27日22:03:24





今日はカナダ出身のカオティック・メタル・コア・バンド『PROTEST THE HERO』の

2003年リリースのデビュー・ミニ・アルバム『A CALCULATED USE OF SOUND』の

DVD付き限定盤を紹介します。



来月『BULLET FOR MY VALENTINE』の来日公演のオープニング・アクトとして

再来日を果たす『PROTEST THE HERO』ですが、

このアルバムは2003年リリースされたミニ・アルバムの

2004年に1曲追加しリマスタリングされた再リリース盤の再々リリース盤です。

2003年リリースした時に彼らはまだ16歳だったと言うことで、

高校生が作ったアルバムと思えない完成度の高さで驚かされます。

まだまだ音圧的に弱い感じがするわけでメタル的な印象は薄く、

どちらかと言うとスクリーモと言えるサウンドです。

しかし、この時から既にキャッチーな歌メロの姿勢は確立しています。

来月の来日公演も楽しみです。



PROTEST THE HERO / A CALCULATED USE OFSOUND

Disc-1(CD)

01.Red Stars Over The Battle of The Cowshed

02.An Apathetic New World

03.These Colours Don''t Run

04.Soft Targets Dig Softer Graves

05.Fear And Loathing In Laramie

06.Led Astray

07.I Am Dimitri Karamazov And The World Is My Father

Disc-2(DVD)

※PROMO VIDEO

01.These Colours Don''t Run

02.The Divine Suicide of K

※First Trip To Japan And The Drunken Plan Ride That Took Us There



IMPERIAL RECORDS(日本盤)



DVDの方は2曲のPVと去年の来日公演のオフステージの模様が収録されています。

ライヴ映像も収録と聞いてたのにライヴ映像はありません。

面白くな~い!!!



These Colours Don''t RunのPVをどうぞ。

なかなか面白い仕上がりで気に入ってます(^o^)

  

Posted by アナログ・キッド

AT THE GATES /

2008年04月26日22:19:40





今日は奇跡の復活を遂げたスウェーデン出身の伝説のメロディック・デス・メタル・バンド

『AT THE GATES』の1995年リリースの4thアルバム『SLAUGHTER OF THE SOUL』の

今月日本でも発売された再リリース盤を紹介します。



私はデスと言う音楽を聴き出してまだ12年程なんですけど、

当時メロ・デスのバンド紹介のどこを見てもまず紹介されていたのが

この『AT THE GATES』の『SLAUGHTER OF THE SOUL』でした。

それもどの人も大絶賛されていたわけで私もすぐ購入してみました。

彼らのサウンドは鋭くたたみ掛ける2ビートのリフを基本としたメロディックなスラッシュ・メタルでした。

速くて激しいのに悲しいと言うのがその時の感想でした。

アメリカのスラッシュ・メタルとは一味違うメロディックなリフとメロディーがとにかくカッコ良くて

各位で大絶賛される理由がよく分かりました。



メロディック・デスのスタイルの築き上げた名作中の名作。

不朽のマスターピースです。



その後追従するバンドに多大な影響を与えた『AT THE GATES』が来月来日を果たします。

残念ながら私はライヴには行けませんが、可能であればカメラ・シューティングして欲しい!!!



AT THE GATES / SLAUGHTER OF THE SOUL

Disc-1(CD)

01. Blinded by Fear

02. Slaughter of the Soul

03. Cold

04. Under a Serpent Sun

05. Into the Dead Sky

06. Suicide Nation

07. World of Lies

08. Unto Others

09. Nausea

10. Need

11. Flames of the End

12. Legion [Slaughterlord Cover]

13. Dying

14. Captor of Sin [Slayer Cover]

15. Unto Others [''95 Demo]

16. Suicide Nation [''95 Demo]

17. Bistre Verklighet [No Security Cover]



Disc-2(DVD)

※LIVE IN KRAKOW、POLAND(1995年12月30日)

01.Terminal Spirit Disease

02.Cold

03.Swarm

04.Blinded by Fear

05.Nausea

06.Forever Blind

07.Need

08.Kingdom Gone

※MAKING OF SLAUGHTER OF THE SOUL

※Blinded By Fear(PV)

