Warning: pg_exec(): Query failed: ERROR: function to_date(timestamp without time zone, unknown) does not exist LINE 1: SELECT to_date(ts_publish,'YYYY-MM-DD') FROM ai_infolist ^ HINT: No function matches the given name and argument types. You might need to add explicit type casts. in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 89

Warning: pg_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 90
ROCK BOTTOM :
Chekipon BLOG  
ログイン

DEPAPEPE..

2008年01月30日22:07:51





今日は『DEPAPEPE』の『ほろり二人旅 2007』を紹介します。



これは昨年5月から7月初旬に渡って行われた全国ツアー〝ほろり二人旅〞の

ドキュメンタリー・ロード・ムービーです。

全国29ヶ所30公演をワゴン車〝ほろり号〞で移動、その移動中の映像やリハーサル、

オフ・ステージ、ライヴ中の演奏も少し織り込んだDVDです。

私も6月29日の京都・磔磔での公演を見ましたので、

京都公演の模様が映し出された時は感無量でした。

このDVDはライヴ・ビデオではありませんので、

このツアーを体験していない人が見てもあまり面白くないかも知れません。

彼らの等身大の姿が見れるホーム・ビデオと言ったところでしょう。

それにしても昨日の『押尾コータロー』といい、この『DEPAPEPE』といい、

ソニー・ミュージックさんのDVDは高過ぎる!!!



今年も『DEPAPEPE』は3月から春の全国ツアーが開始されますので、

今年は正式なライヴDVDをリリースして欲しいものです。

勿論、見に行きますよ!(^o^)



そう言えば今朝のめさましテレビに『DEPAPEPE』の2人が〝ジミー・ペイジ〞と対談していました。

緊張しまくっている彼らの姿が微笑ましかったです。

それにしてもジミー・ペイジと対談とは、恐れ入りました。

  

Posted by アナログ・キッド

押尾コータロー..

2008年01月29日22:02:02





今日は『押尾コータロー』の『コンサート・ツアー・2007〝COLOR of LIFE〞を紹介します。



これは昨年アルバム『COLOR of LIFE』ツアーの東京は国際フォーラムでの模様を

収めたDVDです。

『押尾コータロー』にして最悪の駄作と酷評された『COLOR OF LIFE』に伴うツアーの

ライヴ映像ですが、アルバムで聴くのと実際ライヴで見るのとはまた味わいが違います。

私もこのツアーの大阪と京都と2回見ましたが、

ライヴでパワーアップされる楽曲の底力みたいなものを感じることが出来ました。

ギタリストと言う範疇だけではないエンターテナーとしての力量が

押尾コータローのライヴには息づいています。

3月からはアルバム『NATURE SPIRIT』に伴うツアーが始まります。

また日本各地で感動を与えてくれるでしょう。

勿論、見に行きますよ!





押尾コータロー / コンサート・ツアー・2007〝COLOR of LIFE〞

01.Opening

02.Yellow Sunshine

03.クリスタル

04.ブラックモンスター

05.グリーンスリーブス

06.Pink Candy

07.Red Shoes Dance

08.セピア色の写真

09.星砂 ~金色に輝く砂浜~

10.Merry Christmas Mr.lawrence

11.Purple Highway

12.Dancin'' コオロギ

13.Hard Rain

14.あの夏の白い雲

15.Big Blue Ocean

16.Brilliant Road

17.Indigo Love

18.桜・咲くころ

Bonus Track

Treasure

and 隠しTrack



ボーナス・トラックの〝Treasure〞では全ての会場で撮影された映像が

少しづつ紹介されていきます。

因みに大阪公演で一瞬ですが自分の姿を確認することが出来ました(^^;  

