Warning: pg_exec(): Query failed: ERROR: function to_date(timestamp without time zone, unknown) does not exist LINE 1: SELECT to_date(ts_publish,'YYYY-MM-DD') FROM ai_infolist ^ HINT: No function matches the given name and argument types. You might need to add explicit type casts. in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 89

Warning: pg_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /var/www/vhosts/chekipon.jp/httpdocs/apps/blogplugin/calendar.php on line 90
ROCK BOTTOM :
Chekipon BLOG  
ログイン

瀬木貴将

2007年06月29日23:28:54





今日は2年程前から気に入ってるインスト・アーティスト、

サンポーニャ&ケーナ奏者の『瀬木貴将』さんをご紹介します。

1966年生まれの瀬木さんは13歳の時に独学でサンポーニャ&ケーナを学び、

19歳の時には単身ボリビアに渡り演奏活動を行いボリビアのレコード会社と契約して

4枚のアルバムをリリースします。

帰国後はコンスタントにアルバムをリリース、自らのライヴ活動はもとより

色んなアーティストと共演をし、幅広い音楽活動をされています。

 

サンポーニャとは南米アンデス地方の民族楽器でフォルクローレでよく使われる笛のことです。

材質は葦で、その形は民族楽器なので部族によって微妙に違います。

ケーナはいわゆる縦笛のことです。



そんなわけで、今日は先月23日にリリースされた日本での通算10枚目のアルバムとなる

『23時、アンデス行き』を紹介します。

昨年9月に南米を旅にした時に出会ったホセ君に捧げるアルバムとなっています。

全編切ないケーナの音色とサンポーニャの暖かい響きが心打つ素晴らしいアルバムです。



瀬木さんは来月13日に京都のライヴハウス〝京都RAG〞でライヴをされます。

加えて、8月4日(土曜)から9月24日(月曜・祝日)まで京都文化博物館で開催される

「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」の会期中に無料コンサートもされます。



是非とも瀬木さんの優しいサンポーニャとケーナの音色に酔いしれて欲しいと思います。



  

Posted by アナログ・キッド

かとうかなこ

2007年06月28日21:55:52





自分もギターを弾くと言うこともあり、どうしてもインストの音楽はアコギ中心になってしまうのですが、

でも二胡奏者の『チェン・ミン』さんや古筝奏者の『ウー・ファン』さんなどの

中国系の音楽もよく聴きます。

ライヴにも何度と足を運んでいます。

そう言った音楽の他に、このクロマティック・アコーディオン奏者の『かとうかなこ』さんも

お気に入りのインスト・プレーヤーの一人です。



基本的にアコーディオンの音が好きで、cobaとかはちょくちょく聴いていました。

ライヴも見たことがあります。

そんな中、偶然テレビで可愛いアコーディオンを弾く女性の姿を目撃することになるのです。

加えてそのアコーディオンは全てボタンの見たことのないものだったのです。

これがいわゆるクロマティック・アコーディオンと言うものだったのです。

日本では鍵盤式が定番ですが、アコーディオンの本場フランスではこのボタン式が主流だそうです。

すぐアルバムを購入、女性らしい繊細で可愛いアコーディオン音楽の世界に引き込まれます。

その後ライヴにも行き、楽しいトークと華麗なテクニックに魅了されるのです。



そんなわけで、お勧めは2ndアルバム『ひだまり』です。

オリジナル曲も含め、フランスの都会や田舎を思い出させる(行ったことないですが)サウンドで

心温まるアコーディオン音楽が堪能出来ます。



かなこさんはニューアルバムのレコーディングも終わり、

8月に通算4枚目のアルバムをリリースされる予定です。  

Posted by アナログ・キッド

ももかん

2007年06月27日21:55:59





今ギター・デュオと言うと『DEPAPEPE』をすぐ思い浮かべる人も多いでしょうが、

『ゴンチチ』『山弦』と言ったベテラン勢も今も活発にライヴ活動やアルバム製作をされています。

そんなギター・デュオに『ももかん』と言うグループがいます。

〝丸山ももたろう〞さん〝石井完司〞さんによるユニットです。

自称〝ヴィジュアル系美中年ギター・デュオ〞と言われていて(笑)、

その風貌は今で言うチョイ悪オヤジ風ですが、キャリアはとても古く

数え切れない程のアーティストのレコーディングやライヴに参加されてこられています。

現在アルバム(ミニアルバム)を2枚リリースされており、その風貌からは

想像出来ない(これは失礼)爽やかで卓越した素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

しかし『ももかん』の魅力はCDだけで語ることは出来ません。

『ももかん』の最大の魅力はライヴです!