※Delected Scene



TOY''S FACTORY(日本盤)



再リリースに伴いCDにはボーナス・トラックが6曲追加収録されています。

〝Legion〞は当初リリースされていた日本盤のボーナストッラクにも収録されていました。

やはり興味があるのはDVDの方です。

1995年ポーランドでのライヴ映像が8曲収録されています。

画質・音質とも問題ありません。

インタビュー映像は『SLAUGHTER OF THE SOUL』のレコーディング時のエピソードを

プロデューサーの〝フレドリック・ノルドストーム〞と〝トマス・リンドバーグ〞と

〝マーティン・ラーソン〞の3人のトークを収録(全部で45分程)。

これがなかなか興味深い話をしていて、字幕付きの日本盤を買って正解でした。



歴史に残る名曲〝Blinded By Fear〞のPVをどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド

CHILDREN OF BODOM /

2008年04月25日22:12:04





今日はフィンランド出身のメロディック・デス・メタル・バンド『CHILDREN OF BODOM』の

6thアルバム『BLOODDRUNK』を紹介します。



『IN FLAMES』『ARCH ENEMY』と並ぶ北欧メロディック・デスの御三家の1つとも言える

『CHILDREN OF BODOM』のニュー・アルバムがリリースされました。

『IN FLAMES』同様、全米でもその知名度をアップさせて来た『CHILDREN OF BODOM』ですが、

アメリカで売れるサウンドと言うのを完全に熟知したと思えます。

その反面、初期のネオクラシカルなサウンドを求めるファンが

離れていく結果ともなっているのも事実です。

「嫌ならもう聴かなくていい」と言うのが、バンド側からの回答と理解すべき

段階に入ったと言えるでしょう。

今作でもモダンなヘヴィネスの中に鋭く切れ込むリフの応酬と

ギターとキーボードの壮絶なソロ・バトルと言うスタイルは変わっていません。

『BULLET FOR MY VALENTINE』のスラッシーなアルバムに対して、

「俺達の方がもっとスラッシーでヘヴィでカッコいいぜぇ!」言わんばかりのアルバムにも感じます。

各位で厳しい評価を聞くニューアルバムですが、

素晴らしいバンドだけに辛口の意見が多いのでしょう。

いいアルバムだと思いますよ、私は好きです(^o^)



CHILDREN OF BODOM / BLOODDRUNK

Disc-1(CD)

01.Hellhounds on My Trail

02.Blooddrunk

03.Lobodomy

04.One Day You Will Cry

05.Smile Pretty for the Devil

06.Tie My Rope

07.Done with Everything, Die for Nothing

08.Banned from Heaven

09.Roadkill Morning

10.Ghostriders In The Sky(日本盤ボーナストラック/STAN JONESのカバー)

11.Just Dropped In[To See What Condition My Condition Was In]

(日本盤ボーナストッラク/KENNY ROGERSのカバー)



Disc-2(DVD)

※5,1チャンネル・アルバム音源オーディオ(ボーナストラックを除く全9曲)

※Blooddrunk(PV)

※Blooddrunk(PVメイキング)



ユニヴァーサル・インターナショナル(日本盤)