Posted by アナログ・キッド

ANTOINE DUFOUR/ANDY MCKEE

2008年01月28日22:16:01





今日は『ANTOINE DUFOUR』と『ANDY MCKEE』のコンピレーションDVD

『ANTOINE DUFOUR/ANDY MCKEE』を紹介します。



カナダ出身の日本でも人気のアコースティック・ギタリスト『ANTOINE DUFOUR』と

『ANDY MCKEE』の演奏が1枚に収録されたDVDが昨年リリースされました。

収録されている映像はこのDVD制作の為に録られたもので、

You Tube等でアップされている映像ではありません。

スタジオで収録されカメラもほぼ固定されて撮影されているので

彼らの両手の指さばきがよく分かる映像です。

これと言った演出はありませんが、2人の卓越した素晴らしいプレイを堪能することが出来ます。

彼らのファンなら是非とも持っておきたい1枚です。





ANTOINE DUFOUR+ANDY MCKEE / ANTOINE DUFOUR+ANDY MCKEE

Antoine Dufour:

01.Development

02.Naissance

03.Glimmer of Hope

04.The Heart of the Matter

05.Mother

06.You and I

07.Spiritual Groove

08.Trilogy

Andy McKee:

09.Drifting

10.Keys To The Hovercar

11.Heather''s Song

12.Shanghai

13.For My Father

14.Art of Motion

15.Rylynn

16.Ebon Coast



  

Posted by アナログ・キッド

BOW WOW

2008年01月27日22:05:08





今日は日本の超ベテランバンド『BOW WOW』の『BOW WOW SUPER LIVE 2006

-DEBUT 30TH ANINIVERSARY』を紹介します。



これは『BOW WOW』が2006年10月に渋谷O-EASTで行った

デビュー30周年記念ライヴの模様を収めたライヴDVDです。

アルバム『Era』からのナンバーを中心に30周年に相応しく懐かしいナンバーもプレイしていて、

デビュー当時からファンの私としてはそう言ったところで楽しめるDVDです。

アンコールの〝Summertime Blues〞と〝Them of BOW WOW〞では

オリジナル・ベーシスト〝佐野賢二〞がスペシャル・ゲストとしてプレイすすサプライズもあります。

演奏面では申し分のないものですが、画質が〝甘い〞ところが気になります。





BOW WOW / BOW WOW SUPER LIVE 2006-DEBUT 30TH ANNIVERSARY-

01.20th Century Child

02.The Clown

03.Rock Me

04.Breakout The Trick

05.The Deal

06.Tycoon

07.Still

08.What''s Going On?

09.Rock''N''Roll Swindler

10.James In My Casket ~ Guitar Solo

11.Fallen Angel

12.Just A Rockin''Time

13.Prelude

14.Get On Our Train

15.Let It Rock

16.Heart''s On Fire

17 Medley

  Volume On~Electric Power Up~Don''t Cry Baby~地獄のハンマー~Good Time''s R&R

  ~絆Forever~Warning From Stardust~Rock''n''roll Drive

18.Summertime Blues

19.Theme of BOW WOW

  