もはやこれは芸人の域に近いです。

お笑いの合間にギターコンサートをやっているような雰囲気です。

大爆笑に次ぐ大爆笑で会場では涙を流して笑っている人もいるくらいです。

でも一旦演奏になると素晴らしいテクニックの応酬で観客を魅了します。

この落差が楽しいのです。



そんなわけでお勧めは2006年リリースの2ndアルバム『Momokan2』です。

『ポール・マッカートニー&ウイングス』の〝My Love〞のカバーを含む全7曲が収録されています。

爽やかで楽しくって渋い、そしてめっちゃ上手い!、

夏にピッタリのアルバムではないでしょうか!?



因みに〝丸山ももたろう〞さんは現在『松山千春』のコンサート・ツアーのサポート・メンバーとして

参加されています。

演奏より2人のトークが見てみたい!?(^^;



  

Posted by アナログ・キッド

下山亮平

2007年06月26日21:51:04





今日は山形出身の若きアコースティック・ギタリスト『下山亮平』さんをご紹介します。

現在2枚のアルバムをリリースしておられ、精力的に全国各地でライヴ活動をされています。



そんな『下山亮平』さんは誰もが知ってるヒット曲でギターを弾かれています。

それは2004年に大ヒットした『DEF TECH』の〝My Way〞です。

まだ『DEF TECH』がデビューする前にあるイベントで知り合った下山さんは、

彼らからアルバムでギターを弾いて欲しいと頼まれ快く承諾、

弾いた曲が〝My Way〞だったわけで、ご本人もこんなにヒットするとは思ってなかったそうです。

そして『DEF TECH』と下山さんとの関係はこれだけに留まらず、

明日発売される『DEF TECH』の〝Micro〞とのコラボレーション、

『伊藤由奈』の新曲〝Mahaloha〞は下山さんの2ndアルバムに収録されている

〝Water Dance〞に歌詞を付けたナンバーなのです。



そんなわけでお勧めのアルバムはその〝Water Dance〞が収録されている

2005年リリースの『Ordinary Life』です。

正確で繊細なピッキングとメロディアスなナンバー、

正統派のフィンガー・ピッカーの世界を堪能出来ます。

ご本人とも実際にお話したことがありますが、とても穏やかで真面目な好青年と言った感じで、

その人柄が楽曲に反映されていると思います。  

Posted by アナログ・キッド

吉川忠英

2007年06月25日22:14:16





今日は1947年生まれ、名高い有名アーティストのサポート・ギタリスト、スタジオ・ミュージシャンと

して活躍する『吉川忠英』さんをご紹介します。

『吉川忠英』さんが一緒に演奏されたアーティストの数は計り知れません。

フォークの重鎮達全員と何らかの形で関わって来られたと言っても過言ではないでしょう。

最近では『夏川りみ』のツアーメンバーとして活動されてたり、

2005年にあの『福山雅治』の15周年記念として『福山雅治』のナンバーをアコースティックの

インストナンバーでアレンジした記念アルバムをリリースしたりと、

新旧問わず色んなミュージシャンと関わってこられています。



そんなわけで、今日は先月5月30日にリリースされたばかりのニューアルバム

『Guitar By Guitar』を紹介します。

『吉川忠英』さんのアコギ1本の見事なインストのアルバムに仕上がっています。

〝やさしさに包まれたなら〞〝涙そうそう〞のカバーや

可愛いウクレレのナンバーも収録されています。

『吉川忠英』さんの魅力が最大限に引き出された秀作と言えるでしょう。

これまで紹介してきたギタリストよりは演奏テクニックとしては地味な感じがするかもしれませんが、

優しく楽しく弾き上げていく匠のいぶし銀のテクニックが光る素晴らしいアルバムだと思います。



アコースティック・ソロのライヴ活動も精力的にやっておられていて、

日本各地で演奏旅行をされています。

私は日本酒が似合うギタリストと言ったイメージで見ています。  

Posted by アナログ・キッド

住出勝則

2007年06月24日22:21:15





アコースティック・ギター・プレーヤーはどうも関西系の人が多いです。

『押尾コータロー』も大阪、『DEPAPEPE』は神戸、『岸部眞明』さんも大阪、

そして今日紹介する『住出勝則』さんも京都出身です。

『住出勝則』さんは1974年に『シグナル』と言う3人組のフォーク・グループでデビューし、

デビュー曲の〝20歳のめぐり逢い〞がいきなりの80万枚の大ヒットになります。

1983年に『シグナル』は解散してしまいますが、その後も有名アーティストのサポートメンバー

として活躍し、1999年にソロ・ギタリストとして再デビューします。