ボーナストラックのカバー曲2曲も取り立てて印象はなく、

DVDもそう興味をそそるものでもないので、

購入をお考えの方は輸入盤で十分だと思います。



そのBlooddrunのPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

IN FLAMES /

2008年04月24日22:23:49





今日はスウェーデン出身のメロディック・デス・メタル・バンド『IN FLAMES』の

9thアルバム『A SENSE OF PURPOSE』を紹介します。



もはやこのジャンルにおいて右に出るものは居ない、

そのサウンドには貫禄とも思えるオーラを感じる『IN FLAMES』ですが、

今作も叙情メロディー満載のメロディック・デスを聴かせてくれています。

かなりキャッチーな印象を感じる楽曲が多く、

緩急を明確に表したコントラストの妙技が光る作風と言えるでしょう。

ゴシックとも思える耽美なナンバーや

キーボードのエレクトロニックなモダニズムがクールさを際出せるアレンジなど、

彼らが作り出した唯一無比のサウンドに何の躊躇もないと言ったところでしょうか。

誰もが思っていることですが、もはやこれはデスと言った狭いカテゴリーで語られる音楽ではなく、

メロディアスなヘヴィ・メタル、それも叙情ヘヴィ・メタル。

ヴォーカルもギターも泣きまくる、哀愁のヘヴィ・メタルのモダン系と言えるでしょう。



IN FLAMES / A SENSE OF PURPOSE

01.The Mirrors Truth

02.Disconnected

03.Sleepless Again

04.Alias

05.I''m The Highway

06.Delight And Angers

07.Move Through Me

08.The Chosen Pessimist

09.Sober And Irrelevant

10.Drenched In Fear

11.Condemned

12.March To The Shore

13.Eraser (Japanese Bonus Track)

14.Tilt (Japanese Bonus Track)

15.Abnegation (Japanese Bonus Track)



TOY''S FACTORY(日本盤)



ボーナス・トラックも強力なナンバーですので購入の際は日本盤をお勧めします。



アルバムからのシングルThe Mirror''s TruthのPVをどうぞ。

ちょっとグロい!?



  

Posted by アナログ・キッド

DARK AGE /

2008年04月23日22:20:33





今日はドイツ出身のメロディック・デス・メタル・バンド『DARK AGE』の

5thアルバム『MINUS EXITUS』の限定盤を紹介します。



〝スウェーデンのメタル・シーンに対するドイツからの回答〞と言うキャッチ・コピーでお馴染みの

メロディック・デス・メタル・バンド『DARK AGE』の

約4年振りになるニュー・アルバムがリリースされました。

1998年にデビューし既に10年のキャリアを持つ彼らですが、

日本での知名度は欧州に比べるとかなりその温度差はあるようです。

今作でも良質の叙情系のメロ・デスを聴かせてくれています。

まぁやはり彼らのサウンドを聴くとやはりスウェーデンの『IN FLAMES』や『SOILWORK』と

言ったバンドの影を感じるのは致し方ないでしょう。

しかし、そんな評価以上に余り有る素晴らしい泣きのメロディーと

ドラマティックな展開満載のナンバーの聴かせてくれています。

因みに日本盤のボーナストラック〝Children of The Revolution〞は

何と~日本語で歌っています。

まぁデス声ですので言われないと分かりにくいかも!?(^^;



DARK AGE / MINUS EXITUS

ディスク・1(CD)

01.Minus Exitus

02.Black September

03.Outside The Inside

04.The Dying Art Of Recreation

05.Exit Wounds

06.Seven

07.ー

08.No Way Home

09..Cold

10.Instrumental

11.Life For Blood

12.The Echoes Discipline

13.Children of The Revolution(Japanese Bonus Track)



ディスク・2(DVD)

※Studio Report~The Making of〝Minus Exitus〞

※Live at 〝Rage Against Racism〞 Festival

01.Neokillers

02.Black September

03.Zero

04.Last Words

05.Minus Exitus

06.Suicide Crew

07.For Whom The Bell Tolls(METALLICAのカバー)

※Bonus Video Tracks

01.Zero

02.Headbanging Puppets



SPIRITUAL BEAST(日本盤)



ライヴ映像は小さな野外のステージでの模様ですが

1台の固定カメラだけ、それも左斜め後ろと言う微妙なポジションで撮影されています。

マニア向けと言っていいでしょうか。

パフォーマンス自体は悪くないです。



DVDにも収録されているZeroのPVをどうぞ



  