Posted by アナログ・キッド

ANDROMEDA

2008年01月26日22:21:31







今日はスウェーデン出身のプログレ・メタル・バンド『ANDROMEDA』の

『PLAYING OFF THE BOARD』を紹介します。



北欧プログレ・メタル界の代表格的なバンドとして日本でも人気の『ANDROMEDA』の

初のライヴDVDが昨年リリースされました。

2006年のヨーロッパ・ツアーでのポーランドでの模様を収めたDVDです。

さほど大きなホールではありませんが、ホールと言うより劇場のような高尚な

品格のある会場で撮影されています。

お客さんも終始座って見ており、ロックのライヴを見てると言うより

クラシック・コンサートにでも来てる感じです。

だからと言って盛り上がってないと言うことは全くなく、

30年程前の日本でのロック・コンサートに似た雰囲気です。

とにかく各プレーヤーの高い演奏力を堪能出来る素晴らしい映像です。

とりわけギタリスト〝Johan Reinholdz〞とドラマー〝Thomas Lejon〞のプレイは必見です。

ボーナス映像にメンバーのインタビューにリハーサル映像、ツアー・ドキュメンタリー、

2002年の古いライヴ映像などが収録されています。





ANDROMEDA / PLAYING OFF THE BOARD

01.Periscope

02.Mirages

03.In the Deepest of Waters

04.Two Is One

05.The Hidden Riddle

06.Chameleon Carneval

07.Inner Circle

08.Eclipse

09.In the End

10.Encyclopedia

11.Reaching Deep Within

12.The Words Unspoken

Bonus Materials

*Interview with Johan Reinholdz and Martin Hedin

*Interview with David Fremberg and Thomas Lejon

*Rehearsal, October 2006

*Andromeda Goes Dutch

*European Tour Tales

*Three Days in Poland

*Old Live Footage

  

Posted by アナログ・キッド

SCORPIONS.

2008年01月25日23:23:17





今日は『SCORPIONS』の『LIVE AT WACKEN OPEN AIR 2006・A NIGHT TO REMEMBER

A JOURNEY THROUGH TIME(時空を超えた軌跡の一夜』を紹介します。



これは2006年の8月に本国ドイツで行われたWACKEN OPEN AIRでの模様を収めたDVDです。

このステージでは『SCORPIONS』に在籍したメンバーが登場すると言う

スペシャルな演出が見応えがあります。

〝ウリ・ジョン・ロート〞が〝Pictured Life〞〝Speedy''s Coming〞〝We''ll Burn The Sky〞

〝マイケル・シェンカー〞が〝Coast To Coast〞〝Holiday〞〝Lovedrive〞

〝Another Piece of Meat〞

〝ハーマン・ラレベル〞が〝Blackout〞〝No One Like You〞

〝ウリ・ジョン・ロート〞と〝マイケル・シェンカー〞の〝In Trance〞

〝Bolero~Ready To Sting〞では出演者全員が登場、

何とその中にマイケルの息子タイソンも出演しています。

歴代のメンバーが出演していると言うことで初期のナンバーを聴くことが出来て

古くからのファンにはたまらないセット・リストになっています。

『LOVE AT FIRST STING』から5曲、それ以上に『LOVEDRIVE』から6曲も

プレイしているところが嬉しい限りです。

カメラワークの切り替えが多くてじっくり見れないところがマイナス・ポイントですが、

この出演者の豪華さを考えれたら我慢してあげましょう!

しかし、ルドルフ・シェンカーのモンゴル風の帽子はカッコイイと思っているのでしょうか!?(^^;





SCORPIONS / LIVE AT WACKEN OPEN AIR 2006・

A NIGHT TO REMEMBER A JOURNEY THROUGH TIME

01.Coming Home

02.Bad Boys Running Wild

03.The Zoo

04.Loving You Sunday Morning

05.Make It Real

06.Pictured Life

07.Speedy''s Coming

08.We''ll Burn The Sky

10.Love ''em or Leave ''em

11.Don''t Believe Her

12.Coast To Coast

13.Holiday

14.Lovedrive

15.Another Piece of Meat

16.Kottak Attack(James Kottak ドラム・ソロ)

17.Blackout

18.No One Like You

19.Six String Sting(Matthias Jabs ギター・ソロ)

20.Big City Nights

21.Can''t Get Enough

22.Still Loving You

23.In Trance

24.Borelo

25.Ready To Sting(Jam Session)

26.Rock You Like A Hurricane

  