『住出勝則』さんは今年9枚目のアルバム『HAPPY TOGETHER』をリリース、

国内だけに留まらず海外でも精力的にライヴ活動を行っています。



『住出勝則』さんのライヴはまだ見たことがありませんが、

昨年オーストラリア人ギタリスト〝トミー・エマニュエル〞のライヴに飛び入りゲストで

2曲プレイされて、その素晴らしい演奏テクニックをこの目で見ることが出来ました。

MCもかなり楽しいそうです。



そんなわけでお勧めは2006年リリースの8thアルバム『YOU ARE GOLD』です。

ジャージーなナンバーやロックっぽいナンバー、

全編に渡って住出さんの超絶テクニックが堪能出来ます。



とにかくそのプレイはシブいとしか言いようがありません。

どちらかと言うと外国人ギタリストのマインドを限りなく持つ日本人ギタリストと

言えるかも知れません。



  

Posted by アナログ・キッド

岸部眞明

2007年06月23日21:48:27





今日は正統派フィンガー・ピッカーとして、その演奏スタイルとしてはもはや『押尾コータロー』よりも

お気に入りのギタリスト『岸部眞明』さんをご紹介します。



『押尾コータロー』の出現によりアコースティック・ギターソロと言う音楽ジャンルは

かなり市民権を得たように思えます。

まぁそれまでに地道に活動してきたソリスト達は沢山おられるわけで、

その中で『岸部眞明』さんは優れたフィンガーピッカーの名手として

そのスタイルを頑固に貫いてこられました。

偶然にも去年お話をゆっくりさせてもらえることが出来、

アルバムから聴ける正確なピッキングや優しいメロディーは岸部さん本人の

その真面目な性格からよるところが大きいことがよく分かりました。

『押尾コータロー』のようなユニークな弾き方は極力抑え、

1弦1弦的確に弾き上げるギター・スタイルは、

これからギターを始めようと思ってる人達の模範となるギタリストだと思います。



そんなわけでお勧めは2005年リリースの4thアルバム『Recollections』です。

エルガーの〝愛の挨拶〞のカバーや師匠でもある『中川イサト』さんに捧げた

〝Song For 1310〞と言ったナンバーが収録されています。



こう言うジャンルの音楽にはテクニックが確かに必要です。

人がアッと驚く超人的なテクニックもソリストには大事ですが、

それ以上に楽曲の良さ、メロディーの良さがこのジャンルには必要です。   

Posted by アナログ・キッド

DEPAPEPE

2007年06月22日22:11:14





今日は今では『押尾コータロー』よりも人気・セールスとも上回っているんじゃないかと思える

アコースティック・ギター・デュオ『DEPAPEPE』をご紹介します。



『DEPAPEPE』を初めて聴いたのは『押尾コータロー』のラジオ番組にゲスト出演した時で、

ちょうど今から3年前の今頃、インディーズ時代の2ndアルバム『Sky!Sky!Sky!』をリリースする

直前のことでした。

ラジオで初めて聴く彼らのノリのいいナンバーは一発で私の心をKO、すぐCDを買いました。

聴いた感想はアコースティックなのにロックしてる!でした。

後になって分かったのですが、2人ともアマチュア時代ロック・バンドのギタリストとして

プレイしていたのです。

リズムの取り方やフレージングなどはまさしくロックそのものでした。

そして2ndアルバムをリリースして間もなく、運よく彼らのライヴ・イベントを見ることが出来るのです。

小さな野外ステージで彼らを見に来たファン、偶然その場に居た人、

およそ30名くらいの観客の前で彼らは演奏しました。

とにかく生の彼らの演奏を見て、目まぐるしくソロ・パートとバッキングが

入れ替わるプレイに驚きました。

短いフレーズごとにこんなにパートを素早く入れ替わっているとは思いもよりませんでした。

まさしくシンクロするギターと言う表現がぴったりでした。



2004年の1年間に3枚のミニ・アルバムをリリースして、

2005年彼らはメジャーデビューを果たします。

インストのアーティストのデビューアルバムとしては音楽史上初めてアルバム・トップ10に

送り込むなど、彼らの快進撃は続いています。



そんなわけで、お勧めはデビューアルバムの『Let''s Go!!!』です。

ロックでポップでメロウ、色んな自然の描写や人の気持ちの描写を2本のギターで奏でています。



現在彼らは5月から行っている〝ほろり二人旅2007〞の全国ツアーの真っ最中で、

来週から最後の開催地、関西・中国公演を行い幕を下ろします。

関西公演はどれも発売と同時にチケットは完売と言う盛況ぶりです。

やはり神戸出身、地元関西の人気は桁違いと言ったところでしょうか。

  