Posted by アナログ・キッド

CORPORATION 187 /

2008年04月22日22:13:26





今日はスウェーデン出身のデスラッシュ・バンド『CORPORATION 187』の

3rdアルバム『NEWCOMERS OF SIN』を紹介します。



2002年の2ndアルバムリリース以降、アルバムのリリースもなく解散したのか!?と思っていたら

突如ニュー・アルバムがリリースされました。

今まではEarache配下のWicked Worldからアルバムをリリースしていましたが、

ニューアルバムはAnticulture Recordsに移籍してのリリースです。

移籍の影響かデスラッシュ一辺倒だった従来のサウンドからかなりシフト・チェンジしました。

簡潔に言えばオーセンティックなスウェデッシュ・デス・メタルと言うサウンドでしょうか。

従来のデスラッシュ的なナンバーも勿論ありますが、全体的にはスピードを抑え目、

初期の『SENTENCED』的な耽美なニュアンスを持ったサウンドになったと言えるでしょう。

2ndまでのデスラッシュが好きだったと言う人にはかなり戸惑いのあるアルバムかも知れません。

って言うか、私的にはデスラッシュを期待してただけに

ちょっと拍子抜けした感は否めないでもないです。

まぁスウェーデンのバンドらしい叙情メロディーは健在ですが。。。。。



CORPORATION 187 / NEWCOMERS OF SIN

01.Provoking The Prophet

02.Newcomers of Sin

03.My Sickness

04.Question The Light

05.Suffer As One

06.Teaching The Sick, Feeding The Dead

07.Procession

08.Madhouse

09.Cardiac

10.I''m The New Messiah

11.Virus Nation



Anticulture Records(UK盤)



My SicknessのPVをどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド

DREAM THEATER /

2008年04月21日22:15:53





今日はアメリカのプログレ・メタル・バンド『DREAM THEATER』の2枚組ベスト・アルバム

『GREATEST HITS (...and 21 other pretty cool songs)』を紹介します。



このベストアルバムは1992年の『IMAGES AND WORDS』から

2005年の8thアルバム『OCTAVARIUM』までのワーナー時代からのセレクトになっています。

私は『DREAM THEATER』のベスト盤はないと思っていました。

『RUSH』や『QUEEN』はまだありかなと思っていましたが

『DREAM THEATER』は不可能だろうと思っていました。

それは曲が長いと言うことやコンセプト・アルバムが多いと言うことで

1枚(2枚組ですが)のCDに編集することは不可能だと思っていたからです。

ですからオフィシャルな形でベスト盤がリリースされると言うことは画期的だと思っていました。

しかし実際聴いてみると普通に聴けたことに驚きを感じています。

アルバムはヘヴィなナンバーが収録されたDisc-1・The Dark Sideと

バラード系のナンバーを中心に収録したDisc-2・The Light Sideと区別された形になっています。

収録されている曲は意識してかあまり長い曲は収録されておらず

(長い曲はエディット・ヴァージョンで短くしてますが)コンパクトなナンバー中心に収録されています。

このベスト盤で初めて彼らの音楽を聴くと言った方への配慮でしょうか!?

だからと言ってコアなファンが満足出来ない内容でもないと思います。

ただ〝Metropolis〞が収録されてないのは何故なのでしょう!?

この曲なくして彼らを語れないと思いますし、あの曲はやはり彼らの代表曲と思いますからね。

あとアルバム『METROPOLIS PT.2』からのセレクトが〝HOME〞と言う

地味目の曲が選ばれているのも納得出来ません。



まぁどんなベスト・アルバムでも万人を納得させるベスト・アルバムはありませんれどね。

因みに全曲デジタル・リマスタリングされており曲によってはリミックスも施されています。



DREAM THEATER / GREATEST HITS (...and 21 other pretty cool songs)

ディスク 1 (The Dark Side)

01.Pull Me Under (2007 Remix)

02.Take The Time (2007 Remix)

03.Lie (Single Edit)

04.Peruvian Skies

05.Home (Single Edit)

06.Misunderstood (Single Edit)

07.The Test That Stumped Them All

08.As I Am

09.Endless Sacrifice

10.The Root Of All Evil

11.Sacrificed Sons



ディスク 2 (The Light Side)

01.Another Day (2007 Remix)

02.To Live Forever

03.Lifting Shadows Off A Dream

04.The Silent Man

05.Hollow Years

06.Through Her Eyes (Alternate Album Mix)

07.The Spirit Carries On

08.Solitary Shell (Single Edit)

09.I Walk Beside You

10.The Answer Lies Within

11.Disappear



RHINO (USA盤)



ベスト盤のCMをどうぞ

















  