Posted by アナログ・キッド

STEVE VAI

2008年01月24日22:10:33





今日は『STEVE VAI』の『VISUAL SOUND THEORIES』を紹介します。



これは2005年オランダで行われたメトロポール・オーケストラとの共演の模様を収めたDVDです。

今更ヴァイのテクニックに関しては言うことはないわけですが、

この映像を見た正直な感想はオーケストラをバックにヴァイがギターを弾いていると言う感じでなく、

オーケストラの一員としてヴァイが完全に同化していると言うことです。

コンポーサーとしてのヴァイの才能が如何なく発揮された素晴らしい作品だと言えます。

ヴァイのギタリストとしてのエンターテイメント性も十分伝わってきますし、

やはり彼はGENIUSでした。





STEVE VAI / VISUAL SOUND THEORIES

01.Kill The Guy With The Ball

02.The God Eaters

03.The Murder Prologue

04.The Murder

05.Answers

06.Lotus Feet

07.I''m Becoming

08.Salamanders In The Sun

09.The Attitude Song

10.Gentle Ways

11.Liberty

12.For The Love Of God

13.Shadows And Sparks

14.Frangelica Pt. I & II

BONUS MATERIALS

*BLEDSOE BLUVD(オーケストラのみのライヴ映像)

*BEHIND THE SCENES メイキング映像

*STEVE VAI INTERVIEW スティーヴ・ヴァイ、インタビュー

*STEVE SPEAKS... スティーヴ・ヴァイ MC

[コメンタリー音声]

本編映像全編(97分)にスティーヴ・ヴァイとスタッフ(マイク・メスカー/ジェイソン・フェインバーグ)によるコメンタリー音声も収録。





  

Posted by アナログ・キッド

LED ZEPPELIN.

2008年01月23日22:05:55





今日は『LED ZEPPELIN』の

『THE SONG REMAINS THE SAME(狂熱のライヴ)・スペシャル・エディション』を紹介します。



言うまでもなく『LED ZEPPELIN』が1976年に製作したドキュメンタリー・映画『狂熱のライヴ』が

デジタル・リマスタリングされ画像・音質とも向上してリリースされました。

本編以外にボーナスDVDには未発表映像やテレビ映像やインタビュー、

そして1976年のラジオショーでのライヴ音源も収録されています。

やはりこのライヴ映像は歴史に残る名作だと思います。

因みに私はこのレーザー・ディスクを昔購入し、2000年にDVD化されてそれも購入し

そして今回のリマスタリング版購入となりました。





LED ZEPPELIN / THE SONG REMAINS THE SAME

Disc-1

01.Rock & Roll

02.Black Dog

03.Since I''ve Been Loving You

04.No Quarter

05.The Song Remains The Same

06.The Rain Song

07.Dazed And Confused

08.Stairway To Heaven

09.Moby Dick

10.Heartbreaker

11.Whole Lotta Love



Disc-2

01.タンパ・ニュース・レポート

02.Over The Hills And Far Away

03.インタビュー

04.Celebration Day(Cutting Copy)

05.ホテルでの盗難事件

06.Misty Mountain Hop

07.オリジナル予告篇

08.The Ocean

09.キャメロン・クロウのラジオショー(音声のみ)

  

Posted by アナログ・キッド

ALL THAT REMAINS

2008年01月22日22:13:21





今日はアメリカはマサチューセッツ出身の『ALL THAT REMAINS』の『LIVE』を紹介します。



『SHADOWS FALL』の初代ヴォーカリストだったフィリップが中心になって結成されたバンド

『ALL THAT REMAINS』の初のライヴDVDは、バルティモアでのライヴの映像と

フィラデルフィアでのライブ映像の2公演のライヴ・パフォーマンスが収録されています。

2006年にリリースされた3rdアルバム『The Fall Of Ideals』を引っ提げてのツアーで、

とにかく尋常じゃないファンの熱狂ぶりには圧倒されます。

演奏もCDよりもアグレッシヴで、メロディアスなギター・ソロやツイン・リードなども

しっかり弾き上げています。

ボーナストラックにはミュージック・ビデオ6曲とバンドメンバーのインタビュー、

バンドヒストリー、フォトギャラリーなどが収録されています。

それにしても紅一点のベーシスト〝JEANNE SAGAN〞って普段は普通の女の子です。

普通と言うよりはっきり言って地味!?(^^;