Posted by アナログ・キッド

押尾コータロー

2007年06月21日22:15:59





寄る年波、J-POPやJ-ROCKなる音楽を聴くことが減っているわけですが、

それでも日本人アーティストは色々聴いています。

それは殆どインストルメンタルのプレーヤーばかりです。

そんなお気に入りのインスト・プレーヤーを紹介していきたいと思います。



まず、やはりこの人『押尾コータロー』です。

『押尾コータロー』は友達からメジャー・デビューアルバム『STARTING POINT』を聴かせて貰った

ことから始まります。

何となくコピーして貰ったこのアルバムを聴いた瞬間「これって1人で弾いてるん!?」と

耳を疑いました。まぁおよそ『押尾コータロー』を初めて聴いた人の殆どが思う感想だと思います。

カバー曲のアレンジ力やオリジナル曲の独創性など、全てにおいて衝撃的でした。

アコースティック・ギターのソロはロックのバンドでも短い曲をアルバムにフィーチャーすることが

よくあるので、別段違和感はありませんでした。

自分もギターを弾いていたこともあり、聴いた瞬間に押尾コータローの魅力に取り付かれて

次に思ったことは「弾いてみたい」と言う感情です。

聴いた次の日には楽譜を買いに行きました。

楽譜があるからと言ってそう簡単に弾けるものではありませんが、弾ける曲から練習して行きました。



それから暫くして運よくライヴを見ることが出来たわけですが、

実際の押尾コータローの演奏はアルバムで聴けるそれよりも遥かにパワフルで加えて繊細で、

そして面白いものでした。

ゲゲゲの鬼太郎や与作など、全然関係のないような曲を打ち出の小槌を振るかのように

ポンポン弾いてみせる押尾コータローにギター・コンサートと言うより

エンターティナー・ショーと言った感じがしました。

その後、新しいギターを購入するなどすっかりアコースティック・ギターのインストに魅了される

日々を送るようになったと言うことです。

今では内外問わず色んなギタリストのアルバムを聴いています。



そんなわけで、お勧めはメジャー・デビューアルバムの『STARTING POINT』です。

『押尾コータロー』のライヴでは欠かせない〝HARD RAIN〞や〝戦場のメリー・クリスマス〞が

収録されています。



『押尾コータロー』のライヴは現在までで8回行ってます。

まだまだこの回数は増えることでしょう。

何故なら何度行っても『押尾コータロー』のライヴは面白いからです。



歌もないインストのどこがいいのか!?、

まず第一にメロディーに集中出来るのです。

そして、歌がない分イマジネーションが沸くのです。

それは聴く側によって色んな姿になって表れていると思います。

それがインストの魅力なのです。

それで自分で演奏出来たら、こんなに嬉しいことはないでしょう。

  

Posted by アナログ・キッド

松田樹利亜

2007年06月20日22:14:52





『ZARD』に興味を持った頃と同時期に好きになった女性アーティストが居ました。

それが今日紹介する『松田樹利亜』です。

3人組のアイドル・グループを経て1993年にソロ・デビューを果たした『松田樹利亜』ですが、

デビュー・シングル『抱きしめても止まらない』に私は興味をそそられるのです。

何とギターに〝ジェット・フィンガー〞の異名を持つ『横関敦』が参加していたからです。

横関敦らしいギターソロも良かったですが、スケールの大きいバラードを歌い上げる

松田樹利亜と言うヴォーカリストに好感を持ちました。

1994年にリリースした1stアルバムはオリコンチャートの2位まで駆け上がりました。

その後のシングル曲はCMや番組のタイアップなどのバックアップがあり

人気は確実的なものになりました。

しかし所属プロダクションとのいざこざやレコード会社の移籍問題で一旦芸能界から姿を消します。

そして2001年再びシーンに復帰、今も精力的にライヴ活動を行っています。

今年2月ニューアルバムもリリースしています。



そんなわけでお勧めはやはり1994年リリースの1stアルバム『JuliaⅠ』です。

シングルヒットした〝だまってないで〞や〝FOREVER DREAM〞などが収録されており、

素晴らしいハード・ポップ・ロック・アルバムに仕上がっています。



現在の『松田樹利亜』はかなりハード・ロック色の強いアプローチを見せています。

それがいいかどうかは聴き手次第と言ったところでしょうか。

  

Posted by アナログ・キッド