Posted by アナログ・キッド

STRAPPING YOUNG LAD /

2008年04月20日22:22:41





今日はカナダの奇才デヴィン・タウンゼンド率いるエクストリーム・バンド

『STRAPPING YOUNG LAD』のベスト・アルバム『1994-2006 CHAOS YEARS』を紹介します。



このベスト・アルバムはライヴ映像やPVを収録したDVDとの2枚組仕様で、

他にDVDケース・サイズのケースでポスター付きの限定盤もリリースされています。

私はこの限定盤の方を購入しました。

CDの収録曲はリマスタリングされていますが既存のアルバムからのセレクトで、

17曲目は『HEAVY AS A REALLY HEAVY THING』の

USA盤のボーナス・トラックとして収録されていたナンバーです。

まぁやはりCDよりDVDの方が気になるわけで、

最初に収録されているDOWNLORD FESTIVALでのライヴ映像には圧巻です。

画質もクリアでDVD単体としてのクオリティは十分にあります。

他のライヴ映像も画質にバラつきはあるものの、彼らの狂気的なライヴが体験出来る内容です。

因みに1曲目・2曲目はCentury Media・10周年記念ライヴDVDと同じ映像です。

3曲目のバンクーバーのライヴ映像は既にリリースされている

ライヴDVD『FOR THOSE ABOUT TO ROCK』と同じ映像です。

それにしてもジーン・ホグランと言うドラマーは強力としか言いようがありません(^^;



個人名義のアルバムもリリースし、他にもプロデューサー業も忙しいデヴィンですので

12年間で『STRAPPING YOUNG LAD』としては5枚のオリジナル・アルバムは

リリースしていないので、この時期にしてベスト・アルバムをリリースすることになりましたが、

後続のバンドにも多大な影響を与えている『STRAPPING YOUNG LAD』ですので、

まだ彼らの音を聴いたことがないと言う方には最適な作品だと思います。



日本盤は・・・、出ますよね!?



ディスク 1

01.S.Y.L. (Taken From Album『HEAVY AS A REALLY HEAVY THING』)

02.In The Rainy Season(Taken From Album『HEAVY AS A REALLY HEAVY THING』)

03.Velvet Kevorkian(Taken From Album『CITY』)

04.All Hail The New Flesh(Taken From Album『CITY』)

05.Oh My Fucking God (Taken From Album『CITY』)

06.Detox(Taken From Album『CITY』)

07.Relentless(Taken From Album『SLY』)

08.Rape Song(Taken From Album『SLY』)

09.Aftermath(Taken From Album『SLY』)

10.Imperial(Taken From Album『ALIEN』)

11.Skeksis(Taken From Album『ALIEN』)

12.Shitstorm(Taken From Album『ALIEN』)

13.Love?(Taken From Album『ALIEN』)

14.You Suck(Taken From Album『NEW BLACK』)

15.Wrong Side(Taken From Album『NEW BLACK』)

16.Almost Again(Taken From Album『NEW BLACK』)

17.Satan''s Ice Cream Truck(Taken From Album Bonus Track

      『HEAVY AS A REALLY HEAVY THING』)



ディスク 2

Download Festival UK 2006:

01.Imperial

02.Velvet Kevorkian

03.All Hail The New Flesh

04.Wrong Side

05.Aftermath

06.Love?

07.Polyphony/The New Black

08.In The Rainy Season

More Live Stuff:

09.S.Y.L. (Live at The Roxy in Hollywood, LA, 2001)

10.Detox (Live at The Roxy in Hollywood, LA, 2001)

11.Home Nucleonics (Live at Commodore Ballroom, Vancouver,Canada, 2004)

12.Love? (Live at Starland Ballroom, Sayreville, NJ, 2005)

13.All Hail The New Flesh (Live at Zeche Carl in Essen, Germany, 2005)

14.Skeksis (Live at the Flame Fest in Bologna, Italy, 2006)

15.S.Y.L.

Promo Videos:

16.Detox

17.Relentless

18.Love?

19.Zen

20.Wrong Side

21.Almost Again



Century Media(EU盤)  

Posted by アナログ・キッド