ALL THAT REMAINS / LIVE

LIVE AT THE RECHER THEATRE BALTIMORE

01.Become the Catalyst

02.This Darkened Heart

03.The Air That I Breathe

04.Six

05.For Salvation

06.Tattered on My Sleeve

07.The Weak Willed

08.Not Alone

09.It Dwells in Me

10.Focus Shall Not Fail

11.Indictment

12.This Calling

LIVE AT THE THEATRE OF THE LIVING ARTS PHILADELPHIA

01.Become the Catalyst

02.This Darkened Heart

03.Six

04.Not Alone

05.It Dwells in Me

06.For Salvation

07.Tattered on My Sleeve

08.Regret Not

09.We Stand

10.Indictment

BONUS MATERIALS

*INTERVIEWS

*MUSIC VIDEOS

 01.The Air I Breathe

 02.Behind The Scenes of 〝The Air I Breathe〞

 03.This Calling

 04.Tattered on My Sleeve

 05.This Darkened Heart

 06.Deepest Gray

 07.Not Alone





  

Posted by アナログ・キッド

THE UNHOLY ALLIANCE

2008年01月21日22:01:53





今日は『THE UNHOLY ALLIANCE/CHAPTERⅡ PREACHING TO THE PERVERTED』を

紹介します。



これは2006年に『SLAYER』がアルバム『CHRIST ILLUSION』を引っ提げヘッドライナーとして

欧米をサーキットした“Unholy Alliance Tour”のカナダはヴァンクーヴァーの

General Motors Placeでの模様を収めたライヴDVDです。

『SLAYER』以外に共演した『THINE EYES BLEED』や『CHILDREN OF BODOM』『MASTEDON』

『LAMB OF GODF』のステージも収録しています。

残念ながらこのツアーに参加していた『IN FLAMES』は収録されていません。

「チル・ボドがもっと見たい!」とか、「LAMB OF GODが何故1曲だけなんだ!」とか、

「SLAYERがヘッドライナーだからSLAYERだけで十分だ!」とか、

そんなことは言わずに黙って見ましょう!(^o^)

まぁでもやはり帝王『SLAYER』は凄いです!

ボーナス映像にファンのコメント(やたらと〝Fuckin''〞ばかりが耳につく)や

メンバーのインタビュー(対談)が収録されています。





THE UNHOLY ALLIANCE/CHAPTERⅡ PREACHING TO THE PERVERTED

01.Dark White / THINE EYES BLEED

02.Angels Don''t Kill / CHILDREN OF BODOM

03.In Your Face / CHILDREN OF BODOM

04.Capillarian Crest / MASTODON

05.Crystal Skull / MASTODON

06.Blood And Thunder / MASTODON

07.Vigil / LAMB OF GOD

08.South Of Heaven / SLAYER

09.Silent Scream / SLAYER

10.Blood Red / SLAYER

11.Cult / SLAYER

12.Chemical Warfare / SLAYER

13.Eyes Of The Insane / SLAYER

14.Dead Skin Mask / SLAYER

15.Hell Awaits / SLAYER

16.The Anti-Christ / SLAYER

17.Angel Of Death / SLAYER

BONUS MATERIALS

*Behind The Scenes: Parking Lot

*Bonus Interviews:狂獣対談

 【第一回戦】ジェフ・ハンネマン(Slayer / G)vsブレント・ハインズ(Mastodon / Vo / G)

 【第二回戦】ケリー・キング(Slayer / G)vsアレキシ・ライホ(Children Of Bodom / Vo / G)

 【セミ・ファイナル】トム・アラヤ(Slayer / B / Vo)vsジョニー・アラヤ(Thine Eyes Bleed / B)

 【ファイナル】デイヴ・ロンバード(Slayer / Ds)vsブラン・デイラー(Mastodon / Ds)

  

Posted by アナログ・キッド